2007年01月07日

リンダ(秋のショップ情報:ぱーと2)

秋の情報はこれが最後、テディベアショップ『リンダ』の「秋限定お手玉ベア」です。

『リンダ』店外.jpg
どのコも連れて帰りたくなるテディベア専門店
店名は、テディベア研究の第一人者で、テディベアキングダムの名誉館長でもあるリンダ・マリンズさんからいただいたもの。1997年10月10日にナイアンローデ城横にオープンした『テディベアキングダム』のミュージアムショップです。
季節ごとに、オリジナル限定ベアが登場します。

〔営業時間/9:00〜21:30〕

昨秋登場していたのは「栗・柿のお手玉ベア」各¥1000でした。どちらもそれぞれに凝っていて、年甲斐も無くすっかり楽しんでしまったものです。

秋のフルーツでおめかししたお手玉ベア。

(ハウステンボス会員誌「HUIS TEN BOSCH PRESS」より)

まずご紹介するのは「産地直送 柿ベア」です。

『リンダ』柿ベア(箱)「柿ベア」は、このような段ボール箱に入れられていたようです。が、私が購入したのは「柿・栗セット」¥1100ですので、この段ボール箱はたたまれた状態で包装されていました。


『リンダ』柿ベア『リンダ』柿ベア(被り物無し)そして、これが「産地直送 柿ベア」です。
ご覧の通りの柿色のベアで、中間色が多い『リンダ』のベアの中にあって珍しく原色に近いような色使いになっています。顔は、渋柿をかじったようなしかめっ面。いつも無表情もしくはニコニコ笑った顔しか無かった『リンダ』のベアの中にあって、画期的な表情と言ってしまってもよろしいでしょうね。
被り物を取ると(表情と体色を別とすると)存外普通のベアです。お手玉特有の柔らかい体ではありますが、ちょこんと座らせることも出来ます。

続いて「特選 天津甘熊」です。

『リンダ』天津甘熊(パッケージ)これが、大笑いしてしまった「特選 天津甘熊」のパッケージです。遠目でちょっと見たところでは、もしかしたら“ホンモノの「天津甘栗」”の袋と見紛うこともあるかもしれませんね。
この袋には、あちこちに「あまくま」の顔が配されていて、パッケージの下部には「むいてくりー!」「たべないでくりー!」というメッセージまで書かれています。


『リンダ』天津甘熊(パッケージ裏)こちらは、パッケージの裏面です。
まずご覧頂きたいのが一番上に書かれている「あまくまのお洋服のぬがせかた」です。イラスト入りで書いてあるのですが、この「イガイガパンツをぬぐと・・・。」のところで「よいしょ よいしょ」と書かれているところが芸が細かい・・・・・・実際、この“イガイガパンツ”は意外に脱がせるのも着せるのもきついですからね。

『リンダ』天津甘熊『リンダ』天津甘熊(衣装無し)で、これが「特選 天津甘熊」です。
頭の被り物が栗の形をしていて、胴に着ているのがイガ(イガイガパンツ)です。イガは腕と足を両方通すようになっています。そして、表情は昨年のベアの特徴の笑い顔なのですが・・・・・脱がせた「あまくま」のお腹にご注目ください。「KURI」と書かれているのがご覧戴けるでしょうか?大概のことには動じない(と思い込んでいる)私ですが、これには思わず笑いこけてしまいました。

オフィシャルHPやモーレン会員誌で写真を見た限りでは「産地直送 柿ベア」の方に興味があったのですが、意外や意外、購入した後にしっかり楽しんでしまったのは「特選 天津甘熊」の方でした。こういう細かいディテールに拘った行過ぎぬギャグのセンスはハウステンボスならでは、なのでしょうか?今まではこういう遊び心はあまり見られなかったようですが・・・・・・。
また、今年にも大いに期待したいものですね。今度はどんなベアがでるのでしょうか?
17:25 | 長崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 秋の情報

2007年01月06日

ちゅーりーちゅーりー(秋のショップ情報:ぱーと2)

「何故に今さら秋の情報?」
と仰るだろうな、とは思います。が、文章だけご紹介して折角の画像をご紹介しないのも・・・・・・・と思いましたので、『ハウステンボスショッピングモール』でようやくゲットした福袋(それも行けないからって5ヶも・・・・・・こんなに買い込む阿呆がいるから他の方が買えないんだよなぁ・・・・・・ふらふら)が届くまでの間、お付き合いください。

