2007年04月30日

リンダ(春のショップ情報:ぱーと2)

季節限定のテディベアが話題を呼んでいる『リンダ』です。
これからご紹介する商品は(既に販売は終了している事とは思いますが)毎年恒例で登場するベアですし、今年の記録として残しておきたいと思います。

『リンダ』店外.jpg
どのコも連れて帰りたくなるテディベア専門店
店名は、テディベア研究の第一人者で、テディベアキングダムの名誉館長でもあるリンダ・マリンズさんからいただいたもの。1997年10月10日にナイアンローデ城横にオープンした『テディベアキングダム』のミュージアムショップです。
季節ごとに、オリジナル限定ベアが登場します。

〔営業時間/9:00〜21:30〕

春の「チューリップ祭」の際に登場する「チューリップベア 2007」です。これは、毎年デザインが変わり、そのお手頃感と愛らしさから毎年たくさんの方々から注目を集め、店内では次々とレジに運ばれる姿を目にします。

'07 チューリップベア

首にさげているのは
春の香りがするポプリです。

3,150円
■取扱店/リンダ、シーブリーズ

(ハウステンボス会員誌『HUIS TEN BOSCH PRESS』より)

『リンダ』チューリップベア’07ご覧戴いているのは、店外に“看板娘”として「ハニーケーキ」と一緒に展示されていた「チューリップベア 2007」です。
手触りは、“これぞクマのぬいぐるみ!”とでも言いたくなるようなふわふわ・ぽわぽわ感いっぱい(←解るかなぁ・・・・・・この表現あせあせ(飛び散る汗))でした。昨年は生成りの色とピンクがまだらな感じで染めてありましたが(それはそれで柔らかい表現がされていて個人的には好きでしたが、人によっては“キレイではない”と不評だったそうで・・・・・・)、今年のものは全身をまんべんなくピンクに染めてありました。
また、首からさげているポプリが良い香りを漂わせていて、店内には優しい香りと雰囲気に包まれていたように思います。

なお、同時に発売された(はず)の「お手玉ベア」ですが、スペシャルウィーク開始の3月24日(土)時点で既に売り切れていました・・・・・・。
(なんだか今年はこのパターンが多いような気がします。年末年始の「干支ベア」と言い、今回の「季節限定お手玉ベア」と言い・・・・・・。あんまり少なく見積もるのはやめましょうね、ハウステンボスさんたらーっ(汗)

その代わりといってはナンですが、「15周年記念グッズ」がこちらでも販売されていましたので、それをご紹介してみようかと思います。

15周年記念ベア
価格:¥2,940(税込)
商品説明:首に15周年のプレートをかけたフルジョイントベアです。

(『ハウステンボスショッピングモール』HPより)

『リンダ』アニバーサリーベアハウステンボス15周年を記念したオリジナルベアです。
色はアイボリーとベージュの2色。首に掛けられたプレートと左足裏の“ハウステンボスのロゴマーク”と“SINCE 1992”の文字がキュートさをより増しているように思います。これは『リンダ』の他のベアと同様に手足が動くタイプのものですので、立たせたり座らせたりと様々な遊び方(飾り方?)が出来るのではないかと思います。
このベアは、『リンダ』の他にも『スキポール』『フォンデル』『シーブリーズ』の各スーベニールショップで取り扱っていますし、上記のハウステンボスオフィシャル通販サイト『ハウステンボスショッピングモール』の該当ページ(アイボリー) (ベージュ)でも購入出来ますので、よろしければこちらもご覧ください。
02:20 | 長崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年04月16日

スーベニールショップ(春のショップ情報:ぱーと3)

「ハウステンボス」という言葉を発すると、やっぱり返って来るのは「チューリップ」という答えです。元々のコンセプトがオランダですから、これは当然過ぎる答えだと言えるでしょう。
その「チューリップ」が、15年ぶりにハウステンボスに帰ってきました。

『スキポール』外観『フォンデル』外観『シーブリーズ』外観
〔スキポール:営業時間/9:00〜21:30〕
〔フォンデル:営業時間/9:30〜18:30〕
〔シーブリーズ:営業時間/9:00〜21:30(朝市を除く)〕

復刻版の「チューリップぬいぐるみ」のご紹介です。これは、便宜上『スーベニールショップ』としてご紹介していますが、実は取扱店は(恐らくご想像はつくのでは?と思いますが)他にもあります。

チューリップぬいぐるみ(復刻版)

ハウステンボス開業当初、高い人気を集めていたチューリップぬいぐるみがよみがえりました。

1,500円
■取扱店/スキポール、フォンデル、シーブリーズ


復刻版チューリップ(赤)折角の機会ですので、大きな画像でご紹介いたしましょう。こちらが「チューリップぬいぐるみ(復刻版):赤」です。他には黄色とピンクがあります。赤のものはご覧の通りのものですが、黄色のものとピンクのものは頬がほんのりと赤くなっているのをご覧戴けるのではないかと思います。
私は、これを『シーブリーズ』(スパーケンブルグ地区のスーベニールショップ)で購入しましたが、もちろん他の地区のスーベニールショップである『スキポール』『フォンデル』でもお買い求め戴けます。また、今回は『ちゅーりーちゅーりー』の季節限定ぬいぐるみは出ておらず、この「チューリップぬいぐるみ」が季節限定ぬいぐるみのコーナーで売られています。

体の部分があるちゅーりーと違って、この「チューリップぬいぐるみ」は花そのものに顔が付いていますので、何となく頭でっかちな印象を受けるような気がします。が、その表情はどこと無くトボケたような愛嬌をたたえていますので、これはこれでなかなかに可愛いのではないかと思います。花びらも「ちゅーりー」は4弁の花びらですが、「チューリップぬいぐるみ」は頭の部分が6弁になっています。
手触りも「ちゅーりー」のぬいぐるみに負けず劣らず良いもので、特に花(顔)の部分はつるりふわりとした手触りがとても心地良く、いつまでも触っていたいと思わせるものです。

復刻版チューリップ&ランドセルちゅーりー先程からちゅーりーちゅーりーと連呼しておりますので、同じ赤色の「ランドセルちゅーりー」と並べてみました。
「ちゅーりー」の目鼻は小さくまとまっていますのでそうは見えないかもしれませんが、顔の部分だけを比べてみると、意外や意外、「チューリップぬいぐるみ」の方が小顔です。が、目も口も「ちゅーりー」よりもずっと大きいので、こちらの方が自己主張が強いようにも見受けられます。
高さは座っている「ちゅーりー」よりももちろん高いですが、立位の「浴衣ちゅーりー」と比較してもこちらの方が背高のっぽです。

復刻版チューリップ&タオルブーケなお、『ちゅーりーちゅーりー』ではぬいぐるみしか購入は出来ませんが、各スーベニールショップでは、この「チューリップぬいぐるみ」の近くに「タオルブーケ」という、チューリップの花束状に包んだタオルが一緒に売られています。これ自体は開けてしまえばただの小さめのウォッシュタオルなのですが、ちゃんと茎まで作って付けて形を整えてある上に、小さいメッセージカードまでが添えてあります。枯れてしまう花はどうも・・・・・・と仰る方へ、ひと言メッセージを添えて贈り物にするというのも面白いかもしれません。

「チューリップぬいぐるみ」は、15周年のアニバーサリーグッズです。「チューリップ祭」は終了しましたが、まだまだ場内を彩る“チューリップ”として活躍してくれそうです。

「タオルブーケ」の小ネタ
21:51 | 長崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年04月15日

ナインチェ(春のショップ情報:ぱーと3)

もしかしたら、この記事をお待ちの方が一番多かったのかもしれません。大変お待たせいたしました。
ハウステンボス屈指の人気ショップ(と言ってしまっても過言ではないと思います。何せ人が多いものだから写真を撮るに撮れなくて・・・・・・)である『ナインチェ』の「アニバーサリーグッズ」です。

『ナインチェ』1.jpg
世界最大級の品揃え! ディック・ブルーナの世界
「ナインチェ」は、ミッフィーのオランダでの愛称です。木靴とバンダナを身にまとったオリジナルミッフィーグッズをはじめ、オランダ直輸入のものなど、1,000アイテム以上という、国内最大級の品揃えを誇ります。オリジナルミッフィーを求めるために全国から問い合わせが殺到しています。
また、店内には、キッズルームもあります。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

こちらはいつ行っても人、人、人・・・・・・の状態で、なかなか写真を撮ることが出来ません。その為記事にするのも二の足を踏んでいたものですが、今回ばかりは15周年のアニバーサリーグッズの目玉商品がありますので、思い切って写真を撮ってきました。
(たった1枚の写真を撮るのに30分近くもかかりましたが・・・・・・)

15周年を記念して続々登場
アニバーサリーグッズ

ハウステンボスを愛し育ててくださったみなさまへの感謝の気持ちを込めて、この春さまざまな15周年記念グッズが登場します。

今年しか手に入らないミッフィーだよ

ミッフィーシリーズ
ぬいぐるみS/1,890円
リング/8,400円
ネックレス&ブレスレット/15,750円
イヤリング/7,350円
ストラップ/580円
ビンズ/630円
クリアーホルダー/260円
フローティングペン/630円
マグカップ/840円
ミニタオル/480円
Tシャツ(大人用)/3,360円・(子供用)/2,940円
携帯バッグ/1,370円

(ハウステンボス会員誌『HUIS TEN BOSCH PRESS Vol.67 2007』より)

『ナインチェ』のミッフィーグッズも、ハウステンボスの節目を彩ってきたもののひとつです。10周年のときにもオリジナルデザインのグッズがありましたし(ハンドタオルなどは今でも重宝しています)、2000年の「日蘭交流400年記念」では日本とオランダの国旗を両手に持ったミッフィーグッズが登場したりもしましたね。

