2007年02月06日

MOLEN SHOP

キンデルダイクの朝

ハウステンボスにも、他のテーマパークと同様に「年間パスポート」があります。これは単なるチケットでは無く『モーレンクラブ』という会員組織になっていて、その会員として登録されることになりますので、渡される年間パスポート「モーレンカード」は『モーレンクラブ』の会員証ということになります。
この『モーレンクラブ』、1年間¥7,000(入会金を含む、更新の場合は¥6,000)・3年間¥12,000(この場合入会時・更新時共に会費は同じですが1年間¥4,000という破格の金額・・・・・・たらーっ(汗))と、同じように良く知られた“テーマパーク”よりも格段にお安くなっています。参考までに他テーマパークの年間パスポートの金額を見てみると、関東のテーマパーク(悪友「D」はここを“某大型遊園地”と呼んでいます)は¥45,000(2パーク共通のパスですと¥75,000)、関西のテーマパークは¥25,000(大型連休や盆暮れなどの除外日を設定したパスは¥18,000)です。

会員組織をとっている『モーレンクラブ』ですから、「モーレンカード」の効力は「パスポート」とは違います。もちろん「パスポート」と同様に入国フリー・対象施設の利用も可能ですが(・・・・・・と言っても現在は『Kirara』『マジックミラーメイズ』と現金対応施設については現金を支払わなければ利用出来ませんが・・・・・・)、そればかりではなく、長崎県で人気の動物園『長崎バイオパーク』の入場フリー・「わくわくポイント」(ためると様々な特典との交換が出来ます。中には人気の「ハウステンボスオリジナルミッフィーのぬいぐるみ」や「宿泊券」「レストラン利用券」などもあります)の付与・『カナルカフェ』『フィッツ』の割引・会員対象のプレゼントイベントやショップの利用など様々な特典があります。また、5年間以上継続して会員となっている永年会員は「モーレンカード」が「チューリップカード」に変わり、ショップ・レストランの割引・『ハウステンボス美術館』の無料入場という新たな特典が加わります。
このうちの“会員限定ショップ”ですが、以前にも幾度か登場したことがあります。一昨年の6月には『オーロラ』というショップが出国口を出てすぐのところに期間限定でオープンしていましたし、現在『パサージュ』にありますヨーロピアン雑貨の『ユーロ』も元をただせば“会員限定ショップ”として『ホーランドハウス』の並び(というよりも店舗の一部)にオープンしていたものです。

これは、何もあらかじめ会員になっている必要は無く、お気が向けば入場時に『モーレンクラブ』への入会手続きをとればすぐに会員向けの特典を利用することが出来ます。現在販売されているチケットを見ると「1日パスポート」が¥4,800・宿泊客用の「オフィシャルホテルリゾートパスポート」が¥5,800ですから、例えば2泊3日の行程でハウステンボスにお越しになった場合に「モーレンカード」と同様の施設や交通機関の利用をするとなると「オフィシャルホテルリゾートパスポート」¥5,800+「パスカード」¥1,600=¥7,400を支払わなければなりません。ですから、初めから『モーレンクラブ』に入会してしまった方がお得になります。この場合、さらに割引特典も利用できますから、人気の『フィッツ』のレンタサイクルを借りての場内散策などを考えておられる場合などはよりお得なご旅行が楽しめるというものです(ちなみに『フィッツ』の料金は「モーレンカード」を提示すると20%割引になります)。

さて、2月3日(土)〜28日(水)の期間、『MOLEN SHOP』という会員限定ショップがオープンしています。
こちらの情報を地元ファンのMさんより戴きましたので、ご提供戴いた画像をご覧戴きながらご紹介してみようかと思います。

ここから先は『モーレンクラブ』会員向けの情報です

2007年01月28日

ちゅーりーちゅーりー(商品情報:ぱーと4)

ハウステンボスの人気ショップ『ちゅーりーちゅーりー』にて新春に発売された「現地用福袋」に入っていた“サプライズ”NEWちゅーりー”の「チャイナちゅーりー」(ご紹介当時は「チャイナ服ちゅーりー」)の記事を書きましたところ、この「ちゅーりー」の存在をご紹介戴いた4BITさんがわざわざ『ちゅーりーちゅーりー』にてこのちゅーりーを購入し、送ってくださいました。
もう、長崎県方面には足を向けて寝られない・・・・・・。たらーっ(汗)
4BITさん、ありがとうございました!
(また、旧知のMさんもこの「ちゅーりー」の購入についてお問い合わせのメールを送ってくださいました。この場を借りて御礼申し上げます)

『ちゅーりーちゅーりー』前
チューリップのマスコットキャラクター「ちゅーりー」のグッズがアイテムをぐ〜んと増やして、ついに専門ショップになりました。
ぬいぐるみ、タオル、バック、ステーショナリー、キーホルダー等かわいいグッズがたくさん揃ってます。
パステル色のベビーちゅーりーも大人気。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

チャイナちゅーりー(長崎からの送付時)送って戴いたときの状態はこのようなものです。『ちゅーりーちゅーりー』では、こんな風に「ちゅーりー」のぬいぐるみを可愛くラッピングしてくれますので、お土産や贈り物にするときには既にラッピングしてあるものを選ぶか、購入時にお願いするとよろしいかと思います。
(私がこちらで「ちゅーりー」をご紹介するときは自分用に購入したものを写真に撮るので、これをご覧になった方は少ないかもしれませんね)
ちなみに、上のリボンは、それ自体を結んであるのではなく後ろにラッピング用のヒモ(?)を付けてあります。