『ちゅーりーちゅーりー』前
チューリップのマスコットキャラクター「ちゅーりー」のグッズがアイテムをぐ〜んと増やして、ついに専門ショップになりました。
ぬいぐるみ、タオル、バック、ステーショナリー、キーホルダー等かわいいグッズがたくさん揃ってます。
パステル色のベビーちゅーりーも大人気。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

『ちゅーりーちゅーりー』の秋限定商品、「運動会ちゅーりー」です。

この秋限定!人気のちゅーりーがかわいい体操服姿となって登場します。

9/16(土)〜11/2(木)までの期間限定で販売されましたこの「運動会ちゅーりー」、現地のハウステンボスファンの方にお願いをして購入をして戴きました。そのお蔭で私の手元にこれらが届き、こうしてみなさんにもご紹介できることとなりました。心より御礼申し上げます。

さて、この「運動会ちゅーりー」ですが、2種類の大きさと2種類の持ち物(?)があります。
今回はその2種類をそれぞれご紹介いたします。

『ちゅーりーちゅーりー』運動会ちゅーりー:ハタ坊や『ちゅーりーちゅーりー』運動会ちゅーりー:ハタ坊や(帽子無し)
まずご紹介するのは、通常のぬいぐるみサイズ(「エンジェルちゅーりー」ですとSサイズ)の「運動会ちゅーりー:ハタ坊や」です。
他のちゅーりーのぬいぐるみは安定感を出す為に座位を取るのが普通なのですが、これは立位をとっています。ちゅーりーは頭が結構重いですからこのままではコロコロ転がってしまうかな・・・・・・?と思いきや、これだけでしっかりと立っていましたので、重心をきちんと考えて作られているものと思われます。
この「運動会ちゅーりー」は、左の写真のように紅白帽子を被っています。帽子にはおしべを出す穴がちゃんとついており、着脱も出来るようになっていますので、そのときの気分によって「あかぐみさん」にも「しろぐみさん」にも出来ます。胸のゼッケンもキュートですよね。
お値段は、通常のちゅーりー(オランダ娘やデニムの服)の同サイズのぬいぐるみと同じ、¥1890です。

『ちゅーりーちゅーりー』運動会ちゅーりー:バトン坊や『ちゅーりーちゅーりー』運動会ちゅーりー:バトン坊や(帽子無し)次にご紹介するのは、お手玉サイズの「運動会ちゅーりー:バトン坊や」です。
これはぬいぐるみサイズのちゅーりーとは違い、同じ立位ですが自分で立つことは出来ませんので、背中にペットボトルを置いて寄りかからせた状態で写真を撮りました。
お手玉サイズのちゅーりーも、ぬいぐるみのちゅーりーと同様に帽子の着脱は可能ですので、こちらも「あかぐみさん」「しろぐみさん」の変更が出来ます。胸のゼッケンは名札になっていますので、好きな名前をつけて楽しんでも、自分の名前を書いて目印にしても、よろしいのではないかと思います。
お値段は、¥840です。

この「運動会ちゅーりー」ですが、ぬいぐるみサイズのものにもバトンを持ったちゅーりーはありましたし、お手玉サイズのものにも旗を持ったものもありました。ですので、お買い求めになられた方はご自身のお好みに合わせてこれらのちゅーりーを連れ帰ったことでしょうね。

『ちゅーりーちゅーりー』光るピンバッジそれから、これは番外編ですが、「光の街」の時期に売り出されていた(のですが何時からあったのかが定かではないあせあせ(飛び散る汗))「光るピンバッジ」¥500です。
写真ではご覧戴けないのが残念ですが、これは、ちゅーりーの脇に星が2〜3ヶあり、これが交互にピカピカ光るようになっています。これは、お子さん達が喜びそうな商品ですね。

前にも申し上げましたが
21:14 | 長崎 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 秋の情報

2006年09月25日

ラフレシール(秋のショップ情報:ぱーと2)

以前記事にしました『ラフレシール』の“季節限定商品”、焦がれに焦がれた挙句、通販では限定100個とは知りつつも、とうとう“公式通販サイト”で購入してしまいました。たらーっ(汗)