今回もハウステンボス15周年を記念して書き下ろした特別のロゴマークをデザインしたグッズが、上記のように多数取り揃えてあります。場内のスタッフの胸元をよくよく見るとブルーのビンズを付けているのをご覧戴けるかと思います。
これは、このロゴマークがハウステンボスの環境と長崎の自然ををモチーフにした、15周年を彩るのにふさわしいものであることが関係しているのではないかと思います。参考までに、前記事で取り上げた『ハウステンボスリゾート紀行』(ANAのHPに掲載)の紹介文をもう一度ご覧戴きたいと思います。

「環境への願いを込めた15周年記念オリジナルミッフィーグッズ」

15周年特別記念企画で登場するロゴマークは、オランダの絵本作家ディック・ブルーナがかきおこしたミッフィーを使ったロゴマークの「アースカラーシリーズ」。ハウステンボスの環境重視のコンセプトと長崎の豊かな自然をイメージした5つのカラーが特徴で、ブルーは「海・水」、ベージュは「大気」、イエローは「太陽」、ブラウンは「大地」、グリーンは「緑・森林」を表し、美しい未来へ向けたメッセージが込められている。オリジナルぬいぐるみはハウステンボスの春の花「チューリップ」を手に持ったデザイン。限定200体の高級モヘアぬいぐるみ(12,600円)も登場する。

こちらにも明記してある“5色のアースカラー”をそれぞれのグッズ(ぬいぐるみと装飾品を除く)に取り入れた数々のグッズです。先にご紹介したものの他にも、雨傘(日傘兼用?)¥2,100を店内で見かけました。午前中に行ったにも拘らず早々に売り切れている色もあったのには驚いたものです。

『ナインチェ』アニバーサリーミッフィーこちらが目玉商品の「アニバーサリーミッフィー¥1,890です。オレンジのバンダナに青い服、黄色の木靴というハウステンボスオリジナルの服装に加えて左手に1輪のチューリップを持っています。チューリップは、ミッフィーの生まれ故郷オランダやここハウステンボスを象徴する花ですので、15周年を祝うのにこれ以上のデザインは無いでしょう。
ちなみに、シリアルナンバー入りのモヘアぬいぐるみ¥12,600も、デザインはこれと同じですが化粧箱に大事に入れられているのに加えて手触りも全く違いますので、こちらはコレクターズアイテムとしてファン垂涎のものとなるのでは?と思います。
モヘアぬいぐるみについてはこちらの記事をご覧ください。

【チムちゃんの冒険『いくちゃんよろしくね』】

今年いっぱい続く15周年の記念グッズですから、これらはまだ(在庫がある限り)ショップで取り扱っています。が、アニバーサリーグッズは人気が高くて次々にレジに運ばれていましたので、のんびりしていると購入できない可能性も無きにしも非ず、と言えるのではないかと思われます。

今年は「チューリップ祭」が終了した今になっても週末のホテルの予約が取りにくくなっている状態とのことです。もしもこれらのグッズを欲しい方がいらしたらお早めに手を打たれた方がよろしいかもしれませんね。
何せ6月には「ミッフィーのお誕生日(6月21日(木))がありますので、これに合わせて何らかのイベントが(いきなり)開催されることもありえます。そうなると現在の「GALA FLORA」の最後の週末と次の「ロマンチックヨーロッパ」の最初の週末の間になりますので、両方のイベント目当ての方々とバッティングすることも多いに考えられますし・・・・・・。
18:30 | 長崎 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年04月12日

ボー・ベンディクセンコレクション(春のショップ情報:ぱーと2)

この方のデザインは、ハウステンボスの様々な節目を彩ってきました。原色使いでありながらシンプルで飽きが来ないデザインとは正にこのデザインをさす言葉だと思います。

ボー・ベンディクセンコレクション
シンプルなラインと繊細な色、アートの魔術師
単純明快でありながら、一度目にしたら忘れられない強烈なインパクトを持つ、ボー・ベンディクセンのアート・ワールド。
じっと見ていると、今度はほのぼのとした明るい気分になってくるような不思議な魅力を持っています。
日本で唯一の専門店ということもあり、ファンも多く訪れます。オリジナル商品のほか、デンマーク直輸入の商品も揃っています。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

『ボー・ベンディクセンコレクション』の「アニバーサリーグッズ」です。

15周年を記念して続々登場
アニバーサリーグッズ

ハウステンボスを愛し育ててくださったみなさまへの感謝の気持ちを込めて、この春さまざまな15周年記念グッズが登場します。

特別に書き下ろしたチューリップのデザイン

ボー・ベンディクセンデザインシリーズ
Tシャツ(大人用)/5,800円・(子供用)/4,800円
カバー付ノート/1,890円
ブックカバー/1,470円
エプロン/4,830円
バッグ/3,675円
ポーチ/2,940円
ティッシュケース/630円

『ボー・ベンディクセンコレクション』アニバーサリーグッズこちらの画像は、『ボー・ベンディクセンコレクション』にディスプレイされている「アニバーサリーグッズ」の数々です。地の色がシンプルな白や生成りや紺なので、色とりどりの「15周年記念デザイン」がそれほど派手派手しくならずに見えます。
今回のデザインは5輪のチューリップ。左からオレンジ・ピンク・赤・紫・黄色の5色が空に向かって咲いています。

『ボー・ベンディクセンコレクション』15thアニバーサリーティッシュケースちなみに、これはその折に買った「ティッシュケース」です。生成りの帆布(はんぷ:撚り合わせた経糸と緯糸で織り上げた厚手の平織物)ですので生地はとてもしっかりとしています。手に持った感触も心地良く、使い勝手も良いので早速外出の際に重宝している逸品です。
・・・・・・始めから入っているティッシュは“ご愛嬌”というところですが・・・・・・

今回は駆け足で買い物を済ませてしまったので手近なところにあったティッシュケースのみの購入だったのですが、次回の帰国で(まだ残っているものならば)ブックカバーを何枚か購入したいな、と思いました。15周年記念デザインのブックカバーをかけた本をハウステンボスの木陰のベンチで一息入れながら読みふけるというのも中々乙なものではないかな、と。

2007年04月06日

アンジェリケ(春のショップ情報:ぱーと2)

間もなく「チューリップ祭」も終了になるというこの時期に「春のショップ情報」の記事を書くのもどうかと思いますが、“定番アイテム”もありますし、今年の「チューリップ祭」の記録として残しておくのもいいかな、と・・・・・・。
(我が家には「PRESS」がまだ届きませんのでそちらの情報がなかなか入ってきませんのでね・・・・・・)
では、前記事に引き続きこちらをご覧ください。

『アンジェリケ』外観
花いっぱいのロマンティックなお店です
香水、アロマキャンドル、バスグッズなど、花と香りがテーマのエレガントな品々が揃うお店。
この街オリジナルのチューリップ「ハウステンボス」をイメージして作った香水「ヴェルリィフド」をはじめ、癒し、くつろぎを感じさせる生活雑貨関連の商品が豊富です。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

花と香りの店『アンジェリケ』です。
この『アンジェリケ』という店名は、チューリップの品種の名前から取った、というのは先の『アンジェリケ』の記事でご紹介したとおりです。
この店名『アンジェリケ』を冠し、昨年大好評のうちに販売されたトワレが、今年、装いも新たに“定番アイテム”として登場しました。既に人気を博しているトワレ「ヴェルリイフド」も同様の流れを経て『アンジェリケ』屈指の人気アイテムとして定着していますので、こちらも息の長い商品に育っていくのではないかな、と思っています。

オリジナルトワレ 「アンジェリケ」

昨年大好評だった香りが、この春よりボトル入りで定番アイテムとして登場。

3,680円
■取扱店/アンジェリケ

『アンジェリケ』アンジェリケ(トワレ)こちらが「アンジェリケ」の店内ディスプレイです。
昨年同様にピンクをあしらった(と言うよりもピンクを主体とした)パッケージで、鮮やかな色が目を引きます。容量は、昨年のもの(25ml)と価格で対比してのものですが、恐らく50mlでしょう。

この香りは、甘さの中にひと筋のそよ風のような爽やかさを併せ持つもので、きつすぎない優しい香りが好まれているようです。
「ヴェルリイフド」も優しい香りではありますが、こちらは甘さを強調した香りですので、どちらかというと若さや可愛らしさを引き立てるのに良さそうな感じがします。一方、この「アンジェリケ」は、その爽やかさが大人びたエレガンスを強調するのに良いのではないかな、と。
どちらも素敵な香りのトワレです。両方を取り揃え、その日の気分で使い分けをなさっても宜しいかもしれません。

続いてはこちらをご覧ください。昨年に引き続き好評なアイテムで、写真を撮るのに大変苦労をしたものです。

チューリップキャンドル

「チューリップ祭」期間限定のキャンドルが、今年は4色展開で登場。それぞれ違った香りがついています。

390円
■取扱店/アンジェリケ、スキポール、フォンデル、シーブリーズ

『アンジェリケ』アロマキャンドル昨年より更に幅を持たせ、4色展開して販売された「チューリップキャンドル」です。

こちらは、昨年に引き続いての販売となった「濃ピンク」「薄ピンク」よりも、新たに追加して販売された「紫」と「黄色」の方が売れているようでした。実際『スキポール』で確認したところ「紫」と「黄色」は既に完売して2色のみの販売となっていたのですから。

写真は“本店”である『アンジェリケ』(ここには4色とも揃っていました)で撮影したものです。それぞれが色分けされているとは言ってもどぎつい色ではないですし、香りもほのかなもので、大きさもそれほどかさ張るものではありませんので、お土産には最適ではないかと思ったものです。この写真を撮っているときにも多くの方々が熱心に品定めをしておられました。

また、『アンジェリケ』には専用のキャンドル台(?)も置いてありましたが、こちらもかなりの数が出ていたように思います。こういった関連商品を一緒に買うことが出来るのは専門店ならではの強みですね。多くの商品を取り扱うスーベニールショップではここまできめ細かな商品展開は見込めませんし。
(スーベニールショップ自体は非常に便利なのですけどね。あちこち廻ってお土産を買う、などという時に面倒になる手間を省くことが出来、しかも人気の高い商品が並んでいますので判らないものとにらめっこをせずに済みますから)