チャイナちゅーりー(front)チャイナちゅーりー(back)こちらが「チャイナちゅーりー」の本体です。大きさはいつものSサイズのぬいぐるみ大、お値段は¥1890です。
いつもの「ちゅーりー」ですと、頭(花弁)に髪飾りをつけることは無いのですが、こちらは左右両側に花の髪飾りを付けるという珍しい形態になっています(ちなみに「エンジェルちゅーりー」も髪飾りを付けていますが、これは左右どちらかに付けるという形態になっています)。髪飾りは五弁の花弁、花弁の形から見ると恐らく桜の花をかたどっているのではないか、と。
衣装は真っ赤というよりも少々朱色が入った光沢のある赤色で、これに金糸で柄を刺繍してあります。また、足にも、同布で作った布靴を履いています。衣装の色合いといい、柄といい、いかにも中国風という趣を出していますね。

この「チャイナちゅーりー」、手持ちの「スモックちゅーりー」や「運動会ちゅーりー」と比べると、やや顔のピンクが濃いように思います。その為か、はたまた衣装のかもし出す雰囲気か、他の「ちゅーりー」よりもちょっと大人っぽい雰囲気を出しているように感じました。
もしかしたら、今年の「ちゅーりー」は「“濃ピンク”のちゅーりー」になるのかな・・・・・・?とも思い(一昨年は“赤”・昨年は“薄ピンク”)、これから出てくる「季節限定ちゅーりー」がますます楽しみになったものです。

2007年01月27日

バレンタイン占い

先の記事にも書きましたが、世界中のどこでも“バレンタイン”というとご夫婦や恋人たちの日、という印象があります。

お2人は心の絆で結ばれておられますが、そうなると気になるのがお2人の相性というもの。幸い、ここハウステンボスにもお2人の相性をコンピューター占いで確かめられる場所があります。聞けば、ここの占いは割と当たる確率が高いのだとか。
バレンタインにちなんで、期間限定の占いが登場していますのでご紹介します。

『天星ホール』外観

 天星館の正面に位置する天星ホールでは、生まれた場所(経度、緯度)、生年月日、生まれた時間、性別、既婚・未婚の別などのデータをインプットすると、コンピューターが自動的に処理し、約15秒で結果が分かります。
 詳しいデータをインプットすることにより、精密で、地球上で唯一無二の、自分だけの星占いを手に入れられることができるのが最大のポイントです。

〔営業時間/10:00〜18:50〕

『天星ホール』が位置するのは、現在新アミューズメント施設『グランオデッセイ』が建設されている場所の目の前です。元々ここは『天星館』という占星術(星占い:ASTROLOGY)の成り立ちやハウステンボスの星空、参加者の中から1名を選んでの占いショーを行なっていたアミューズメント施設でした。
今年3月25日(日)、ハウステンボス開業15周年企画ということで、昨夏に『ノアの劇場・エコロジア』が『Kirara』(旧 愛・地球博『三菱未来館』)に変わったように、『天星館』も『グランオデッセイ』(旧 愛・地球博『三井東芝館』)に変わります。が、割合にあちこちで話題性のある(色々なサイトで「ここの占いは当たる」とよく言われています)『天星ホール』はそのまま残るようです。

『天星ホール』で通常行なわれている占いは
・「バースデースターズ」(総合運)
・「マンスリースターズ」(2ヶ月・12ヶ月間の運勢)
・「ユアパーソナリティ」(性格占い:6項目から4項目を選ぶ)
・「ユアプロフェッショナル」(適性占い:6項目から4項目を選ぶ)
・「ラブスターズ」(相性占い:2名でのみ受付)
がありますが、毎年、バレンタインの特別企画として特別な占いが追加されます。

バレンタイン占い

カップルに嬉しい!ドキドキのバレンタイン占いがこの期間にだけ登場します。気になる彼との相性は・・・?

【期間】1/1〜2/14
【時間】10:00〜18:20
【場所】天星ホール
【料金】1,200円
※インターネットからのお申込みはこちら
※都合により予告なく占いを中止する場合がございます。予めご了承ください。

「バレンタインスター」と題された占いがそれです。
この占いは、お1人でもお2人でも出来ます。お1人の場合はご自分のデータを、お2人の場合はもちろんお2人分のデータをマークシートに記入し、そのまま数分(その場の状況により所要時間は変わりますが、30分も1時間も待つことは無いと思います)お待ち戴くとコンピューターからデータが出力され、シートに記入されたものが渡されます。
記入するデータは、お名前/生年月日/生まれた場所(県名)/生まれた時間(○時○分)/性別/未婚・既婚別です。生まれた時間が不明でも占いは出来ますが、その場合は出生日当日の日の出時間に設定されるそうです。当然ながら時間がハッキリしていた方が占いの精度はアップしますので、中にはわざわざ旅行先(ハウステンボス)からご自宅に電話をして出生時間をお聞きになった方もおられるそうですが・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)