『ラフレシール』前

「こんなにおいしいケーキは初めて!」というたくさんの声にお応えして専門店がグランドオープン!
ハウステンボスが誇る、チーズケーキ専門店「パティスリー」のパティシエが作り上げた究極のレシピのもと、納得の自信作がここに完成!キャラメルとチーズケーキが見事にマッチしたほろ苦い味わいを お楽しみください。

〔営業時間/9:30〜21:30〕

『ハウステンボスショッピングモール』を経由して購入した“季節のチーズケーキ”は、もちろんこの「りんご風味のチーズケーキ」12cm¥1050・16cm¥1680です。

リンゴの果肉をゴロゴロッとトッピングした秋季限定チーズケーキ。

(ハウステンボス会員誌「HUIS TEN BOSCH PRESS」より)

『ラフレシール』りんご風味切り口

どうです?この切り口。
美味しそうでしょ?
・・・・・・ちなみに、切り口のところに見えるりんごは上に乗せていたものが落ちてきただけです。実際にはりんごが埋まっているわけではありませんので悪しからず。

『ラフレシール』ショッピングモール外装これは、公式通販サイト『ハウステンボスショッピングモール』でこのケーキ(に限らず全てのチーズケーキに使われると思いますが)を頼んだときに送られてくる箱です。この箱にデザインされたハウステンボスの街並みを見ると妙に郷愁をそそられてしまって本当に困りました。・・・・・・私だけかもしれませんけどね。

『ラフレシール』りんご風味外装こちらは「りんご風味のチーズケーキ」が入っている箱です。
以前ご紹介しました「レモン風味のチーズケーキ」はレモン色の箱にデザインされてい、「ピーチ風味のチーズケーキ」は鮮やかなピンク色の箱にデザインされていました。今回は、恐らくりんごの皮の色をイメージしたのでしょう、紅色を基調にした色でデザインされています。

『ラフレシール』りんご風味チーズケーキこちらが「りんご風味のチーズケーキ」のホールの状態です。
角切りにし、シャリッとした歯ざわりを残すようにコンポートされたりんごがこれでもかと言わんばかりにチーズケーキの上に乗っています。これだけりんごが乗っていると、食べ進む毎にりんごを噛みしめることが出来ますので、私のようなりんご好きにはたまらないケーキです。
なお、『ラフレシール』のチーズケーキは、クール便で冷凍の状態を保って配送されます。実を言うとこのケーキは昨日『フロマージュ・ダンジュ』の記事を書いているときに配送されました。そのままでは食べることが出来ないので、丸1日冷蔵庫に入れて解凍し、みなさんにお目にかけている状態です。

『ラフレシール』りんご風味ひと口大食べてみると、先ずはりんごの心地良い歯応えと爽やかに甘味が口に広がります。りんごはコンポートされてはいるものの、噛むと甘い果汁を口の中にふりまいて、やわらかく舌を撫でながら喉に滑り落ちていきます。
土台のケーキはプレーンのものです。とろけるように口いっぱいに広がるチーズの味はかなり濃厚なものではありますが、先に食べたりんごの果汁と混ざると驚くほどに爽やかな甘いチーズ味になるものです。
特筆すべきは、角切りのりんごのコンポートが落ちないように薄く被せられたゼリーです。「ピーチ風味」のときにもこのゼリーはありましたが、そのときはピーチの味が強かった為かほんのりと甘味を加えただけのゼリーでした。が、今回の「りんご風味」のゼリーは、濃厚にりんごの果汁を利かせています。これが土台のチーズケーキの全面に広げられていますので、最初から最後まで爽やかに甘いりんごの味を堪能することが出来ます。

このケーキは“秋期限定”ですから、11/2(木)までの限定販売になっていることと思います。りんごの季節である秋にしか味わえないこのチーズケーキ、大きさも大・小それぞれありますので、この機会に是非味わってみてください。
さて、冷蔵庫に入っている残りのチーズケーキは何時までもつのかな・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)
2〜3日後には無くなってそうな気がするな・・・・・・名残惜しいけどもうやだ〜(悲しい顔)
22:22 | 長崎 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 2006 秋の情報

2006年09月24日

フロマージュ・ダンジュ(秋のショップ情報)

先に『ディオニソス』のワインの記事を書きました。
・・・・・・となると、次に欲しいのは“ツマミ”の記事、ということになりましょうね。
ワインのツマミとして真っ先に名が挙がるのがチーズ。
そこで、こちらの“季節限定商品”のご紹介です。