こちらの商品は“定番商品”と“季節の定番”が並ぶという、奇しくも“定番”を意図した商品をご紹介することになりました。
こういった定番ものが増えると安心感が増しますし、何よりも「ハウステンボスのお土産」の幅が広がるというものです。これからも“定番”に育っていく商品がどんどん多くなれば良いな・・・・・・と思います。
04:48 | 長崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年04月04日

布絵アーティスト実演販売(ぱーと2)

・・・・・・今年の「チューリップ祭」グッズのご紹介がすっかり遅くなっております。というよりも、私事にて(仕事がらみですが)環境が全く変わってしまったためにいまだに体が付いていかず、以前と同様の更新頻度になかなか持っていけないというのが現状でして・・・・・・。
(ですからどうぞ大目に見てやってください)

言い訳はともかく、ぼつぼつご紹介をしていきましょう。まずはこちらから。

『ワールドバザール』外観

世界で一枚のTシャツはいかが
布絵アーティストが実演販売


Tシャツなどに花や動物達を個性的なタッチで描く布絵アーティスト・青柳ひろみさんが即売会を開催。
また期間中、この春新一年生になる方々、毎日先着30名様にオリジナルイラストボードをプレゼント。
※新1年生を証明できる物をご持参の上、会場でお申し出ください。
■期間/3月24日(土)〜4月1日(日)
■時間/9:30〜18:00
■場所/ワールドバザール

(ハウステンボス情報誌『HUIS TEN BOSCH PRESS』より)

以前にご紹介だけ記事に載せました、布絵アーティスト「青柳ひろみさん(hiroさん)」のイラストTシャツです。
青柳ひろみさんは、(言わずもがなですが)布に絵を描く「布絵」を専門にしているアーティストです。長野市にアトリエを構え、注文でも描いて戴けるのだとか(これはTシャツと一緒に貰ったリーフレットの記述です)。

布絵制作(1)布絵制作(2)布絵制作(3)こちらが、布絵アーティストの青柳ひろみさん(hiroさん)です。
hiroさんのスタイルは「絵に合わせて音楽を選び、音楽に合わせて絵を描く」というもので、客の注文を聞いてそれにふさわしいバックミュージックを流し、そのリズムやテンポに合わせて筆を運んで絵を描く、というものです。
今回、私も手描きのTシャツをお願いしました。ハウステンボスの風景を描いてもらうのも良いかな・・・・・・?とも思ったのですが、それよりも折角なのでオリジナルの絵を描いてもらう方が楽しそうなので、オリジナルの人気絵柄「Dancing猫ちゃん」をお願いしました。
なお、この絵は履いているジーンズなどに描くことも出来るのだそうですが、洗いざらしのジーンズではあまりにも申し訳ないので、用意されていた無地のTシャツ(これも何色かあります)に描いてもらうことにしました。

制作時には、絶えずアップテンポの曲が流れ、それに合わせて足でステップを踏みながらの制作をしておられました。途中、猫の目の色や体色、肉球の色(これは犬や猫ならではですね)などを聞かれ、それらは客の意見を取り入れてもらえます。また、客も制作の途中で参加をさせてもらえたりしますので、本当に「自分だけのオリジナル」の布絵が出来るのです。
傍らのスタッフの方が絵を乾かし、アイロンをかけてTシャツに絵を定着させてから手渡されます。

布絵Tシャツ「Dancing猫ちゃん」

これが、そのときに描いてもらった「Dancing猫ちゃん」の絵です。コンセプトは“ダンス大好きの猫が踊るとステップが音符になって音楽をつむぎだす”というものであるそうです。
私の注文は「体色(三毛)」「猫の性別(この子はオスだそうです)」「肉球(ピンク)」「音符の色(茶色)」「Huis Ten Bosch 2007.3.25の文字」です。また、右下のhiroさんのサインもお願いして描き加えて戴きました。
柔らかい毛並みが鮮やかに描かれている絵です。見ているだけでも心がわき立つような、そんな気がします。

この他にもポストカードやしおりなどの小物も販売していましたが、やはりこの方の絵は布に描かれてこそより鮮やかさが増して真価を発揮すると言うものではないかな、と思います。
もしも可能であれば、何かのイベントの折にでも(それこそ「チューリップ祭」期間の常連イベントとしてでも)またこの方とその絵にお会いしたいな・・・・・・と思っています。

hiroさんのメッセージボードです
03:37 | 長崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年03月11日

ラフレシール(春のショップ情報:ぱーと2)

昨年は「チューリップ祭」の初日に帰国が出来たので、商品を確認することの心配をしていませんでした。
ところが、今年は「チューリップ祭スペシャルウィーク」まで帰国をすることが出来ません。昨年出た「ストロベリーチーズケーキ」は「スペシャルウィーク」前の3月18日に売り切れてしまったことを考えると、今年の「ラズベリーチーズケーキ」も帰国まで残っていてくれるか定かでないのでいても立ってもいられず・・・・・・とうとう『ハウステンボスショッピングモール』で注文してしまいました。
100ヶ限定の販売と言うことでしたがどうにか間に合いましたので、届いたケーキをご紹介したいと思います。

『ラフレシール』前

「こんなにおいしいケーキは初めて!」というたくさんの声にお応えして専門店がグランドオープン!
ハウステンボスが誇る、チーズケーキ専門店「パティスリー」のパティシエが作り上げた究極のレシピのもと、納得の自信作がここに完成!キャラメルとチーズケーキが見事にマッチしたほろ苦い味わいを お楽しみください。

〔営業時間/9:30〜21:30〕

『ラフレシール』からは、2/10(土)〜は「ブルーベリーチーズケーキ」、3/3(土)〜は「ラズベリーチーズケーキ」が「スリーベリーフェア」の時期限定の商品として登場しました。
通販サイトの『ハウステンボスショッピングモール』での販売は、それぞれ限定100ヶです。

人気の「ブルーベリー」に加え、新商品「ラズベリー」も登場。2種類のベリーを食べ比べしてみては?
※いずれの商品も数量限定ですので無くなり次第販売終了いたします。

★ブルーベリーチーズケーキ
【販売開始】2/10日(土)〜
【料  金】1,050円(12cm)
      1,680円(16cm)

★ラズベリーチーズケーキ
【販売開始】3/3日(土)〜
【料  金】1,260円(12cm)

『ラフレシール』「ブルーベリーチーズケーキ」ホール

まず、2月10日(土)〜販売された「ブルーベリーチーズケーキ」をご紹介します。
こちらは大サイズ(16cm)と小サイズ(12cm)の2サイズが販売されていますが、『ショッピングモール」では大サイズのみの販売になっています。お値段は大¥1680・小¥1050です。通販で購入した場合はこれに送料が付きますので、実際の価格はこれに若干の上乗せがあります。
ご覧戴いている通り、「ブルーベリー」は、中央にブルーベリーの粒がそのまま乗せられており、その下にブルーベリーのソースがかかっている状態になっています。

『ラフレシール』「ブルーベリーチーズケーキ」箱ちなみに箱はこんな感じです。箱の色そのものがブルーベリーを表すかのようなパープルで、外見からその爽やかな甘さが感じられるようです。




『ラフレシール』「ブルーベリーチーズケーキ」カットケーキをカットしたときの状態です。
こちらをご覧戴くとお判りかと思いますが、「ブルーベリー」はケーキの中のチーズの層にもしっかりと練りこまれています。やや紫色に染まったチーズの層には、恐らくブルーベリーの果汁も練りこまれているものと思われます。

『ラフレシール』「ブルーベリーチーズケーキ」ひと口大食べてみると、ブルーベリーの味はしっかりと主張しているものの、意外にもチーズの濃厚さは失われておらず、ブルーベリーの爽やかな甘味と共にチーズの味をしっかりと堪能できるものになっています。ブルーベリーは様々な食材の味を引き立てる控えめな味が特徴であることにもよるのでしょうか、チーズの持ち味を殺さずに自分の味をそこはかとなく香りたてるような・・・・・・言ってみれば「味」よりも「香り」にこそ真骨頂があるような気がします。
このケーキは、既に「季節限定」の“定番”となっているような印象を受けますが、それもそのはず、これだけの美味しいケーキですから評判も良いでしょうしリクエストも多いのではないかな、と思いました。

『ラフレシール』「ラズベリーチーズケーキ」ホール

続いて3月3日(土)〜販売されている「ラズベリーチーズケーキ」です。
こちらは昨年の「ストロベリーチーズケーキ」と同様の小サイズ(12cm)のみの販売で、お値段も昨年の「ストロベリー」と同様の¥1260です。通販での購入の場合は「ブルーベリー」と同様に送料が加算されますので、単価は若干高くなります。
「ラズベリー」は「ブルーベリー」と違い、また、昨年の「ストロベリー」とも違って粒状の果実は乗っていません。「プレーン」のケーキにラズベリーのソースがかかった状態です。

『ラフレシール』「ラズベリーチーズケーキ」箱こちらが「ラズベリー」の箱です。昨年の「ストロベリー」はややピンクがかった色で印刷されていたのですが、こちらの「ラズベリー」はそれよりも赤が強い色で印刷されています。甘味が勝る「ストロベリー」と酸味が勝る「ラズベリー」の違いが出ているようで面白いな、と思いました。

『ラフレシール』「ラズベリーチーズケーキ」カット先ほど申し上げました通り、「ラズベリー」のケーキにはラズベリーは練りこまれていません。上にラズベリーソース(ちょっとジャムに近いような印象を受けましたが・・・・・・)が乗せられたプレーンタイプのケーキです。
昨年の「ストロベリー」も上にプレザーブ状のソースがかかったプレーンタイプのケーキでした。両方とも味が強いですから、チーズの味を生かすためにこのような状態にしたのでしょう。

『ラフレシール』「ラズベリーチーズケーキ」ひと口大食べてみると、「ブルーベリー」と違って「ラズベリー」はその味をしっかりと主張し、ことにその甘酸っぱさがまず口いっぱいに広がっていきました。チーズの味はもちろんありますが、「ブルーベリー」の時に感じた濃厚さはあまり感じられず、むしろラズベリーの爽やかな甘酸っぱさの為にチーズの方がそこはかとなく感じられる程度であったように思います。その為、こちらはチーズが苦手な方にも美味しく召し上がっていただけるのではないかと思ったものです。