毎年恒例になりましたこの占い、中には訪れた年に必ずこの占いをして、その年の記念になさる方もおられるとか。今年の旅行の記念に、ちょっと変わったこちらも面白いかもしれませんよ。
なお、インターネットでの申し込みも出来ますが、この場合、郵便為替か現金書留で代金と申込書(上のリンクからプリントアウト出来ます)を送ることになります。

2007年01月23日

バレンタインフェア

昨年、ハウステンボスは「恋人の聖地」に選出されました。

恋人達のイベントと言えばバレンタインデー。世界中の恋人達が誰はばかることなく愛をささやき交わす日です。元々は、ローマ帝国の戦争好きの皇帝が若者を戦場へ引き出すために結婚を禁じたのですが、それに同情した聖バレンチノ(セント・バレンタイン)が禁を破って幾組ものカップルを結婚させた(その後聖バレンチノは皇帝の怒りをかって処刑された)という故事に由来するのだそうです。命をかけて幾人もの愛を成就させた聖バレンチノの日=恋人達が愛を語り合う日として制定され、海外では恋人達がバレンタインカード(これも聖バレンチノがらみの故事があるそうですが)や花や贈り物を互いに贈り合う習慣が生まれたのだそうです。
(ちなみに“女性が男性にチョコレートを贈って愛を伝える”というのはお菓子のメーカーが仕掛けた販売促進戦略の一環で、日本以外ではとんとお目にかからない習慣です・・・・・・たらーっ(汗)

とは言え、日本のバレンタインデーと言えば、やっぱり付き物なのはチョコレート。来るバレンタインデーの贈り物を、ハウステンボスで探してみてはいかが?

『ワールドバザール』外観

世界中の雑貨や食料品がもりだくさん
大きなテントの下は、オランダをはじめ、イタリア、カナダ、インド、韓国と、様々な国の民芸品や特産物であふれています。 バザール中央にあるステージでは、楽しいイベントが開催されたり、オランダの木靴の絵付職人や、中国のてん刻師、似顔絵師など、季節によって変わる各国の職人たちによるお店が出たりと、いつも賑やかです。

〔営業時間/10:00頃〜19:00頃〕(但し季節により変動あり)

『ワールドバザール』では、バレンタインデーに向けて、世界各国のチョコレートを集めたイベントが行なわれています。

バレンタインフェア

ベルギーを始め、ドイツやロシアなど世界中のチョコレートが大集合!こだわりの味やユニークな形のものなど約250種類のチョコはどれも個性的です。あなたならどれを選ぶ?!

【期間】1/6〜2/14
【時間】10:00〜19:00
【場所】ワールドバザール


取り扱っているチョコレートの製造国は、実に19ヶ国にものぼります。チョコレートの製造地として名高いベルギーはもとより、フランス・イタリア・スイス・オーストリア・オランダなどのヨーロッパ各国や、めったにお目にかからないところではフィンランド・スロバキア・ニュージーランドなどの名前も。もちろん日本産のチョコレートもあります。
そして、今回のこのイベントでは『チョコレートハウス』以外ではお目にかかることが無かった人気商品「トリュフチョコレート」も販売されているそうです。『チョコレートハウス』では、その丁寧な工程のひとつひとつを見ることが出来ますので、こちらも合わせてご覧戴くとよろしいのではないかと思います。

価格は¥126〜¥2625。それぞれの懐や荷物に合わせて選ぶことが出来る幅広い商品展開をしています。種類も、250種以上にのぼるとのことですので、お好みに合ったチョコレートが、ここでならば探すことが出来そうですね。

このイベントをひと足先に体験してこられた方の記事を見つけました。
どうぞみなさん、こちらをご参考になさってください。

【あほまいのすみか『Information vol.2 バレンタイン』】

2007年01月20日

ハウステンボスの福袋(『メタモルフォーゼ』編)

私が購入した福袋で、最後にご紹介するのは『メタモルフォーゼ』の福袋です。
(そのほかの福袋につきましては確認できたものをリンクさせて戴きたいと思います。ご了承ください)

『メタモルフォーゼ』.jpg
モノトーンから生まれる不思議な世界
オランダのだまし絵で有名な版画家、M.C.エッシャーの専門店。
『変容』 『循環』 『無限』 といったテーマが様々なグッズに姿を変えて商品となりました。
天使・鳥・魚などのモチーフが使われたウェア・ネクタイ・キーホルダーなどの人気アイテムが勢揃いしています。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

引用文にあります通り、この『メタモルフォーゼ』というショップは、オランダ北部フリースラント州のレーワールデンに誕生した版画家マウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898〜1972)の作品を様々な商品にして販売しているショップです。元々はアミューズメント施設『ミステリアスエッシャー』の目の前にあったショップなのですが、グッズの数をひとつふたつと増やしているうちにあまりにも手狭になり(何せすれ違いすら出来ないくらい狭かったのですから)、現在はハウステンボスの中心部であるビネンスタッドの『デザイナーズストリート』の一画に居を構えています。
ここで販売されている品々は、全てハウステンボスオリジナルの商品です。ハウステンボスは、日本でも有数のエッシャー・コレクションを所持している(その数およそ180点)のに加え、上記のアミューズメント施設『ミステリアスエッシャー』ではエッシャーの作品を3D映像にして放映しているので、日本における著作権代理人となっています。その為、ハウステンボスはエッシャーの作品をデザインに取り入れたオリジナルグッズを制作・販売することが出来ますので、『メタモルフォーゼ』のレシートには
「国内唯一のエッシャーオフィシャルショップ」
と印字されています。
なお、店名の『メタモルフォーゼ』は、エッシャーの作品から取った名前です。作品の「メタモルフォーゼ(変容)」にはT・U・VのVパターンがあり、良く知られているのはUのパターンです。これは、ショップの『メタモルフォーゼ』でも襟付きTシャツにデザインされていますので、ご覧になったことがある方も多数いらっしゃるのではないかと思います。