『フロマージュ・ダンジュ』外観

世界3大ブルーチーズの「スティルトン」「ゴルゴユゾーテ」「ロックフォール」をはじめ厳選のヨーロピアンチーズを販売
ほとんどのアイテムが好きな量だけ購入出来るオーダーカットが可能。その他チーズに関連するグッズも充実しており注目のNEWショップです。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

先ずはこちら。
「ペコリーノロマーノの赤ワイン漬け」¥760(200gあたり)

ハウステンボスのオリジナルワインに漬けて熟成させた秋期限定のおつまみチーズ。1日20食限定。

(ハウステンボス会員誌『HUIS TEN BOSCH PRESS』より)

ペコリーノロマーノとは、リンク先のWikipediaの記事にもありますが、イタリア製のヒツジ乳から作った硬質チーズです。もとのペコリーノロマーノ自体は塩味が特徴のチーズで料理に使うのが一般的だそうですが、塩味が利いているものは往々にしてワインやリキュールに漬けると、塩気の角が取れた上にワインやリキュールの香味を吸収して美味しさが増します。使うワインはハウステンボスのオリジナルワインですから、ハウステンボスのワインと合わせて食べるとこれ以上にマッチするものが無いほどの極上のツマミになるのではないでしょうか?
(食べていないのでこれ以上は何とも言えませんが・・・・・・)

次に「マスカルポーネスプレッド」¥420

マスカルポーネにジャム、ハチミツ、ゴルゴンゾーラを混ぜた3種類のチーズスプレッドとクラッカーのセット。店内試飲スペースでお試しいただけます。1日20食限定。

(ハウステンボス会員誌『HUIS TEN BOSCH PRESS』より)

マスカルポーネは、一時期大ブームになったイタリアのケーキ「ティラミス」の主材料として使われることで有名な、クセの無いイタリアのクリームチーズです。そのとろけるような食感は、どんな味でも包み込んでくれるかのようなまろやかさを持っています。以前、某乳業会社から発売されたマスカルポーネチーズをさまざまに味付けして食べてみましたが、やはり好評だったのはジャムを混ぜて食べたときでした。(このときに使用したジャムは、たまたま家にあったいちご・ブルーベリー(これは「クリームチーズ」と一緒に買ってきたハウステンボスのブルーベリーソース)・甘夏の3種でしたが、いずれも好評でした)
今回は、フルーツの風味を生かした“ジャム”・すっきりした甘味の“ハチミツ”・そしてツマミに最適な塩味を生かした“ゴルゴンゾーラ”の3種類が戴けるようです。

『フロマージュ・ダンジュ』店内スツールこちらの店舗では、窓際に5〜6席の試食スペースがあり、チーズを試食する際に欲しくなるであろうグラスワインも赤・白各¥200で戴くことが出来ますので、午後のけだるいひとときに「ペコリーノロマーノ」や「チーズスプレッド」を戴きながらグラスを傾ける、というのもオツな楽しみになるかもしれませんが・・・・・・あまり長っ尻なのは店にも迷惑ですからほどほどにしましょうね。それよりもチェックイン後の部屋でのひとときやお帰りになってからゆっくりと戴く方がゆったりとくつろいで味わうことが出来るでしょうし。
20:29 | 長崎 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2006 秋の情報

2006年09月21日

ディオニソス(秋のショップ情報)

夏の間はビールにお株を奪われていましたが、秋になってようよう本領発揮、といったところでしょうか?
『ディオニソス』の“秋の商品情報”です。

『ディオニソス』外観

ヨーロッパ各国のワインや、生ワインをライナップ

ハウステンボスオリジナルワインを中心にしたワイン専門店。ヴィンテージアイテムも多く取扱い、中でも注目はワインの量り売り。100ml単位で気軽に購入出来る。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

『ディオニソス』では、「花の芸術祭」のメインを張る花であるダリアをデザインしたラベルの、「ダリアのワイン」を販売しています。
(毎度のことですが、リンクをスクロールしてください)
ワインの名は「Fleur de Dahlia」(フルール・ド・ダリア:ダリアの花・・・・・・ちとネーミングが安直過ぎないか?ふらふら)、赤・白各¥1890です。
〜〜〜これが今秋の“メインアイテム”なのだそうで〜〜〜

ダリアをラベルにデザインした期間限定ワインを販売します。

(ハウステンボス会員誌「HUIS TEN BOSCH PRESS」より)