それぞれが持ち味を出した今年の「季節限定ケーキ」。
場内で購入して食べられるのでしたら、これほど嬉しいことは無いでしょうね。


双方を並べてみました。
20:32 | 長崎 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年03月04日

メタモルフォーゼ(春のショップ情報)

前言撤回!
まだまだ情報不足じゃねーか!!ちっ(怒った顔)


前回の記事「オリジナルグッズ」で、私は
「オフィシャルHPの一新によって商品情報が多く得られるようになったので、このブログもそろそろ潮時かも・・・・・・」
という内容の文章を書きました。
が、ブログへのの常連さんでとうとうメル友となった(・・・・・・って、失礼の段はどうぞお許しを・・・・・・)4BITさんより戴いたメール(実は昨日届いていたのですが確認したのは今日でして・・・・・・あせあせ(飛び散る汗))に、聞き捨てならない情報が入っておりましたのでお届けします。
ですからね、ハウステンボスさん、こういう情報を「TOPICS」あたりで載せてくださいってば・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

『メタモルフォーゼ』.jpg
モノトーンから生まれる不思議な世界
オランダのだまし絵で有名な版画家、M.C.エッシャーの専門店。
『変容』 『循環』 『無限』 といったテーマが様々なグッズに姿を変えて商品となりました。
天使・鳥・魚などのモチーフが使われたウェア・ネクタイ・キーホルダーなどの人気アイテムが勢揃いしています。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

『メタモルフォーゼ』に関する情報です。この情報は「期間限定」なのか「新商品」なのかは定かではありません。ですので、3月下旬の帰国の際にはこのことについても確認してこなければなりませんね。

場内のニュースタッド地区に『ミステリアスエッシャー』という、M・C・エッシャーの版画を映像化したアミューズメント施設があることはみなさんご存知でいらっしゃる事と思います。この出口を出たところ(以前『メタモルフォーゼ』があり、現在は『ドロピエ』になっているところ)に、ハウステンボスオリジナルの「ファスナーコレクション(全8種)」と「フィギュアコレクション(全6種)」のガチャガチャが設置されているそうです。
また、この中身は、当然『メタモルフォーゼ』でもカプセル売りがされていて、中身は見えないものの重さを見ながら購入する事も出来るようです。
お値段は「ファスナーコレクション」が¥200、「フィギュアコレクション」が¥300と非常にリーズナブルで、エッシャー好きの私などは、出来れば全種類のセット売りが欲しいと思ったほどです。

このガチャガチャについては、昨年11月11日(土)〜今年1月13日(日)に東京・渋谷で開催された「スーパーエッシャー展」にも設置されていましたが、連日展覧会を見終わった方々が購入され、大人気を博したのだそうです。特にエッシャーが創造したキャラクター「でんぐりでんぐり(ハウステンボスでは「カール・アップ」と呼んでいますが)」のフィギュアが人気で、これを手に入れる為に何度も挑戦される方も多かったとか。私たち(最終日に悪友と行きました)は展覧会の終了間際に見終わったため、既にこのガチャガチャは中身がなくなっていて利用できませんでした。

「スーパーエッシャー展」では、人気の「でんぐりでんぐり」を残念ながら手に入れることが出来なかった私ですが、今回はガチャガチャを利用するにしても『メタモルフォーゼ』で購入するにしてもどうにかこうにか「でんぐりでんぐり」を手に入れることが出来るのではないかと思っています。
これでますます帰国の楽しみが増えたと言うものです。

「スーパーエッシャー展」を見て思ったこと
20:27 | 長崎 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年03月03日

布絵アーティスト実演販売

「チューリップ祭」開催中の『ワールドバザール』で、もうひとつ耳寄りな情報があります。
もしかして、私はこの方の絵を以前にも見ているのかもしれません。

『ワールドバザール』外観

世界で一枚のTシャツはいかが
布絵アーティストが実演販売


Tシャツなどに花や動物達を個性的なタッチで描く布絵アーティスト・青柳ひろみさんが即売会を開催。
また期間中、この春新一年生になる方々、毎日先着30名様にオリジナルイラストボードをプレゼント。
※新1年生を証明できる物をご持参の上、会場でお申し出ください。
■期間/3月24日(土)〜4月1日(日)
■時間/9:30〜18:00
■場所/ワールドバザール

(ハウステンボス情報誌『HUIS TEN BOSCH PRESS』より)

『ワールドバザール』では、これまでにも「花文字」や「刻印」などの実演販売を行っていました。今回は、新たに「布絵の即売会」が加わりました。
自分が持っている画像ではないのでお目にかけることが出来ないのが残念ですが、非常に柔らかいタッチの絵で、特に花と一緒に描かれている猫などはふわふわの毛並みや温かい手触りまでもが表現されていて、とても優しい気持ちにさせてくれるような絵です。

もしかしたら、私はこのアーティスト「青柳ひろみ」さんの絵を見たことがあるかもしれません。
・・・・・・というのも、以前Tシャツ&ウェアの専門店であった頃の『シーブリーズ』(ですからもう4〜5年は前の話になりますたらーっ(汗))で「ペットの絵をTシャツに」というイベントがあり、このときに見た絵のタッチに非常に良く似ていると思われるのです。このイベントは、自分のペットを写したお気に入りの写真を持参して、それをTシャツに描いてもらうというものでした。たくさんの方が写真を手にお集まりになり、アーティストの方とどんな絵にするかをニコニコとご相談なさっていた姿が印象的でした。
1人暮らしのアパートである我が家には残念ながらペットはおりませんのでこのイベントに参加する事は叶いませんでしたが、今回は“布絵Tシャツの即売会”ということですので、あの優しい柔らかい絵を手にすることが出来るかな・・・・・・?と、今からとても楽しみにしています。

ハウステンボスが一番賑わう「チューリップ祭」はいよいよ今日から開催されます!
是非、お気に入りのスポットや限定グッズや美味しいものを探してみてくださいね!!

2007年03月01日

イタリアフェア

昨年の「チューリップ祭」の時期には「フランスフェア」が開催されていました。。
ワールドカップ開催中には「ドイツフェア」が行われていました。
そして今年は・・・・・・

『ワールドバザール』外観

おしゃれでおいしい
イタリアフェア


フラワーマーケットではカフェやイートインコーナーも充実。また、会場一角のワールドバザールでは「イタリアフェア」を開催。イタリアを代表する食材、ワイン、生ハムが勢ぞろいするほか、至りアンジェラーとを豊富に集めた「ジェラテリア」も新登場します。

■場所/ワールドバザール

(ハウステンボス情報誌『HUIS TEN BOSCH PRESS』より)

今年の「チューリップ祭」では「イタリアフェア」が開催されます。
従来「○○フェア」の商品は、『ワールドバザール』テント内の『ヘールリックマグ』『びーどろ』寄りの一角(ステージの右側)に集められています。多分今回も同様ではないかと思います。

イタリアの食材というと、まず思いつくのは「パスタ類」「トマト加工品」「オリーブオイル」「バルサミコ酢」・・・・・・と、こんなところでしょうか?他にもイタリアワインや生ハムが並ぶそうですから、思っているよりも目移りするようなラインナップになるのかもしれませんね。

ちなみに、ここ『ワールドバザール』には冷蔵のショーケースもちゃんと用意されていますから、生のもの、或いはそれに近いような食材も取り扱えますので、これは大きな魅力です。また、他のショップとは違って建物の中に入る訳ではないので、気軽にちょっと寄って商品を見ることが出来るのもこちらの特徴です。
ここの商品の中に、もしかしたらご家庭の食材の定番が眠っているかもしれませんよ。美しい花に心を和ませた後、こちらでお腹を満足させられるお買い物をなさってみては?

2007年02月27日

フラワーマーケット

ハウステンボスは、四季折々の「花のリゾート」をコンセプトにしています。そのコンセプトにふさわしく、ビネンスタッド中心部の『ワールドバザール』周辺でこんな催しが開催されます。

ようこそ!活気あふれる花市場へ

Flower Market

ヨーロッパの花市場を彷彿とさせる花市場がオープン。切花や鉢植えはもちろん、ガーデニンググッズ、花をモチーフにしたおしゃれな雑貨など、さまざまなアイテムが揃います。

■場所/ビネンスタッド地区ワールドバザール周辺

ハウステンボスが誇る、その名も「Flower Market」です。

2006『ブルームウィンケル』屋台全景

こちらは、昨年アレキサンダー広場で開催された「Flower Market(『ブルーム ウィンケル』屋台)」です。ずらりと並ぶ花を求めて、多くのお客さんがいらっしゃる様子がご覧戴けるのではないかと思います。

『キューケンホフ』外観『キューケンホフ』店内4『キューケンホフ』店内2





ハウステンボス内のショップで「花」や「ガーデニンググッズ」を扱うところは、常設店ではスパーケンブルグの『キューケンホフ』があります。ハウステンボスを代表する花であります「チューリップ」(切花・鉢植え・球根)を取り扱うのはもちろんのこと、ガーデニングの際に使用する置物やプランター、様々な「花」をデザインした小物やスカーフやタオルなどの日用品の数々、果ては造花や様々な花の種までもを取り扱うという、「花」と名の付くものでしたら何でも置いているというショップです。

多分、今回『ワールドバザール』周辺に出来る「Flower Market」も同じようなラインナップの商品が並ぶものと思われます。『キューケンホフ』の商品はもちろんのこと、この近くにはチューリップ染めの商品を数多く取り扱う『エステラ』もあることですし、こちらの柔らかい風合いの衣料品やアクセサリーなども、ひょっとしたら並ぶのではないでしょうか?
『ワールドバザール』の近辺は、様々なショップが立ち並ぶ場所です。こちらに多く並ぶ花、花、花・・・・・・。想像するだけでもうっとりしそうな光景ですよね。
21:56 | 長崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年02月26日

ナインチェ(春のショップ情報:ぱーと2)

