2008年08月21日

カルフール・ド・デンハーグ

長いこと利用している“常宿”のショップですが、これまでこちらではご紹介をせずにきました。このショップ自体も幾度も利用しているというのに・・・・・・。

カルフール・ド・デンハーグ外観
ホテルのオリジナルグッズを手に入れるなら

場内3つのオフィシャルホテル内にあるショップです。ホテルオリジナルグッズから、時計、アクセサリー、雑貨など、ホテル毎に特徴のある充実の品揃え。

ティーカップやアメニティグッズが特に人気です。
〔営業時間/9:00〜19:30、金・土曜日 9:00〜21:30〕

ホテルショップ『カルフール』です。今回は、『ホテルデンハーグ』のショップ『カルフール・ド・デンハーグ』をご覧戴きます。

『カルフール』は、『ホテルヨーロッパ』『ホテルアムステルダム』『ホテルデンハーグ』の3つのホテルにあるホテルショップです。それぞれが、それぞれのホテルの性格を反映した品揃えになっています。

『ホテルデンハーグ』は、割合に外国人のツアー客が多いように思います。その為か、服飾小物や電池などもありますが、場内スーベニアショップで取り扱っているお菓子なども結構多いように思います。
この『カルフール・ド・デンハーグ』はフロントの右隣、ホテルのメインバーである本格ワインバーの『ヴィノテーク』の真向かいにあります。が、外国人ツアー客がチェックアウトする7:00〜8:00の間は『カルフール』は開店していませんが、フロントの向かい側に当たるロビーの辺りにお菓子類を中心とする販売コーナーが出ていることが多いです。

フラワーウォッチ服飾小物も、よくよく見てみると『パサージュ』の商品が結構置いてあるようです。例えば、こちらは『カルフール・ド・デンハーグ』で購入した「フラワーウォッチ」¥1,500ですが、こちらに付いていた保証書には『パサージュ』の服飾雑貨のショップである『ソルスィエール』の店名が入っていました。他にも『クロントン』で見た「竹製うちわ」なども店頭に並んでいました。
他にも、ホテルグッズの数々があります。ホテルの部屋にあるタオル類やパジャマ、ポプリなどのちょっと良いな、使いやすいな、と思ったグッズがあれば『カルフール』の店内を見てみることをおすすめします。『カルフール・ド・デンハーグ』では、店内に入ってすぐの左側にホテルグッズが集めて置いてあります。

『カルフール』は、ちょっとおしゃれなグッズが多い便利ショップとしての使い方が一番合っているような気がします。それこそカメラやビデオでよく使う乾電池も各種サイズありますし、時計やらスカーフやらの“あると便利な”小物の類もいくつも揃っていますし・・・・・・。
(これで男性用の帽子やネクタイやチーフなども置いてあるとさらに便利な気もしますけどね。男性もラフな恰好だけでなくちょっとおしゃれに決めてみたいときもあるでしょうし)
パッと見には割合に単価が高いものばかりが目に付くことが多いですが、中を見てみるとそれほどでもないですし、思ったよりも使いやすいショップだと思いますので、思い立ったときにちょっと覗いてみると面白いかもしれませんよ。
22:07 | 長崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。