ラベルを見る限りでは、恐らくこれはボルドー地方で作られたワインではないかな?と思われます。現在のハウステンボスは“ヨーロッパ全域”をモチーフにしている、という触れ込みですから、ワインもヨーロッパを代表すると言う意味も含めてフランスのワインを持ってきたのでしょう。

ハウステンボスでは、10月7日(土)〜10月22日(日)まで、ワインのイベントである「サンヴァンサン祭」が開催されます。既に秋のイベントとして定着している感のあるこのイベントですが、これに先立って、と言う意味も込めて「ダリアのワイン」の販売が行なわれているのかな?と思ったりもしました。
『ディオニソス』には、他にもハウステンボスオリジナルの様々なワインがたくさん取り揃えられています。が、この「ダリアのワイン」に限っては、この「花の芸術祭」の後では二度と購入できないことでしょう。・・・・・・何せ“期間限定”のワインですから。
写真や画像で見る限りでは、なかなかお洒落なデザインのラベルではないかと思われます。ハウステンボスのロゴマークはしっかりと入っているのですが野暮な感じは無く、あしらわれた大輪のダリアがシンプルなラベルを艶やかに飾っています。
(これで味の感想も申し上げられれば良いのですが・・・・・・生憎私は飲んでいませんからねぇ・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)

ワインやチーズなど、「食」にもスポットが当たるのが秋のハウステンボスの特徴です。“美味しい楽しいハウステンボス”の想い出を、このワインをご自宅に持ち帰って振り返ってみませんか?
21:16 | 長崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 秋の情報

2006年09月19日

アンジェリケ(秋のショップ情報)

この秋、ハウステンボスのアートガーデンに咲き誇っている“花”はダリアです。ダリアと言えば、この店のこの商品を忘れるわけにはいきません。

『アンジェリケ』前

花いっぱいのロマンティックなお店です
香水、アロマキャンドル、バスグッズなど、花と香りがテーマのエレガントな品々が揃うお店。
この街オリジナルのチューリップ「ハウステンボス」をイメージして作った香水「ヴェルリィフド」をはじめ、癒し、くつろぎを感じさせる生活雑貨関連の商品が豊富です。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

「フラワースタンプラリー」の参加店舗、『アンジェリケ』の秋の商品です。
今秋、こちらで“期間限定商品”として出ているのは「ダリア香水&トワレ」です。
(毎度のお願いですが、リンクをスクロールしてください)

ダリアをイメージした気品あふれる香りのオリジナル香水&トワレ

(ハウステンボス会員誌「HUIS TEN BOSCH PRESS」より)

“ダリアの香り”と言っても、実のところ野暮天の私にはピンとこないところもあるのですが、今春の商品「アンジェリケ」(チューリップの香りをモチーフにした香水&トワレ)・今夏の商品「アクアローズ」(バラの香りをモチーフにした香水&トワレ)を考えると、やや甘さのある香りを上手に生かしたものではなかろうかと想像しています。また、ハウステンボスの香水ですから、しつこくて胸が悪くなるような香りではなく、爽やかさをどこかに出しているのではないかな、とも・・・・・・。
香水は1ml¥473で容器は別途必要(管理人注:容器〜香水ビン〜は、購入する香水の量に合わせてその場で買うことになるだろうと思います。よく出ているのは2ml・5mlの香水ビンのようです)・トワレは専用の容器に入れて1本¥1890(25ml)です。トワレのビンには、今秋のCMやポスターでお馴染みの鮮やかに咲き誇るダリアがデザインされています。

香りがお好きな方にはたまらない逸品になる商品ではないかと思われるこの香水&トワレ、¥500以上の購入で(つまり香水1ml以上+香水ビン、もしくはトワレを1本購入すると)「フラワースタンプラリー」のスタンプを押してもらえます。
ここの商品は意外にファンが多いようですし、また、外国の香水の香りと違って爽やかさが勝る商品が多いので、思ったよりも使いでがありそうだ、という話を以前知り合いから聞きました。香りがお好きな方へ、又、男性ならばお知り合いの女性への気の利いたお土産になるのではないかと思われるこの商品、どうぞこの機会にお手に取ってみてはいかがでしょうか?
22:43 | 長崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 秋の情報

2006年09月17日

ラフレシール(秋のショップ情報)

