2006年06月04日

リンダ(初夏のショップ情報:ぱーと2)

『リンダ』(初夏のショップ情報)でご紹介した「バンダナベア」の続編です。

『リンダ』店外.jpg
どのコも連れて帰りたくなるテディベア専門店
店名は、テディベア研究の第一人者で、テディベアキングダムの名誉館長でもあるリンダ・マリンズさんからいただいたもの。1997年10月10日にナイアンローデ城横にオープンした『テディベアキングダム』のミュージアムショップです。
季節ごとに、オリジナル限定ベアが登場します。

〔営業時間/9:00〜21:30〕

テディベアショップ『リンダ』にまた新商品(当初“季節限定”とご紹介していましたが、どうやら新しくラインナップされた商品になったようですあせあせ(飛び散る汗))のベアが登場しました。
それが、こちらで紹介されています「バンダナベア」です。

首にバンダナを巻いたカジュアルな装いのベアが登場。色遣いもキュートでしょ。

パステルカラーのこの「バンダナベア」、そのキュートさは他のベアの追随を許さぬものかもしれない、と言っても過言ではないと思います。色はブラウン・ピンク・イエロー・ブルーの4色、サイズもお手玉・SS・S・M・特大の5サイズあります。参考までにお値段を記載しますと
・お手玉 ¥840
・SSサイズ ¥1050
・Sサイズ ¥1580
・Mサイズ ¥2630
・特大サイズ ¥6300

になります。これだけの種類があると、お好みやお持ち帰りのバッグの大きさや懐具合に応じて選ぶことが可能ですので嬉しいですよね。
「バンダナベア」は、オークションハウス『ランガダイク』にも出品されていますので、そちらも合わせてご覧戴くと宜しいかと思います。

この「バンダナベア」をお買い求めになった方の記事はこちら。
可愛いベアの写真がご覧戴けます。

【ぐら部屋『今年の6月はどんなハウステンボス?』】


さて、このバンダナベア、ご好評に応え、当初のぬいぐるみだけではなく、様々な商品展開をしているようです。
ハウステンボスの場内で配布されます「HTBニュース」によると
・ミニタオル ¥450
・ウォッシュタオル ¥580
・チョコレートクランチ缶 ¥630

が新たに新商品としてラインナップされています。
可愛い「バンダナベア」の図柄がデザインされたこちらの商品、夏の暑い季節を迎えるこれからは、「ミニタオル(ハンカチ大のタオル」や「ウォッシュタオル(おしぼりタオル)」が特に重宝するグッズです。また、「チョコレートクランチ缶」も、手軽なお土産として喜ばれるのではないかと思います。
どうぞ『リンダ』に足を運んで、お手にとってじっくりとご覧になっては如何でしょうか?

2006年06月03日

ラフレシール(初夏のショップ情報:ぱーと2)

『ラフレシール』の「初夏限定ケーキ」ですが、6月5日(月)から第2弾が発売されます。

『ラフレシール』前

「こんなにおいしいケーキは初めて!」というたくさんの声にお応えして専門店がグランドオープン!
ハウステンボスが誇る、チーズケーキ専門店「パティスリー」のパティシエが作り上げた究極のレシピのもと、納得の自信作がここに完成!キャラメルとチーズケーキが見事にマッチしたほろ苦い味わいを お楽しみください。

〔営業時間/9:30〜21:30〕

さて、6月5日からの「季節限定ケーキ」は、「レモン風味のチーズケーキ」12cm¥1050・16cm¥1680です。
今まで「レモン風味」は、そのサッパリした味わいから「夏の限定ケーキ」となることが多かったのですが、柑橘類つながりということで「オレンジ」→「レモン」というラインナップになったのでしょうか?