さて、その『メタモルフォーゼ』の福袋の内容を見てみましょう。

『メタモルフォーゼ』3000円福袋内容こちらが『メタモルフォーゼ』の¥3000の福袋の中身です。
こちらのショップで取り扱っている商品は、実に種類が豊富です。よく手に取られ、購入されているのはTシャツが多いのですが(かく言う私もTシャツをまとめ買いしていくことが多いのですが)、他にもネクタイ・キーホルダー・貯金箱(“お金が消える”アートバンク)・バッグ類・ステーショナリー(文房具)各種・図録・タオル類・ジグソーパズル・マグカップ・・・・・・ここで挙げていても限がありませんので、どうぞ実際に『メタモルフォーゼ』に足を運んで商品をご覧になってみてください。

蓄光Tシャツパズル先ずはこちらをご覧ください。
左が、『メタモルフォーゼ』の福袋のメイン商品(?)である「Tシャツ」です。こちらのTシャツは、白と黒のモノトーンでデザインされています。作品をフロントプリントまたはバックプリントでドーンと見せるだけのシンプルさですが、エッシャーの作品にはこのようなデザインがよく似合います。ちなみに、白地のTシャツは日光に当たるとカラフルな色が浮き出る「変色Tシャツ」、黒地のTシャツは光を溜めて暗闇でポオッと光る「蓄光Tシャツ」が多いです。ちなみに私の福袋に入っていたTシャツは「花」という作品がバックプリントされた蓄光Tシャツです。
右が、「パズル」です。これは、あちこちでよく見かけます“自分で絵をバラバラに組み替えて元に戻す”タイプのものですね。私は面倒なのでこのまま鑑賞用にしているのですが・・・・・・。ちなみに、こちらで使われている作品は、正多面体を組み合わせた図形を様々に配した「星」です。

アートバンクハンカチタオルウエストポーチ





次にこちらをご覧ください。
左が“入れたお金が消える”(ように見える)「アートバンク」です。正面から見ると、エッシャーの作品が配された中にキューブ型のオブジェが浮かんで見える様は“アート”と言う名に相応しく見えます。実際は鏡を組み合わせ、このように見えるように作ってあるのでしょうが、エッシャーの作品がまるで無限に繋がっているように見えて私は好きです。使われている作品は、“騙し絵”と呼ばれる絵のひとつであり、アミューズメント『ミステリアスエッシャー』でもメインホールに至るまでの道筋に実体化されていてその絵の空間を楽しむことが出来るもののひとつでもある「相対性」です。
中が、「ハンカチタオル」です。『メタモルフォーゼ』のハンカチタオルは、手触り・吸水性共に非常に優れたもので、デザイン云々を抜きにしても手放せない商品です。かつての私はこのハンカチタオルの便利さに、1度に4〜5枚を買い込んでこればかり使っていたこともありました。使われている作品は、エッシャーの作品のカテゴリー“正則分割”のひとつである「魚」。“正則分割”というのは、ある一定の法則に基づいて、ある図形が同じ形のものによって分割されるという定義です。元々エッシャーがこれを見たのはイタリアのアルハンブラ宮殿(イスラム建築)のタイルに刻まれていた無味乾燥な幾何学模様であったそうなのですが、これを「はっきり認識できる形」にし、アートにまで昇華させたことだけでもエッシャーの非凡性がありありと見えてくることでしょう。
右が、「ウエストポーチ」です。『メタモルフォーゼ』の商品は、ゴテゴテしていないシンプルな見せ方で作品を取り入れていますし、色合いも派手さが全く無いので、どちらかと言うと男性が好んで使用しているように思えます。こちらで使われている作品は、“正則分割”のひとつである「タツノオトシゴ」です。この「タツノオトシゴ」は、初期の頃の『メタモルフォーゼ』がグッズのデザインに好んで使用していましたので、今でも「コインケース」などの小物に多く使われています。

エッシャーファンにとっては垂涎の商品が所狭しと並んでいる『メタモルフォーゼ』の福袋、意外に日常生活で使える商品が多いので重宝しそうです。
・・・・・・が、今回の福袋の商品は悪友の元に引き取られてしまいましたので私の手元には残らず寂しい限りです・・・・・・。

多分お気づきのことと思いますが

2007年01月14日

ハウステンボスの福袋(『トラベルマンコレクション』編)