次の季節限定商品は、チーズケーキ専門店の『ラフレシール』の情報です。

『ラフレシール』前

「こんなにおいしいケーキは初めて!」というたくさんの声にお応えして専門店がグランドオープン!
ハウステンボスが誇る、チーズケーキ専門店「パティスリー」のパティシエが作り上げた究極のレシピのもと、納得の自信作がここに完成!キャラメルとチーズケーキが見事にマッチしたほろ苦い味わいを お楽しみください。

〔営業時間/9:30〜21:30〕

今回の“季節のチーズケーキ”は、「りんご風味のチーズケーキ」12cm¥1050・16cm¥1680です。

リンゴの果肉をゴロゴロッとトッピングした秋季限定チーズケーキ。

(ハウステンボス会員誌「HUIS TEN BOSCH PRESS」より)

私は、かつてこのケーキを一度だけ食べたことがあります。
まず、土台はプレーンのチーズケーキだったように記憶しています。りんごの方は、果肉をサイの目に切り、それをコンポートしてトッピングしているのですが、他のケーキに使われるような〜例えば洋ナシのコンポートを連想していただけると宜しいかと思いますが〜しっかりと煮てしまうような方法ではなく、ややシャリッとした歯ざわりを残していますので、リンゴだけを食べても果汁がジワッと染み出してくるかのようなものです。それをチーズケーキの上に贅沢なほどたくさん乗せ、転がってしまわないように僅かに甘くした(・・・・・・とは言ってもこれだけを食べても恐らく味が判らないのではないかと思われますが・・・・・・)ゼラチンを薄く被せてありました。
元々りんごが大好きな私ですから“りんご風味”というだけでも美味しく戴いたのですが、さらにりんごの歯ざわりとほんのり染み出すりんごの果汁、そしてりんごのコンポートとこれも大好きな濃厚なチーズケーキの味が交じり合う絶妙のハーモニー・・・・・・りんごの味がチーズケーキの濃厚さを和らげ、チーズの味がりんごの味に深みを加えて最後にはむしろ爽やかに思われるほどにチーズの味とりんごの味が後味となって残る心地良さが、甘いものを好まない私にすらホールのケーキ(もちろん小さいものですが・・・・・・そして一度に食べたのは半分ずつなのですが・・・・・・)を食べ尽くさせてしまったほどのケーキです。

確か“好評に付き”3度目の登場となるケーキです。回数を重ねるにつれ、ファンを徐々に増やしているのも成る程、と頷けるものです。『ラフレシール』の「季節限定ケーキ」は数量限定ですので、何時まであるか判らない、と言うところがあるのですが・・・・・・。
どうぞ、未だ店頭にありましたら、この機会に是非あなたの舌で味わってみてください。私もこれから通販サイト『ハウステンボスショッピングモール』を覗いてみようかと思います。
08:07 | 長崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 秋の情報

リンダ(秋のショップ情報)

「季節の商品」と言うと、テディベアショップ『リンダ』は外せないでしょう。

『リンダ』店外.jpg
どのコも連れて帰りたくなるテディベア専門店
店名は、テディベア研究の第一人者で、テディベアキングダムの名誉館長でもあるリンダ・マリンズさんからいただいたもの。1997年10月10日にナイアンローデ城横にオープンした『テディベアキングダム』のミュージアムショップです。
季節ごとに、オリジナル限定ベアが登場します。

〔営業時間/9:00〜21:30〕

今回は、「栗・柿のお手玉ベア」各¥1000が登場しています。

秋のフルーツでおめかししたお手玉ベア。

(ハウステンボス会員誌「HUIS TEN BOSCH PRESS」より)

先ず「栗のお手玉ベア」ですが、会員誌に掲載されている写真を見る限りでは、春(チューリップ)・夏(ひまわり)のお手玉ベアとはちょっと表情が違い、むしろ干支(犬)ベアの顔に似ているのでは無いかと思われます。頭に栗を被って胴体にイガを着た、という状態のベアです。

次に「柿のお手玉ベア」ですが、表情が付いているだけあって今までには無いマンガチックな印象を受けます。全身は柿色(“柿”に“オレンジ”色、という形容もどうかと・・・・・・たらーっ(汗))で、頭には、ちゃんとヘタの付いた柿の実を被っています。そして、今までは笑顔(もしくは真顔)ばかりだった「お手玉ベア」の印象を覆すかのようなシブ〜イ顔をしています。・・・・・・というコトは、この柿は渋柿だったのでしょうか?写真で見る限りでは、頭に被っている柿はアゴの下にスナップが付いていますので、着脱可能になっているのでしょう。