今回の情報はハウステンボスのオフィシャルHPではなく、ANAのHPからのものです。
ANAでは、『「ハウステンボス」リゾート紀行』と題したハウステンボスの紹介記事を連載しているのですが(これが又素敵な文章の数々で読むのがとても楽しみなのですが)、この中に『ナインチェ』の商品情報が含まれていましたのでご紹介致します。

『ナインチェ』1.jpg
世界最大級の品揃え! ディック・ブルーナの世界
「ナインチェ」は、ミッフィーのオランダでの愛称です。木靴とバンダナを身にまとったオリジナルミッフィーグッズをはじめ、オランダ直輸入のものなど、1,000アイテム以上という、国内最大級の品揃えを誇ります。オリジナルミッフィーを求めるために全国から問い合わせが殺到しています。
また、店内には、キッズルームもあります。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

この情報が含まれているのは『「ハウステンボス」リゾート紀行 VOL.08 春の彩りと15周年の楽しさで賑わう花のリゾート』という記事です。
この2ページ目に該当の箇所はあります。

「環境への願いを込めた15周年記念オリジナルミッフィーグッズ」

15周年特別記念企画で登場するロゴマークは、オランダの絵本作家ディック・ブルーナがかきおこしたミッフィーを使ったロゴマークの「アースカラーシリーズ」。ハウステンボスの環境重視のコンセプトと長崎の豊かな自然をイメージした5つのカラーが特徴で、ブルーは「海・水」、ベージュは「大気」、イエローは「太陽」、ブラウンは「大地」、グリーンは「緑・森林」を表し、美しい未来へ向けたメッセージが込められている。オリジナルぬいぐるみはハウステンボスの春の花「チューリップ」を手に持ったデザイン。限定200体の高級モヘアぬいぐるみ(12,600円)も登場する

このうちの「オリジナルぬいぐるみ ¥1,890」は既に「アニバーサリーグッズ」の記事でご紹介しました。今回のご紹介は、引用箇所の太字の部分「限定200体の高級モヘアぬいぐるみ ¥12,600」です。

モヘア生地は、アンゴラ山羊の毛で作られる毛織物で、価格は実にシルクの7倍とも言われており、高級なぬいぐるみ(特にテディベア)によく使われているようです。生地の貴重さもさることながら、限定200体ということですから恐らくひとつひとつのミッフィーにはシリアルナンバーも打たれていることでしょう。もとよりハウステンボスのミッフィーはオリジナルのデザインですから、他では絶対に手に入らないものであることは確かです。

お値段からしてもすぐに売り切れてしまうことは無いと思いますが、お好きな方にはたまらない限定グッズと言えるのではないかと思います。今年の「チューリップ祭」の時期は、あちこちにお宝並みのグッズがゴロゴロと転がっている得がたい好機なのではないでしょうか?
私は、この「チューリップ祭」でいくつのお宝を手に出来るのだろう・・・・・・と、それがとても楽しみな春の帰国になりそうです。
21:20 | 長崎 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年02月25日

スーベニールショップ(春のショップ情報:ぱーと2)

「アニバーサリーグッズ」で、「景観シリーズ」という場内スーベニールショップ『スキポール』『フォンデル』『シーブリーズ』の3店舗で取り扱いがあるだろうという商品をご紹介しました。
「チューリップグッズ」にも、場内スーベニールショップで取り扱いがある商品があります。これは正しく“場内スーベニールショップ限定”となると思われますので、この機会にどうぞご覧になってみてはいかがでしょうか?

『スキポール』外観『フォンデル』外観『シーブリーズ』外観
〔スキポール:営業時間/9:30〜21:30〕
〔フォンデル:営業時間/9:30〜18:30〕
〔シーブリーズ:営業時間/9:30〜21:30(朝市を除く)〕

では、場内スーベニールショップ限定の「復刻グッズ」のご紹介です。

チューリップぬいぐるみ(復刻版)

ハウステンボス開業当初、高い人気を集めていたチューリップぬいぐるみがよみがえりました。

1,500円
■取扱店/スキポール、フォンデル、シーブリーズ

ハウステンボス開業当初に販売していた「チューリップぬいぐるみ」です。
これは、鉢植えのチューリップにつぶらな目とわずかに笑いながら結んだ口が付いたチューリップで、花の色は赤・黄・ピンクの3種。左右に開いた葉が、まるで
「ようこそ!ハウステンボスへ!!」
と言いながら大きく両手を開いて迎えてくれるようにも見えます。赤のチューリップはさすがに目立ちませんが、黄色とピンクのチューリップは頬の色がほんのりと赤らんでいるのもまたご愛嬌でしょう。鉢の部分には、「HUIS TEN BOSCH」というロゴが入っています。

開業当初のハウステンボスには、私は訪れた事はありませんのでこのぬいぐるみを見たことはありませんでしたが、確かにこれは愛嬌がこぼれんばかりで、人気があっただろうな、というのも頷けます。お値段の¥1,500も他のぬいぐるみ(ミッフィーやらちゅーりーやらテディベアやら・・・・・・)と比べるとお手頃価格で、それだけに手が出しやすかったのでしょう。・・・・・・もっとも、開業当初にはまだ「ちゅーりー」のキャラクターは確定されておらず、この「チューリップぬいぐるみ」がその原型のひとつとばかりに出ていたのでしょうけど。

これは、私ものどから手が出るほど欲しいです。が、幾つ作るのかは定かではありませんが、この「チューリップグッズ」は、いずれも数量限定商品で、私の帰国は3月の下旬ですのでそれまで残っているかが不安で不安で・・・・・・。
どなたかせめて(このブログ用に)写真を提供してください。ありがたく使わせて戴きますから。
15:05 | 長崎 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年02月20日

ブールンカース(春のショップ情報)

次の「チューリップグッズ」は、こちらの“美味しい商品”をご覧ください。
ハウステンボスきっての人気商品(人気のお土産)のひとつでもあります。

『ブールンカース』外観
オランダ直輸入チーズが充実
17世紀オランダの伝統的なチーズ農家を再現したかわいいお店。「ブールンカース」とは、オランダ語で農家の手作りチーズという意味です。店内には、家具や生活雑貨がディスプレイされていて、当時のオランダ農家の人々の生活がうかがえます。

〔営業時間/9:00〜18:30〕

風車が立ち並びチューリップが広がるキンデルダイクにありますチーズショップ『ブールンカース』からの商品です。

チューリップゴーダ

新緑を食べて育った牛のおいしいミルクを使い、半年熟成した素材にこだわったゴーダチーズです。

1個約1,500円 ※重さにより値段が異なります。
■取扱店/ブールンカース

(ハウステンボス会員誌『HUIS TEN BOSCH PRESS』より)

「ゴーダチーズ」は、「クリームチーズ」と並んでここ『ブールンカース』の人気商品です。「クリームチーズ」は花かつおとターフルソース(出汁醤油)をかけて冷奴風にしたり、フルーツソースやジャムと一緒にデザート風にしたりというのがポピュラーな楽しみ方のようですが、「ゴーダチーズ」はそのまま食べても良いし、熱を加えるとトロリとした食感が楽しめるのでチーズフォンデュの材料にするのも良いと言われています。私などは、よく朝食のパンに乗せて焼いてチーズトーストにして食べていますが、くせが無くまろやかなのにしっかりとした味で後を引く美味しさです。

今回の「チューリップゴーダ」は、昨年試食をした記憶によると(後で買おうと思っているうちにうっかり買いそびれたのですが・・・・・・あせあせ(飛び散る汗))、それぞれの季節に購入できるゴーダチーズの中でも特に優しいマイルドな味で、匂いもそれほどきつくは無いように思いました。店頭で次々に切って渡される試食には、チューリップを見ながらこの店に到着したたくさんの客が群がり、大きなチーズが瞬く間に小さくなっていく様を見たような覚えがあります。
次こそは・・・・・・と思っていましたら、やはりこれは毎年の恒例として販売されるのでありましょう、今年もまた会員誌及びオフィシャルHPでの紹介があって本当に嬉しい限りです。

使い方は色々、ショップの方に聞けば美味しい食べ方も教えてくれますし(それに類するパンフレットも以前もらった記憶があります)、店内には昔のオランダ農家のたたずまいを再現したコーナーやゴーダチーズの製作過程のビデオを流しているコーナーがあり、買い物以外も様々に楽しめるようになっています。また、チーズに関する小物(チーズカッターやチーズ用カッティングボードなど)やチーズに合いそうなクラッカーやフルーツソースなども売っていますので、折角の「チューリップゴーダ」をより美味しく食べられるように道具や添えるあれやこれやを吟味するのも良さそうです。
22:35 | 長崎 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年02月19日

アンジェリケ(春のショップ情報)

続いての「チューリップグッズ」はこちらをご覧ください。

『アンジェリケ』外観
花いっぱいのロマンティックなお店です
香水、アロマキャンドル、バスグッズなど、花と香りがテーマのエレガントな品々が揃うお店。
この街オリジナルのチューリップ「ハウステンボス」をイメージして作った香水「ヴェルリィフド」をはじめ、癒し、くつろぎを感じさせる生活雑貨関連の商品が豊富です。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

花と香りの店『アンジェリケ』です。
この『アンジェリケ』という店名は、チューリップの品種の名前からとったそうです。それを考えると、本当に春にふさわしいショップと言えそうですね。
(春に限らず“花のリゾート”たるハウステンボスにふさわしいショップだとも言えそうですが・・・・・・)
こちらにも、昨年来好評だった“「チューリップ祭」期間限定商品”があります。