お次の福袋は、『トラベルマンコレクション』です。

トラベルマンコレクション
ハウステンボスで誕生した謎の男トラベルマン!?
「トラベルマン」はハウステンボスのスタッフがデザインし、商品開発したキャラクター。
デビュー当初は名前もなかった一つのデザインでしたが、じわじわと人気が出て現在ではハウステンボスを代表する人気キャラクターのひとつとして大活躍中です。
特に地球儀シリーズのTシャツ・雑貨は人気です。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

この「トラベルマン」が初登場したのは、確か2003年(ですから4年前)のことだったと思います。当時このキャラクターのグッズを取り扱っていたのは、Tシャツ&ファッションアイテム専門店だった頃の『シーブリーズ』で、この「トラベルマン」もTシャツ・キャップ・トートバッグなどに付けられ、オランダ直輸入のTシャツたちの片隅でひっそりと売られていたのを思い出します。・・・・・・それがこうやって1店舗を構えて様々なアイテムも登場するとは・・・・・・それほどまでに人気が出るとは、わからないものですね。

思い出話はさておいて、福袋のご紹介に参りましょう。

『トラベルマンコレクション』3000円福袋内容これが¥3000の福袋の内容です。
『デザイナーズストリート』の3店舗(『ボー・ベンディクセンコレクション』『トラベルマンコレクション』『メタモルフォーゼ』)の福袋には、もれなくその店舗のTシャツが入れられています。もちろん(現地での購入は別として)Tシャツのデザインなど確かめる術はありませんが、商品の性質上サイズはS・M・Lから指定して購入することになります。
今回の福袋はLサイズのTシャツを指定して購入したものですが、私が普段着ているサイズはXLサイズのものですので、残念ながら夏に外へ着て歩くには少々小さいのです。・・・・・・とは言え、ここのTシャツのサイズは割合に余裕があるので着られないことはありませんから、冬場の下着代わりにでもしようかな、と思っています。今回入っていたものは、グレー地で、バックプリントに「go around the world」というメッセージが入ったものです。

B5版ノートフェイスタオルマグカップとスプーンセットそのほかの商品は、まずこちらから。
左が「トラベルマン」がデザインされた「B5版のノート」です。『デザイナーズストリート』の各店舗では、衣料品ばかりでなくこのような筆記用具や時計などの身の回り品、生活用品など様々なものが販売されています。その中でも『トラベルマンコレクション』の商品はデザインがシンプルでイヤミがないので、私も、様々な場面で使用しています。ノートは・・・・・・そろそろ本格的にレポートを再開しようと言う頃ですから、3月からのメモにはこちらを使ってみましょうか・・・・・・?(ちょっと大きいのですが)
中が「フェイスタオル」(普通サイズのタオル)です。このタオルは、普段使いはもちろんのこと、暑い盛りの夏に帰国することが多い私にとっては必需品でした。・・・・・・というのも、汗っかきですから汗を拭くのにハンドタオル(おしぼりタオル)程度では間に合いませんし、あまりにも汗をかくときに日焼け止めなど塗ってはそれでかぶれてしまうので首の後ろに日焼けを防ぐ為に毎度毎度首にタオルをかけて(巻いて?)歩いていましたし・・・・・・。
右が「マグカップ・スプーンセット」です。人気の「視力検査」シリーズのひとつで、スプーンが視力検査のときに使う目隠しと同じ形になっています。実は朝食はパン食が多い我が家(ひとりですけど)、このマグカップは毎朝飲むスープ用に大変重宝しています。

ハンカチサイズタオルコインケース次はこちらをご覧ください。
左が「ハンカチサイズタオル」(タオルハンカチ)です。タオルハンカチは、他の生地のハンカチと比べて吸水性が良いので常用していますが(余談ではありますが、かの“ハンカチ王子”早実高の斎藤投手が使用していたのも青の“タオルハンカチ”でしたっけね)、これもハウステンボス製品は手触りが良く、お勧めです。
右が「コインケース」です。派手な色使いではなく、大きさも直径が10cm強と大きめですので、小さくて硬貨が入らないなどという心配は無さそうです。それなりに使えそうなので良いですね。

『トラベルマンコレクション』が開店したのは3年前の2004年8月8日。
オープニング以来、その使い勝手の良さとデザインのイヤミの無さに惹かれて度々・・・・・・と言うよりも帰国する度に毎回・・・・・・この店舗の商品を購入し、その都度利用してきました。
その為か、オープニングの日に作ったスタンプカード(¥1000毎にひとつスタンプを押して貰えます)も早5〜6冊目に突入してしまいました。店員さんもすっかり私を覚えてくださっているようで、最近では
「いらっしゃいませ」
ではなく
「いつもありがとうございます」
と声を掛けてくださることが度々・・・・・・。
そうそう、このスタンプカードのスタンプは『デザイナーズストリート』の3店舗全てで押して貰え、スタンプが貯まると3店舗のどれかの商品(貯まった店舗のものでなくても可)を貰うことが出来ます。年末に、実はスタンプが貯まったカードがあるのですが、年明けからプレゼントの商品のリストが変わるということでしたので、1冊保留してあるカードがあります。次回の帰国で交換させて貰うことになっているのですが、どういう商品が登場しているのか、これも楽しみのひとつになっています。

2007年01月11日

ハウステンボスの福袋(『ちゅーりーちゅーりー』編)