デザイン的なものもありますが、『リンダ』の「季節のベア」は、その時期が1日でも過ぎてしまうと綺麗に片付けられてしまう(但し先に店頭に並ぶことはある)という徹底振りです。ですから、この「栗・柿のお手玉ベア」も、恐らく11/2(木)を過ぎてしまうと店頭から消えてしまうことと思われます。
・・・・・・となると、ナイアンローデ城を過ぎて真っ先に目に入る『リンダ』に並ぶこのお手玉ベア、個数の限定は恐らく無いとは思いますが、のんびり構えて「この次でいいや」などと言っているといつの間にか無くなっていた、何てコトにもなりかねませんね。
そうなる前にどうぞお手にとってご覧ください。この類のものはひとりひとりの表情がビミョ〜に違いますので、ご自分の好みのコを探すのもまた一興、ではないかと思われます。


追記:今秋のお手玉ベア、実のところパッケージもなかなか凝っているようです。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

【HALIcinatory Days『甘熊宝宝!』】
07:25 | 長崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 秋の情報

2006年09月12日

ブールンカース(秋のショップ情報)

秋は、食べ物が殊に美味しい季節です。
“ハウステンボス名物”と言ってしまっても過言では無い(と思っているあせあせ(飛び散る汗))チーズも、この時期に新しく美味しいものが出来てきます。
その為か、ここ『チーズ農家 ブールンカース』でも、この時期ならではの人気商品を販売します。

『ブールンカース』外観
オランダ直輸入チーズが充実
17世紀オランダの伝統的なチーズ農家を再現したかわいいお店。「ブールンカース」とは、オランダ語で農家の手作りチーズという意味です。店内には、家具や生活雑貨がディスプレイされていて、当時のオランダ農家の人々の生活がうかがえます。

〔営業時間/9:30(?)〜18:30(?)〕

「この時期ならではの人気商品」というのは、「メイゴーダチーズ」です。

5月の若草を食べた牛の乳で作られ、秋だけに出回る特別なゴーダチーズです。

(ハウステンボス会員誌「HUIS TEN BOSCH PRESS」より)

最近はすっかり「ゴーダチーズ」「クリームチーズ」「スモークチーズ」の専門店となったようなここ『ブールンカース』ですが、それだけにこの3品の品質や味は素晴しいものです。これは、しばしば店頭で行なわれている試食を召し上がってみると納得して戴けるかと思います。
その、絶対の自信を誇る「ゴーダチーズ」のスペシャル版とも言える「メイゴーダチーズ」です。何でも、他の時期に買うことが出来るゴーダチーズ(何度も申し上げますが、これとて絶品の味です)よりも遥かに滑らかでやわらかくチーズが香り、とろけんばかりの食感なのだとか。
・・・・・・私は実際に食べたわけではないのですけどね・・・・・・
これは、この時期にしか味わうことの出来ない極上の美味、と言えるのではないでしょうか?

もうひとつ、この時期に出る商品があります。
「モナリザ」というのがその商品の名前です。

40週にわたり大切に長期熟成させた奥深い味わいのチーズ。チーズ通におすすめしたい芸術的な逸品です。

(ハウステンボス会員誌「HUIS TEN BOSCH PRESS」より)

“秋のハウステンボス”を未だ訪れたことが無い私です。そのため、このチーズの味は定かではありません。が、幾度も申し上げるとおり、ハウステンボスのチーズは、チーズ好きの私をして虜に成さしめたほどの美味が揃っています。また、実は身内にチーズが苦手な者がいるのですが、それすらここのチーズ(とりわけクリームチーズにフルーツソースをかけたもの)は美味い美味いと食べてしまうほどです。
そのハウステンボスの“老舗のチーズ専門店”たる『ブールンカース』が“逸品”と称するほどのチーズです。40週の長期熟成というのですから、10ヶ月近く、大切に大切にされてきた箱入り娘(「モナリザ」という女性名が付けられたチーズですので、ここはあえて“息子”ではなく“娘”でたらーっ(汗))なのでしょう。