オリジナルトワレ 「アンジェリケ」

昨年大好評だった香りが、この春よりボトル入りで定番アイテムとして登場。

3,680円
■取扱店/アンジェリケ

『アンジェリケ』オリジナル香水(アンジェリケ)まずはこちらをご覧ください。
これは、昨年発売された「アンジェリケ」(香水バージョン)です。昨年は、この「アンジェリケ」は香水とトワレの両方が販売されていました。
この香りは、基本的には甘いのですが柑橘類のようなサッパリした感じをあわせ持っています。それでいてきつすぎず、ふわりとあたりを包み込むような香りですので、好評のうちに販売されていたのを思い出します。。
実は、私が購入した「アンジェリケ(香水)」ですが、香りの好きな友人がたまたま遊びに来たときに気に入って持っていってしまいました。その後、私が夏に帰国をするときに
「あ、ハウステンボス行くの?だったらあの香水お土産に買ってきて揺れるハート
「あれは“春限定”だっつったじゃん・・・・・・たらーっ(汗)
と、思い切りかみ合わない会話を交わしておりまして・・・・・・。奴が気に入ったということは結構香りの好きな方にも好印象だったんだな、と思ったものです。

今回、この「アンジェリケ」はトワレ限定ですが、定番アイテムとして定着しての発売になります。これは、現在の人気香水&トワレ「ヴェルリイフド」と同じパターンですが、このようにオリジナルの人気アイテムが増えるのは嬉しいことですよね。
ボトルの容量は、昨年のものは25ml入¥1,890でしたが、今年はさらに容量が増えたボトルになっているものと思われます。

続いてはこちらをどうぞ。
チューリップキャンドル

「チューリップ祭」期間限定のキャンドルが、今年は4色展開で登場。それぞれ違った香りがついています。

390円
■取扱店/アンジェリケ、スキポール、フォンデル、シーブリーズ

『アンジェリケ』チューリップキャンドルチューリップのオリジナル品種「ハウステンボス」をかたどった色と形のキャンドル「チューリップキャンドル」です。
昨年は濃ピンクと薄ピンクの2色展開でしたが、今回はさらに黄色と紫色の2色が加わっています。香りは、昨年のものは花の優しいほんのりとした香りが漂っていたのを覚えていますが、今回もその基本線は変わらないのではないかと思います。そして、4色共に香りがそれぞれ違うということですから、4色とも購入してそれぞれの香りをお楽しみになるのも宜しいでしょうし、店頭で4つの香りをみてお気に入りを選ぶのもまた楽しいでしょう。

『アンジェリケ』には、他にもさまざまな香りに関するグッズが並んでいますので、香りがお好きな方にはたまらないショップでしょう。中にはポプリを様々に詰め合わせてお楽しみになっていらっしゃる方もおられますし、バスグッズを真剣な目つきで品定めなさっている方もおられます。
一歩店内に足を踏み入れると良い香りに思わず心和むこのショップの商品は、女性へのお土産には最適なあれこれが並んでいますので、親しい方へのプレゼントにも喜ばれるでしょうね。
20:54 | 長崎 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年02月17日

リンダ(春のショップ情報)

「アニバーサリーグッズ」のご紹介はとりあえず終わりましたので(・・・・・・と言ってもハウステンボスのことですからこれで全部と言い切れないんですよね。何せ後になってから「あexclamationこれも作ろ揺れるハート」とばかりにたくさんグッズが出てくる場合も多いですから・・・・・・あせあせ(飛び散る汗))、お次は「チューリップグッズ」のご紹介に参りましょう。
まずご紹介する店舗のグッズは、毎年季節ごとに新しいものが出ますし、入国口を入り『ナイアンローデ城』をくぐって本格的に場内に入るとすぐにありますので、いつ見ても商品を求める方々が店内にいらっしゃいます。

『リンダ』店外.jpg
どのコも連れて帰りたくなるテディベア専門店
店名は、テディベア研究の第一人者で、テディベアキングダムの名誉館長でもあるリンダ・マリンズさんからいただいたもの。1997年10月10日にナイアンローデ城横にオープンした『テディベアキングダム』のミュージアムショップです。
季節ごとに、オリジナル限定ベアが登場します。

〔営業時間/9:00〜21:30〕

この時期のベアは特に注目度が高く、いつもこの時期のこのショップには小さなお子さんから年配の方まで幅広い年齢層の客でごった返しています。お子さんは自分が気に入ったベアをしっかりと握り締めて、妙齢の女性方は気に入ったものを次々と選び(大人買い?)、やや年齢の高めの層の方々は誰それへのお土産に、と仰りながらご夫婦であれこれと会話を交わして・・・・・・というほのぼのとした光景をいくつも見ることが出来る時期でもあります。
それでは、毎年注目されるこちらの商品からご覧ください。

'07 チューリップベア

首にさげているのは
春の香りがするポプリです。

3,150円
■取扱店/リンダ、シーブリーズ

(ハウステンボス会員誌『HUIS TEN BOSCH PRESS』より)

『リンダ』チューリップベア『リンダ』にてお馴染みの「チューリップベア」です。ご覧戴いている画像は、昨年登場した「チューリップベア」¥3,150です。
このベアは、首にレースをつけていて、地の色はクリーム色なのですが体全体にチューリップを思わせるような綺麗なピンク色を“ぼかし”で染めてあり、足裏に赤いチューリップと《HUIS TEN BOSCH》のロゴが付いていました。

今年の「チューリップベア」は、全身がピンク色で割合にシンプルな形態のベアです。首には「春の香りがするポプリ(『HUIS TEN BOSCH PRESS』より)」を大きなリボンを使って下げています。右足の裏にはピンクのチューリップの花がデザインされ、左足の裏には《HUIS TEN BOSCH》というロゴが付いています。
パッと見には昨年のものの方が華やかに見えますが、15周年のベアであることを考えると、もしかしたら素材や手触りにも相当に凝ったベアになっているのかもしれません。
※昨年の「チューリップベア」のお値段は今年のものと同じ¥3,150だったのですが、勘違いにより¥1,890と記載しておりました。記事の内容を訂正してお詫びいたします。

次はこちらをどうぞ。

ベアチューリップお手玉

かわいいベアがチューリップの妖精となって登場。

840円
■取扱店/リンダ

(ハウステンボス会員誌『HUIS TEN BOSCH PRESS』より)

『リンダ』お手玉ベアもはや季節ごとのハウステンボス名物になった『リンダ』のお手玉ベアです。
昨年のものは、ご覧の通りの“扁平な笑顔”で、色は赤帽子をかぶった黄色・濃ピンク帽子をかぶった薄ピンク・黄色帽子をかぶった茶色の3色が出ていました。

『リンダ』干支ベア(イノシシ)今年のものは、顔が以前の“不機嫌に見える無表情”(画像の「干支ベア」をご参照ください)に戻りました。昨年の顔がお好き、とおっしゃる方も多かったのでこの変化には賛否両論あるかとは思いますが、私自身の好みとしてはこちらの顔のベアの方が好きですので、この変化は嬉しい限りです。
色は黄色(全身・帽子共)・ピンク(黄色と同様)・赤帽子をかぶった白の3色です。お値段は、昨年同様の¥840。これは、もう「お手玉ベア」の定価と言っても良さそうですね。

「チューリップベア」「お手玉ベア」共に、詳しくは記載されていませんが数量限定商品であることは明記されています。これらについては毎年それなりに数が用意されていますのでそう簡単に無くなることは無いのではないかと思いますが、それでも「干支ベア いのしし」が新年を待たずに2色の内の1色が売り切れ、もう1色も早々に無くなってしまったことを考えると、ぼやぼやしていては買いそびれるかもしれませんよ。
21:44 | 長崎 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年02月15日

スーベニールショップ(春のショップ情報)

『スーベニールショップ』と題してはいますが、実は他のショップでも扱う店舗があると思われる情報ではあります。が、今回は、その商品のラインナップ上“あえて”『スーベニールショップ』とさせて戴きましたのでご了承ください。

『スキポール』外観『フォンデル』外観『シーブリーズ』外観
〔スキポール:営業時間/9:30〜21:30〕
〔フォンデル:営業時間/9:30〜18:30〕
〔シーブリーズ:営業時間/9:30〜21:30(朝市を除く)〕

「アニバーサリーグッズ」のご紹介もこれが(多分)最後になります。

15周年を記念して続々登場
アニバーサリーグッズ

ハウステンボスを愛し育ててくださったみなさまへの感謝の気持ちを込めて、この春さまざまな15周年記念グッズが登場します。

ハウステンボスの街並みがパッケージに

景観デザインシリーズ
ソーセージ(九州産黒豚)/1,050円
オリジナルラベルビール/420円
プチチョコレートケーキ/1,050円
ワイン/2,100円

『チョコレートハウス』店内「景観シリーズ」というと、昨夏に『チョコレートハウス』他の新商品として見たことを思い出します。
パッケージに様々なハウステンボスの風景写真を入れ、中には手頃で人気の高い「ココアピーナッツ」「各種クッキー」などが取り揃えられ、判りやすいお土産であったためか、はたまた価格のお手頃さがウケたのか、ともかくもたくさんの方々がお手に取られ、レジに運んでいく光景を絶えず見たものです。

今回は「美味しい!」と評判の「ソーセージ」(ホテルメイドのものと同じかは定かではありませんが・・・・・・)や昨夏好評だった「地ビール」(価格から言ってこれだと思います)、それに「チョコレートケーキ」「ワイン」が新たにラインナップとして加わるということのようです。

「地ビール」は飲んだから解りますが(本当に美味しかったですよ。私が飲んだのは「ピルスナー」でしたが)、他のものはふたを開けて見ないとどのような状態で売り出されるのかも想像が付きません。が、ハウステンボスの食品類はハズレが無くそれなりに美味しく食べられるので、お土産として喜ばれるということは間違いありません。
今回は、それにハウステンボスの美しい景色がさらに加わるのですから、お土産として押さえておいて決して損は無いでしょう。

他の場所と違って15周年を迎えるまでのエンジンのかかりが遅いように思えて仕方が無かったハウステンボスですが、ようやく重い腰を上げて本格的に記念グッズや記念行事のお知らせが出てきたように思います。
15周年を迎えるハウステンボスは、どのように私達を迎えてくれるのでしょうか?
23:28 | 長崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

ボー・ベンディクセンコレクション(春のショップ情報)