続きましてご紹介するのは、ハウステンボスのイチ押しキャラクター「ちゅーりー」グッズのショップ、『ちゅーりーちゅーりー』の福袋です。

『ちゅーりーちゅーりー』前
チューリップのマスコットキャラクター「ちゅーりー」のグッズがアイテムをぐ〜んと増やして、ついに専門ショップになりました。
ぬいぐるみ、タオル、バック、ステーショナリー、キーホルダー等かわいいグッズがたくさん揃ってます。
パステル色のベビーちゅーりーも大人気。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

淡ピンクちゅーりーこのブログでは、ハウステンボスのショップ情報を中心に取り上げています。その中でも、よく検索に引っ掛かるのが「ちゅーりー」です。
写真は場内のあちこちに出没する「ちゅーりー」のうちのひとりです。この「ちゅーりー」は、赤・黄・オレンジ・濃ピンク・淡ピンクの5人がいるのですが、それぞれ性格も違うようでして、それぞれのリアクションや仕草が場内のお子さんから女性から男性まで幅広い層を楽しませてくれます。
そして、『ちゅーりーちゅーりー』は、2年前の3月にオープンしたショップですが、今に至るまで様々なグッズを販売し、好評を得ているようです。

『ちゅーりーちゅーりー』3000円福袋内容これが、『ちゅーりーちゅーりー』の福袋の中身(だろうと思われるグッズ)です。ここ『ちゅーりーちゅーりー』では、ぬいぐるみや小物を主に販売しているようですが、それだけではなくお菓子やらティーカップ・タオルなどの生活用品・そして子ども用にはTシャツなども取り扱っています。このあたり、テディベアショップの『リンダ』と似たような商品展開ですね。






エンジェルちゅーりー(S)オランダちゅーりー(カーテンホルダー)まずはこちらからご覧ください。
左が、この冬の限定商品「エンジェルちゅーりー」です。これは、Mサイズ・Sサイズ・お手玉サイズの3タイプが販売されているのですが、今回の福袋に入っていたのはスタンダードサイズのSサイズです。「エンジェルちゅーりー」は、他のカラフルな「ちゅーりー」のぬいぐるみと違って背中に羽を背負い、真っ白な肌色で、目には星が入っていて豊かな表情を見せてくれます。数年前から毎年販売されているお馴染みの商品ですが、毎年モデルチェンジをしますのでその時々でモデルがどういうものなのかを見る楽しみがあります。今年のものは、画像でご紹介しております通り胸に大きなハートを抱えているタイプのものです。
右が、「オランダちゅーりー」のカーテンホルダーです。このように、単なるぬいぐるみではなく何某かの機能を併せ持つものが割合に多いのも「ちゅーりー」の特徴です。以前にも「カーテンホルダー」は『ランガダイク』で購入したのですが、私が持っているものは4年程前のワンピースを着ているタイプのものでした。「オランダちゅーりー」にもぬいぐるみタイプのものがあり、これはあちこちのガイドブックにお土産の定番としてご紹介されています。

トートバッグふわふわタオル歯みがきセット次はこちらをご覧ください。
左が、昨年の夏に新商品として発売された「トートバッグ」です。この商品は、オフィシャルHPなどで大々的に紹介されてはいないのでご存じない方も多いようですが、割合に生地がしっかりとしていますので、それなりに使い道があるのではないかと思います。姉妹品としてポーチ(大・小)があります。
中が、やはり昨年夏に新商品として発売された「ちゅーりーふわふわタオル」です。ハンドタオル(おしぼりタオル)サイズのタオルで、無繊糸を使って作られたこのタオルは手触りが非常に良く、お子さんのデリケートな肌にこそこのタオルを使って欲しいと思われるものです。(余談ではありますが、この生地でフェイスタオル(普通のタオル)サイズのものが販売されたら良いなぁ・・・・・・と、発売当初から思っています。夏の暑い暑い時期に日除けとして首に巻くのも、ごわごわしている他のタオルよりも肌触りが良いこちらの方が快適だし、使い道も更に広がるだろうな、と)
右が、昨年春に新商品として発売された「歯みがきセット」です。歯ブラシ・ちゅーりーの歯ブラシホルダー・ちゅーりー柄のプラスチックのコップという内容になっています。これも、先にご紹介した「トートバッグ」のように大々的に告知されていない商品ですが、ベビーちゅーりーの柄があちこちに配された可愛いコップです。ベビーちゅーりーは他に黄色と水色がありますが、この「歯みがきセット」は、どの色もカバーしておいてあるようです。

ちゅーりーゴーフレット最後にこちらをご覧ください。
「ストロベリーゴーフレット」です。『ちゅーりーちゅーりー』で扱っているお菓子には他にもキャンディーやクッキーがあります。こちらのゴーフレットは、どなたにも好かれるストロベリー味のクリームが挟まっており、大きさも手頃な為か、ここ『ちゅーりーちゅーりー』のみならずスウィーツショップの『ハンスブリンカー』や各スーベニールショップにももれなく置いてあり、それぞれで手に取る方が多いように見受けられます。