これらのチーズは、「花の芸術祭」が開催されている9/16(土)〜11/2(木)の期間限定の販売です。この時期お越しになる方は、是非“花々と風車のエリア”キンデルダイクで頑張っている『ブールンカース』で、極上のチーズを味わって、そして是非お買い求めください。
(ちなみに、ここ『ブールンカース』は、店内に宅急便の受付がありますので、お買い求めの商品をその場で送ってしまうことも出来ます。送って貰える商品は、到着日時に合わせて最も新しいものを送ってくれる、という気配りも見せてくれる店舗です)

そして、歩き疲れたら隣にある『花畑のカフェ』でひと休みされるのも宜しいでしょうね。こちらの「カースシェイク(チーズのシェイク)」もなかなかのものですよ。
22:45 | 長崎 ☁ | Comment(10) | TrackBack(0) | 2006 秋の情報

2006年09月11日

ちゅーりーちゅーりー(秋のショップ情報)

本業が忙しくてぼやぼやしていたら、いつの間にか今度の土曜日から新イベント「花の芸術祭」が始まるだなんて・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)
とりあえず、この商品からご紹介してみましょう。

『ちゅーりーちゅーりー』前
チューリップのマスコットキャラクター「ちゅーりー」のグッズがアイテムをぐ〜んと増やして、ついに専門ショップになりました。
ぬいぐるみ、タオル、バック、ステーショナリー、キーホルダー等かわいいグッズがたくさん揃ってます。
パステル色のベビーちゅーりーも大人気。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

まずはこれ、人気の『ちゅーりーちゅーりー』から「運動会ちゅーりー」です。
(リンクをスクロールしてご覧ください)

この秋限定!人気のちゅーりーがかわいい体操服姿となって登場します。

9/16(土)〜11/2(木)までの期間限定で販売される今回の商品は、男の子バージョン(短パン)・女の子バージョン(昔懐かしのブルマー)の2種類が用意されています。

追記:・・・・・・と、モーレン会員誌「HUIS TEN BOSCH PRESS」を見て思っていたら、どうやらぬいぐるみは紺のハーフパンツ(男女関係なし)1種類だけらしいです。あせあせ(飛び散る汗)
ま、ちゅーりーはもともと“チューリップから生まれた妖精”(『ちゅーりーちゅーりー』1周年の際に貰ったミニパンフレットより)だから、基本的には性別は無きに等しいですからねぇ・・・・・・。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。
【HALIcinatory Days『運動会だ ちゅーりー!』】


紅白帽子をかぶり、1等賞の旗やリレーのバトンを持ってニッコリと笑っているちゅーりーは、いつもとはまた違う愛らしさと一生懸命さが伝わってくるようです。ピンク色の肌もまた可愛いですね。これを見ていると何となく、
「ほら、見て見てexclamation一等賞だよexclamation×2
って、ちゅーりーが息を弾ませて話しかけてきそうな気がしませんか?

なお、今回の「運動会ちゅーりー」は、春の「スモックちゅーりー」・夏の「水着ちゅーりー」「フラダンスちゅーりー」とは違い、お手玉バージョンが用意されています。このあたりは、昨年の秋限定バージョン「ケーキちゅーりー」(「メイドちゅーりー」と呼んでも良さそうな気がしますが・・・・・・たらーっ(汗))と同じような考え方ですね。
私見ですが、こういった大きさを変えた商品と言うのは、とても良い考え方だと思います。我々みたいなコレクター(笑)は平気で通常版のぬいぐるみを買い込みますが、初めて「ちゅーりー」をご覧になって
「あ、これ可愛い♪欲しいなぁ」
と思った方ですと、ぬいぐるみは少々大きいしお値段もちょっと張るし・・・・・・と、二の足を踏む場合が多いですからね。手軽に買うことが出来る、と言う意味でも¥1000以下の商品はお値段以上に価値があるのではないかと思います。

肝心のお値段ですが、「運動会ちゅーりー」男の子・女の子が各¥1890・お手玉バージョン(男の子のみ)が¥840です。
これから、学校では運動会が徐々に開催されていくことでしょう。また、とうにご卒業なされて運動会が“思い出”になった方も多いかもしれません。来るべきその日を、または過ぎたあの日の思い出を、可愛いちゅーりーと一緒にお過ごしになっては如何ですか?
13:49 | 長崎 ☁ | Comment(15) | TrackBack(0) | 2006 秋の情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。