続きましての「アニバーサリーグッズ」は、10周年の際にも登場した『ボー・ベンディクセンコレクション』のグッズです。

ボー・ベンディクセンコレクション
シンプルなラインと繊細な色、アートの魔術師
単純明快でありながら、一度目にしたら忘れられない強烈なインパクトを持つ、ボー・ベンディクセンのアート・ワールド。
じっと見ていると、今度はほのぼのとした明るい気分になってくるような不思議な魅力を持っています。
日本で唯一の専門店ということもあり、ファンも多く訪れます。オリジナル商品のほか、デンマーク直輸入の商品も揃っています。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

『ボー・ベンディクセンコレクション』は、ハウステンボス開業以来同じ場所で静かに時を刻んできた老舗のデザイナーズショップです。デンマークのイラストレーターであるボー・ベンディクセン氏のカラフルな色使いのデザインは、女性やお子さんに多く好まれています。

今回の「アニバーサリーグッズ」は、次のようなラインナップになっています。

15周年を記念して続々登場
アニバーサリーグッズ

ハウステンボスを愛し育ててくださったみなさまへの感謝の気持ちを込めて、この春さまざまな15周年記念グッズが登場します。

特別に書き下ろしたチューリップのデザイン

ボー・ベンディクセンデザインシリーズ
Tシャツ(大人用)/5,800円・(子供用)/4,800円
カバー付ノート/1,890円
ブックカバー/1,470円
エプロン/4,830円
バッグ/3,675円
ポーチ/2,940円
ティッシュケース/630円


以前の10周年の際に出たTシャツのデザインは、赤・ピンク・オレンジ・黄・赤紫のチューリップが10本1列に並び、“HUIS 10 BOSCH”というロゴが入った(ベタなシャレだな・・・・・・)ものでした。チューリップの花は開ききっていないようなデザインで、葉は描かれていませんでした。
これと同じデザインの花を配したクリアーファイルなどもありました。こちらはどういったロゴかという記憶はありませんが、花はやっぱり10本配されていたように思います。・・・・・・さすがに整列はしてませんでしたけどね。

今回は、太陽を一杯に浴びて元気に花開いたチューリップが5本、赤・黄・オレンジ・濃ピンク・紫色に咲いています。今回は群生している花という趣のデザインで、葉もしっかりと描かれています。
『PRESS』やオフィシャルHPの画像を見る限りではオリジナルのカードホルダーやボールペン・ディッシュ(皿)などもあるようですが・・・・・・。こればかりは何とも言えませんね。“画像のフライング”は「運動会ちゅーりー(ブルマー版)」の例もありますし。・・・・・・でも、もしも“サプライズグッズ”としてでも登場するのならば嬉しいですよね。

原色使いでありながら、線は割合にシンプルですのでゴテゴテした感じがあまり無いのがボー・ベンディクセン氏のデザインの特徴であると言えるでしょう。そのためでしょうか、たくさんは購入しないものの、普段使いのポーチやボールペンなど2〜3種類のグッズが常に私の手元にあります。
そう考えると、思ったよりも使いやすいものであるのかもしれません。「アニバーサリーグッズ」でなくとも面白いものは店内にたくさんありますので、この機会にこの店をのぞいてみてはいかがですか?
00:20 | 長崎 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年02月13日

ナインチェ(春のショップ情報)

せっせと更新をしなければ・・・・・・などと言いつつ、3連休は年に一度の京都行きを敢行してしまい、こちらのブログは放ったらかしになってしまいました。大変失礼致しました。

それでは、3/3(土)から始まる「チューリップ祭」に向けて「15周年アニバーサリーグッズ」から見てみましょう。
まずは、こちらをご覧ください。

『ナインチェ』1.jpg
世界最大級の品揃え! ディック・ブルーナの世界
「ナインチェ」は、ミッフィーのオランダでの愛称です。木靴とバンダナを身にまとったオリジナルミッフィーグッズをはじめ、オランダ直輸入のものなど、1,000アイテム以上という、国内最大級の品揃えを誇ります。オリジナルミッフィーを求めるために全国から問い合わせが殺到しています。
また、店内には、キッズルームもあります。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

その昔は『プリンス&プリンセス』という名で営業をしておりました、オリジナルミッフィーグッズのショップ『ナインチェ』です。
こちらは、日蘭交流400年の2000年にもオリジナルグッズを出していますが、今回のハウステンボス15周年にも“アニバーサリーグッズ”を用意しています。

15周年を記念して続々登場
アニバーサリーグッズ

ハウステンボスを愛し育ててくださったみなさまへの感謝の気持ちを込めて、この春さまざまな15周年記念グッズが登場します。

今年しか手に入らないミッフィーだよ

ミッフィーシリーズ
ぬいぐるみS/1,890円
リング/8,400円
ネックレス&ブレスレット/15,750円
イヤリング/7,350円
ストラップ/580円
ビンズ/630円
クリアーホルダー/260円
フローティングペン/630円
マグカップ/840円
ミニタオル/480円
Tシャツ(大人用)/3,360円・(子供用)/2,940円
携帯バッグ/1,370円

(ハウステンボス会員誌『HUIS TEN BOSCH PRESS Vol.67 2007』より)

『ナインチェ』ポスターカレンダーこちらは、以前ご紹介した「ミッフィーポスターカレンダー」です。
こちらのデザインをもとに、さまざまなグッズが作られています。それが、こちらの「アニバーサリーグッズ」です。

「アニバーサリーグッズ」ですから、当然販売は今年限りです。そして、どれほどの数が出るのかは定かではありませんが、この「オリジナルミッフィー」を初めとした「アニバーサリーグッズ」は数量限定とのことですので“売切御免”・・・・・・つまり、販売数が製造数に達したらあとはもう買えないのです。
値の張る「アクセサリー類」は多少長い期間販売されている(残っている)可能性がありますが、「ストラップ」「ビンズ」「マグカップ」「ミニタオル」などはお手頃価格ですのであっという間になくなってしまう可能性が否定できません(ハウステンボスはどこかのように販売数を限定しておりません。もちろんあまりにも多量に購入しようとすれば怪しまれるでしょうけど・・・・・・)。
中でも早々に売り切れるだろうと思われるのは、やはり「ぬいぐるみSサイズ」¥1,890でしょう。ハウステンボスのミッフィーは首にオレンジのバンダナを巻き、青いワンピースを着て、黄色い木靴を履いている、というのが特徴ですが、この“15周年アニバーサリー版”は、それに加えて更にチューリップの花を一輪左手に持っています。このチューリップのデザインも当然ディック・ブルーナ氏の手によるものと思われる「ポスターカレンダー」の“15”の字の中で咲いている形のものです。

詳細につきましては、オフィシャルHPにも該当の記事がありますので「アニバーサリーグッズ」の項からご覧ください。

今回の15周年には、「アニバーサリーグッズ」はもちろんのこと、「春限定グッズ」もさまざまなものが出揃い、さらに「復刻グッズ」まで出るという盛りだくさんさです。そのため、あれもこれもと目移りしてしまい、あっという間に荷物も増えてお小遣いも少なくなって・・・・・・ということにもなりかねないな、と思っています。
どうぞ、この春はぜひお財布とバッグに余裕を持ってお出かけください。私も、どのバッグを持っていくべきか今から目を白黒させているところです。
20:36 | 長崎 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 2007 春の情報

2007年02月07日

ラフレシール(春のショップ情報)

ハウステンボスが誇る「チューリップ祭」の時期に、もはや定番になりつつあるイベントがあります。その名を「スリーベリーフェア」と言います。
これは、「ストロベリー」「ブルーベリー」「ラズベリー」の3種類のベリーを使ったデザートやカクテルなどのメニューがハウステンボス内のレストランやバーやショップで様々に楽しめるという、この時期ならではの美味しいイベントです。中でも、イチゴ(ストロベリー)は、18世紀中頃のオランダで北アメリカと南アメリカの野生種が交配されて出来たものが発展したという話ですから“ハウステンボスとも縁がある果物”と言ってしまっても良さそうですね。

さて、「スリーベリーフェア」に参戦するショップは、やっぱりこの店をおいて他には無いでしょう。

『ラフレシール』前

「こんなにおいしいケーキは初めて!」というたくさんの声にお応えして専門店がグランドオープン!
ハウステンボスが誇る、チーズケーキ専門店「パティスリー」のパティシエが作り上げた究極のレシピのもと、納得の自信作がここに完成!キャラメルとチーズケーキが見事にマッチしたほろ苦い味わいを お楽しみください。

〔営業時間/9:30〜21:30〕

『ラフレシール』からは、2/10(土)〜は「ブルーベリーチーズケーキ」、3/3(土)〜は「ラズベリーチーズケーキ」が「スリーベリーフェア」の時期限定の商品として登場します。

人気の「ブルーベリー」に加え、新商品「ラズベリー」も登場。2種類のベリーを食べ比べしてみては?
※いずれの商品も数量限定ですので無くなり次第販売終了いたします。

★ブルーベリーチーズケーキ
【販売開始】2/10日(土)〜
【料  金】1,050円(12cm)
      1,680円(16cm)

★ラズベリーチーズケーキ
【販売開始】3/3日(土)〜
【料  金】1,260円(12cm)

ブルーベリーはコケモモ類に属する果物で、アメリカやカナダで人気の高いものです。特にアメリカでは「B」の字を覚えるのにBlue Berryの言葉が用いられるほど生活に浸透しているそうです。淡いけれども良い香りがあり、汁気が多く、甘酸っぱい味が食欲をそそります。
こちらで出ている「ブルーベリーチーズケーキ」は、早春の定番とも言える商品ですが、ほど良い甘さと食感を残したブルーベリーがたっぷりと乗せられていて、毎年売り切れ御礼が早々に出てしまうほどよく出ています。早春のハウステンボスをまだ訪れたことが無い私ですからこちらも食べたことはありませんが、あちこちのサイトや実際に聞いた評判からすると大変な好評を博しているという見方もあながち的外れではないように思います。

ラズベリーはキイチゴ類に属する果物で、香りが非常に良いのが特徴です。『ラフレシール』では初お目見えになりますが、あちこちのデザートとしては多く使われており、昨冬『ロード・レーウ』で戴いた「クリスマスディナー」のデザートのお皿にもアクセントとして特徴的に使われていました。
オフィシャルHPの該当ページを見ると、こちらもラズベリーの実を形を残して乗せてあるように思います。やや酸味の勝る甘酸っぱい味を、濃厚なチーズと共に食べたときを想像すると・・・・・・・待ちきれないような衝動に駆られます。

いずれも“数量限定”(いくつ販売されるのかは定かではありませんが・・・・・・)とのことですので、この時期『ラフレシール』を訪れるご予定がおありでしたら、お早目のチェックをお勧めします。
チェックを怠って売り切れ、などということになったら目も当てられませんからね。

昨年の「スリーベリーフェア」限定商品です。

2007年02月04日

笑酎まつり

いつの間にやら、20,000HIT達成!