この福袋は非常に人気が高かったようで、サイトでもなかなか購入のページに行けない→購入できないという方も多かったようです。私も、携帯からではありますが、何度かアクセスした後にようやく購入ページにたどり着き、ゲット出来たものでした。1種類5ヶ限定という数ではやむをえなかったとは思いますが・・・・・・。
福袋を購入して後に、「ハウステンボスショッピングモール」の担当の方よりサイトの混乱のお詫びのメールを戴きました。その中で、来年はもう少し数を増やして混乱を避けるようにしたい、との旨の記載がありました。その通り、次回にはもう少し多くの数量の販売をして戴いて、少しでも多くの方の手に届くようにして戴きたいと思ったものです。

2007年01月10日

ハウステンボスの福袋(『リンダ』編)

続きましてご紹介するのは、テディベアショップ『リンダ』の福袋です。

『リンダ』店外.jpg
どのコも連れて帰りたくなるテディベア専門店
店名は、テディベア研究の第一人者で、テディベアキングダムの名誉館長でもあるリンダ・マリンズさんからいただいたもの。1997年10月10日にナイアンローデ城横にオープンした『テディベアキングダム』のミュージアムショップです。
季節ごとに、オリジナル限定ベアが登場します。

〔営業時間/9:00〜21:30〕

『リンダ』には、その名の通り様々なテディベア(有名メーカーの品々からオリジナルのものまで)も販売していますが、そればかりではなく、テディベアの名を冠するお菓子から生活用品の数々まで様々なものが販売されています。
今回の福袋でその“生活用品”が何かあれば良いな、と思って注文してみましたが・・・・・・。

『リンダ』3000円福袋

これが、通販で購入した『リンダ』の福袋¥3000の内容です。
通常は、下に敷かれている『リンダ』専用の袋(懐かしのメインキャラクター「ビリー王子」がデザインされています)に入っているようです。
・・・・・・この画像で見ると、ひときわ目を引くベアの他のグッズがミニチュアモデルのようにも見えますが、実際は、このベアが大きすぎるのです。
その話はまた後程。

ジャンボベア干支ベア(ブラウン)ベアキーホルダーまずは、「テディベア」3種をご覧戴きましょう。
左が、先程お話致しました「ジャンボベア」(実際はMサイズのベア)です。
これは、本当に大きなベアです。高さは70〜80cmもあるでしょうか?私の膝に座らせると、頭があごのあたりまで来ます。首に巻いているゴールドのリボンには「HUIS TEN BOSCH」というロゴが書いてあります。手触りは非常に良く、ふわふわで、なめらかで・・・・・・と、テディベア好きの方にはたまらないベアだと思います。が、私の部屋は狭いので、普段はベンチ(兼物入れ)に座らせ、邪魔になるとベッドで寝かせ、それでも邪魔だと椅子に座らせ・・・・・・と、“部屋の中の流浪熊(ボヘミアン)”(笑)になっております。
中が、昨年末〜今年初めにかけて販売され、好評を博した「干支ベア(ブラウン)」です。これは、昨年末にも記事でご紹介しましたが、その後の売れ行きが大変好調で、私が見たときには『リンダ』『スキポール』の両店舗にて陳列されていたものの、年始に場内を訪れた方の中には既に売り切れて見ることすら無かった、と仰る方もいらしたほどです。顔の表情は以前のこちらのベアの特徴である“鼻の尖った無表情”で、実は私自身の好みから言うとこちらの方が昨年のお手玉ベアの顔よりも好きだったり・・・・・・。あせあせ(飛び散る汗)
右が、「ベアキーホルダー」です。これは手のひらに乗るほどに小さいサイズのベアで、このベアも「ジャンボベア」同様に首に「HUIS TEN BOSCH」と書かれたリボンを巻いています。

テディズメープルケーキバンダナベアクランチチョコレートテディベアクッキー続きましてはお菓子類です。
左が、『リンダ』のお菓子類の中では1・2を争う人気商品の「メープルケーキ」です。これは、ベアの大好物のハチミツとかけた商品ではないかと思われます。普通の饅頭程度の大きさで、しっとりとしたケーキ生地の中にメープルシロップを染み込ませたあんが入っていて、濃厚なメープルシロップの味と香りが後を引く味です。クリームと違って後々までベタベタしない甘さですし、1箱15ヶ入りで大きさも手頃なので、職場や仲間内へのお土産によろしいのではないかと思われます。
中が「バンダナベアクランチチョコレート」です。昨年の初夏に新しく『リンダ』の定番商品の仲間入りをした「バンダナベア」の商品のひとつで、円筒形の缶にクランチチョコレートが入っています。これは、それほど大きいものではありませんので、お子さんやお友達へのお土産に最適ではないか、と。
右が、「テディベアクッキー」です。立方体の缶にはテディベアがこれでもかと言うほどデザインされており、中にはテディベアの形をしたクッキーがぎっしりと詰まっています。味は“ミルクテイスト”とのことですので、優しいあっさりとした味ではないか、と。香りもふわっとしたミルクの香りですので、小さいお子さんのおやつにもよろしいのではないかと思います。

バンダナベアハンドタオル最後にご紹介する“テディベアグッズ”は、やはりこの類でした。
「バンダナベアハンドタオル」です。先にお菓子のところでもご紹介しましたが、「バンダナベア」は、昨年からのここ『リンダ』のイチ押しの商品ではないかと思われます。・・・・・・というのも、昨年の季節のお手玉ベアは全てこの「バンダナベア」(これ自体ももちろんぬいぐるみがあります)の顔にそっくりですし、「バンダナベア」のぬいぐるみ専用に着せ替え用の衣装も数多く用意してあるのです。それに、「バンダナベア」は、ぬいぐるみばかりでなく、このようにお菓子やタオル類、手帳などの様々な商品展開をしているのです。

何のかのといっても、ここ『リンダ』は人気の店舗のひとつであることに変わりはありません。これは、入国口〜ナイアンローデ城を通り抜けるとすぐにあるという立地にも大いに影響があるとは思いますが、それよりも様々な商品を並べてあり、また、季節の商品開発に余念が無いという熱心さもあることでしょう。
今年の『リンダ』の商品も、また、大いに注目したいものです。

2007年01月08日

ハウステンボスの福袋(お菓子編)

カウントダウンになど到底行くことが出来ない私、昨年まではただ指をくわえてみているだけでしたが、今年は通販サイト『ハウステンボスショッピングモール』にて販売されることを知り、売り出し開始の12/31 18:00〜、携帯の画面から必死になってアクセスし、このほど5種類を購入することが出来ました。
何を購入したかって・・・・・・「ハウステンボスの福袋」です。

今回購入したのは
・お菓子の詰め合わせ
・『リンダ』のベアグッズ
・『ちゅーりーちゅーりー』のちゅーりーグッズ
・『トラベルマンコレクション』の「TシャツLサイズ」を含むグッズ
・『メタモルフォーゼ』の「TシャツLサイズ」を含むグッズ
の5種類です。

福袋配送時福袋が配送されるときには、“福袋”に入った状態で配送されるのではなく、グッズが箱に詰められ、袋は別に添えられて配送されます。
ご覧戴いている画像は、今日の9:00頃にヤマト運輸の宅急便(ハウステンボスのオフィシャルスポンサー)にて配送された“福袋”です。

「お菓子詰め合わせ」3000円福袋そして、これが(恐らく)今回ご紹介する「お菓子詰め合わせセット」の福袋の中身です。
箱には様々なグッズがぎっしりと詰められていたのですが、どれが何、と書かれたものはありませんでしたので当てずっぽうではありますが、とりあえずお菓子類で他のカテゴリーには入らないだろうと思われるもの(例外がひとつだけありますが、それはまた後で)がこのセットに含まれるだろうと思いますので、こちらでご紹介させて戴きます。



カステラ(ザラメ)さくさくクッキーちゅーりーゴーフレットまずはこちら。左から「カステラ(ザラメ)」「クッキー」「ちゅーりーゴーフレット」です。
「カステラ」は、言わずと知れた長崎銘菓ですから、こういうものに入っていても不思議はないと思います。実際、通販サイトの画像にもカステラだけはハッキリと写っていましたしね。今回、私の福袋に入っていたのはハウステンボスオリジナルの「千年の森」の1号のもの、味はプレーンの「ザラメ」です。
「クッキー」は、『ハンスブリンカー』を始め、各スーベニールショップにも置いてある・・・・・・確か商品名は「エイトスマーケイク」だったと思います。サクサクした歯応えでシンプルな味のクッキーです。
そして・・・・・・“カテゴリー分けの例外”が、「ちゅーりーゴーフレット」です。これは本来『ちゅーりーちゅーりー』の商品ですが、各スーベニールショップや『ハンスブリンカー』にも当然置いてありますし、実は今回の“福袋詰め合わせ”の中に2つも入っていましたので、恐らくひとつが『ちゅーりーちゅーりー』の商品、もうひとつが「お菓子詰め合わせセット」の商品かな?と、今回こちらでもご紹介させて戴きました。

ベア型グミキャンディドゥモールン(ストロベリー)ピクチャーチョコレート





次にこちら。「ベア型グミキャンディ」「ドゥモールン(ストロベリー味)」「ピクチャーチョコレート」です。
「グミキャンディ」は、どちらかというと“量り売りの商品”というイメージが強いです。『ハンスブリンカー』『ドロピエ』の2店舗でキャンディの量り売りを行なっているのですが、どちらの店舗でもグミキャンディは量り売りの対象になっています。
「ドゥモールン」は、コーンフレークに練乳とストロベリーもしくはバナナ味のチョコレートをかけて短い棒状に固めたお菓子です。これも『ハンスブリンカー』と各スーベニールショップで購入できますが、それよりも『ランガダイク』の定番商品として知られているようです。
「ピクチャーチョコレート」は、『チョコレートハウス』『ハンスブリンカー』と各スーベニールショップで購入できます。ハウステンボスのチョコレートは割合に評判が良く、私も職場へのお土産は大抵これですが、みなさんに喜んで戴けるし、幾度持って行っても嫌な顔をされたことがありません。それどころか、
「今度ハウステンボスには何時行くの?お土産は“高級チョコレート”(「ピクチャーチョコレート」のこと)ね!」
と念を押されることすらあるくらいです。

今回のお菓子類は、甘いものは得意ではない私ですので、「D」と手分けして職場へ持って行くことにしました。が、カステラだけはありがた〜く自分で食べることにします。(甘いモノ嫌いではありますが、長崎のカステラだけは例外で喜んで食べますからね・・・・・・私も「D」も)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。