アクセス解析を見ると、どうやら1月の晦日(末日)に20,000HITに達したらしいのですが・・・・・・。
忙しいの体調が悪いのとここのところブログを放りっぱなしだったのですが、それでもありがたいことにこちらをご覧くださる方が多かったのですね。ご訪問・閲覧をしてくださったみなさまに感謝を致します。
それにしても10,000HITを達成したのが昨年の7月末頃でしたから、ほぼ半年で10,000HITの上乗せがあるとは・・・・・・。あせあせ(飛び散る汗) ハウステンボスさんにも、もう少しオフィシャルHPでの情報発信を頑張って戴かないと、ですね。

さてさて、10,000HITの折には「ワールドビアフェスタ」のご紹介をしてみなさんとご一緒に「乾杯!」としゃれ込んでみたものです。20,000HITの今回は・・・・・・こちらで「乾杯!」といきましょうか。
(ふぅ〜、やっと本題に入った・・・・・・たらーっ(汗)

『ゼーランド』外観2

焼酎の量り売りもある、和にこだわったお店
木調の落ち着いた空間に九州の地酒・焼酎や有田焼がずらりと揃います。
中央カウンターでは、米・麦・芋・泡盛のジャンルで選りすぐったこだわりの銘柄を量り売り。なかでもハウステンボスのオリジナルはオススメの逸品です。
また、有田焼も充実しており有名窯元の作品はどれもすばらしいアイテムばかりです。その他、かまぼこ、明太子、カステラ等、九州特産品も取り扱っております。

〔営業時間/10:00〜21:30〕

“春のハウステンボス”で、昨年から始まったイベントがあります。
ハウステンボスは“大人”がゆったりと楽しめるテーマパークですから、当然お酒もかなりの種類が販売されています。その為、お酒を扱う店舗もここ『ゼーランド』の他に洋酒専門店の『ディオニソス』・スーベニールショップの『スキポール』があります。
“秋のハウステンボス”では、ヨーロッパ(オランダ)をモチーフにしたテーマパークだけあってかなり早くから「サンヴァンサン祭」というワインの試飲&販売イベントがあって好評を博してきました。しかし、それだけに九州を代表するお酒である焼酎が肩身の狭い思いをしてきたのではないかと思っていました。
そこで「秋=ワイン」ならばと考えたのでしょうか、「春=焼酎」として開催されたのが、焼酎の試飲&販売イベントである「笑酎まつり」です。これは、昨年春はスパーケンブルグにある日本酒&焼酎の専門店『ゼーランド』の周辺にテントを張って、その下にズラリと試飲の焼酎が並べられて開催されていました。この時期に場内で配布されていた『春のハウステンボスのショップで10倍楽しむ方法〜SHOP INFORMATION〜』というチラシの記載では

焼酎派のみなさま、お待たせいたしました!
笑酎まつり

秋の名物ワインテイスティングイベント『サンヴァンサン祭り』を御存知ですか?今回初めて、たくさんのご要望にお答えして、焼酎版のテイスティングイベントを開催します。
ご参加をご希望のお客様は、店頭で参加権利証『笑酎手形』¥2,000をご購入下さい。期間中50種類の焼酎をお好きなだけ試飲できます!
◆価格:笑酎手形¥2,000(お買い物割引券、ミネラルウォーター、おつまみを含む)
◆日時:平成18年3月18日(土)〜3月26日(日) 午前11時〜午後6時
◆会場:ゼーランド(スパーケンブルグ地区)

と、このように紹介されています。
それでは、今年もまたこの「笑酎まつり」が開催されると(勝手に)想定して、昨年のこのイベントがどのようなものであったかをご覧戴きましょう。


追記:ハウステンボス情報誌「HUIS TEN BOSCH PRESS Vol.67 2007」に、今年の「笑酎祭」の詳細が掲載されました!
それによると、

笑酎祭(しょうちゅうまつり)

地元長崎の蔵元を初め九州の蔵元が一堂に会して焼酎・日本酒の大試飲会を行います。試飲は無料!焼酎ファンは見逃せません。
また、開催日の15時から樽酒を振る舞いますので、日本酒党の方もぜひ来場ください。

■期間/3月16日(金)・17日(土)・18日(日)・24日(土)・25日(日)
■場所/ぜーランド店頭(スパーケンブルグ)
■料金/無料
※試飲イベントのため未成年の方は、ご参加できません。
※試飲イベントですので車を運転される方は参加をご遠慮ください。

・・・・・・となっています。
昨年の焼酎のラインナップに加えて今年は樽酒も・・・・・・。ぴかぴか(新しい)
あぁ、ますます待ち遠しい・・・・・・。るんるん



「笑酎まつり」’06 配布物まずは真っ直ぐに『ゼーランド』に入ってレジで
「笑酎手形を戴きたいんですが・・・・・・」
と申し出て¥2000を支払うと、引き換えにこれだけのもの(もうひとつミネラルウォーターの500mlペットボトル(販売価格¥200)がありますが、これはその場で飲んでしまいましたので・・・・・・)が手渡されます。
確認の為に内容をご紹介しますと、「笑酎手形」「パンフレット(焼酎リスト)」「割引券」「おつまみ引換券」(これは「割引券」に重なっていて見えにくいですね。申し訳ありません)それとリストにメモを書くときに使う鉛筆があります。これらはレジで代金を支払うと同時に渡されますので、それを持ったままですと試飲が大変にしづらい状況になります。「笑酎手形」はともかくとして、せめて他のものを入れるための手さげ袋くらいは自分で用意したいですね。

「笑酎まつり」’06 パンフレットそれでは、配布されたものを順に見てみましょう。
まず、こちらが「パンフレット」です。開くと特典の紹介と焼酎の語源の説明が記載されており、さらに開くとずらりと54種類もの焼酎のリストが掲載されています。この54種類はテント下で並んでいる「笑酎まつり」メインの焼酎のリストですが、他にもリストに無い焼酎も試飲用に用意されていましたし、もちろん店内の焼酎も通常通り試飲が出来ますので、それらも試飲の種類として加えますと、50種類では到底収まらず、実に70〜80種類にも上るのではないでしょうか。
また、裏面には《お客様へのお願い》が記載されています。今年も(開催されるのでしたら)同様の《お願い》が記載されるでしょうから、こちらは良くお読みになった方が宜しいでしょうね。

「笑酎まつり」’06 笑酎手形こちらが「笑酎手形」です。この「笑酎手形」は、ご覧の通りパスポートホルダーに入った状態で渡されます。試飲を希望する場合、この「手形」がスタッフに見えないと試飲の焼酎を用意して良いものかどうかと迷うことになりましょうから、「笑酎まつり」参加中はずっとホルダーを首にかけておいたほうが宜しいでしょう。先にお話した《お客様へのお願い》にもそのように記載されています。
また、この「手形」は、一度購入すると期間中ずっと有効ですが、紛失したときには再発行が出来ませんので当然無効です。9日間という期間ではありますが週末を2度含みましたので、今年も同様に開催されるとなると、この「手形」を失くさないようにしっかりと保管しておく必要があるでしょう。

「笑酎まつり」’06 特典こちらは「笑酎まつり特典」である「500円割引券」とおつまみの「かまぼこ引換券」です。
「500円割引券」は、「笑酎まつり」で紹介されている54銘柄の焼酎だけでなく、店内にある全ての焼酎と日本酒の購入の際に使えます(それ以外のおつまみ類・陶磁器・お茶・お菓子には使えません)ので、購入の際に使用すれば実質的なキャッシュバックになります。但し他の割引券(そんなものがあったかな・・・・・・? 恐らく何かのツアーの特典として付いてくる割引クーポンのことかな?と思いますが)との併用は出来ませんし、当然ながらおつりも出ません。が、そもそも日本酒&焼酎で¥500以下の商品は見かけなかったように思いますので、おつりの記載は「?」と思ったものですが。
「かまぼこ引換券」の「かまぼこ」は、「板付きかまぼこ」の類ではなく「揚げかまぼこ(さつま揚げ)」のことです。長崎県は大変にお魚が美味しいところですので、「揚げかまぼこ」も当然ながらとても美味しいです。魚介類そのものの旨味を少々の塩気が引き立て、それに油の香ばしい味と香りが加わると、何とも言えないほどの極上の味が口いっぱいに広がります。それを香り高い焼酎でさっぱりと清めるときの爽快感と言ったら、本当に、もう・・・・・・「天にも昇る心地」というのは正にこのことを指すのではないかと思ったものです。

今年はまだ「笑酎まつり」が開催されるとは発表されていませんが、場内ホテルバーの『シェヘラザード』で「焼酎フェア」が開催され続けているところを見ると、焼酎ファンの声は侮れないほどに大きいものではないかと思われます。そうなると、この「笑酎まつり」の開催も行なわれると期待して良いでしょう。
昨年は発熱をおしてこの「笑酎まつり」に参加をしたため、今ひとつ味がきちんと判っていなかったのではないかと思われることが返す返すも悔やまれてなりません(試飲の後ではしっかりと熱が上がっていましたし、ねぇ・・・・・・)。
今年、もしも開催されるのであれば、今年こそはしっかりと味わえるだけの体調に持っていって“私のお気に入りの1本”を是非とも見つけ出したいものだと考えています。
18:32 | 長崎 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 2007 春の情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。