毎度毎度のコトながらオフィシャルHP上では未だ何も情報は出ていませんが(本当にもう・・・・・・むかっ(怒り)月曜日から売り出すんだって言うのに・・・・・・爆弾)手元のモーレン会員情報誌「HUIS TEN BOSCH PRESS」には
大人気のレモン風味のチーズケーキが再登場。レモンの酸味と香りがさわやかな口当たり。半解凍状態のアイススイーツとして食べても絶品です。

と紹介されています。
“レモンの酸味”と言っても、そこはチーズケーキですから、ただ酸っぱいだけではありません。強いて味を例えてみると・・・・・・“はちみつ漬けのレモンの味を幾分控えめにして爽やかさを出し、そこにチーズの濃厚な味を加えたもの”と言ったところなのですが・・・・・・うーん、却って解りにくいですね。

何にせよ、一度召し上がって戴くと、その味わいに次の登場を待ち焦がれる方も多いという話を聞きました。
どうぞ、みなさんもこの「レモン風味のチーズケーキ」を是非味わってみてくださいね。

2006年05月17日

ナインチェ(初夏のショップ情報)

『ナインチェ』1.jpg
世界最大級の品揃え! ディック・ブルーナの世界
「ナインチェ」は、ミッフィーのオランダでの愛称です。木靴とバンダナを身にまとったオリジナルミッフィーグッズをはじめ、オランダ直輸入のものなど、1,000アイテム以上という、国内最大級の品揃えを誇ります。オリジナルミッフィーを求めるために全国から問い合わせが殺到しています。
また、店内には、キッズルームもあります。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

久々に『ナインチェ』の記事です。(自分でも何時書いたかすっかり忘れてます・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)

『ナインチェ』は、言わずと知れた「ミッフィー」をデザインしたディック・ブルーナ氏のキャラクターグッズを扱うショップです。
ミッフィーハンドパペットメラニーハンドパペット店内には、お馴染みの「ミッフィー」をはじめとしたディック・ブルーナ氏の手によるキャラクターがずらりと並んでいます。(写真は、そのうちのひとつである「ミッフィー」&「メラニー」のハンドパペットです)
ここの品揃えは、他のキャラクター関連の店内と同様にぬいぐるみ・食器・文房具・小物(ストラップやピンバッジなど)・・・・・・と、実に多彩です。キャラクターによっては女の子だけでなく男の子にも合いそうなものが結構ありますので、特に小さいお子さんをお持ちの親御さんやお祖父さん・お祖母さんはあれやこれやと目移りしてしまうのではないでしょうか?

この『ナインチェ』の今回の新商品は、「ミッフィーのカジュアルシリーズ」です。
(毎度のことですが、リンクをスクロールしてご覧ください)
シンプルなスクエアベースのフォルムに、かわいいミッフィーをデザインした食器シリーズ。ティータイムがごきげんに。

気になるお値段は
・「マグカップ」¥840
・「ティーポット」¥2100
・「カップ&ソーサー」¥1050
・「ケーキ皿」¥945

・・・・・・など、商品によって様々です。そのため、今回はコレ、次回はアレ・・・・・・と、懐と相談なさって何度もお買い物を楽しむことが出来そうです。
デザインも、他と違って割合シンプルですので、大人の方が普段使いにするのにも良さそうですね。

『ナインチェ』2.jpg前回の記事でもご紹介しましたが、ここ『ナインチェ』には小さいお子さんが楽しめる「キッズルーム」があります。
ハウステンボスにも幾つかのアトラクションがありますが、ほとんどが4歳以上でないとご利用戴けません。そのため、3歳以下の年齢のお子さんをお持ちの親御さんは、お子さんを遊ばせる場所を探すのに四苦八苦なさることもあると聞きました。
そんなときは、是非ここ『ナインチェ』へ。お子さんが「キッズルーム」で遊んでいる間に、お母さん(もしくはお父さん)がお買い物をなさる(或いはちょっと息を抜きに行く)ということも出来ますよ。

毎度毎度の『ランガダイク』ネタです。

2006年05月16日

アンジェリケ(初夏のショップ情報)

ちょっと間が空いてしまいましたがあせあせ(飛び散る汗) 再び「初夏のショップ情報」です。

『アンジェリケ』前

花いっぱいのロマンティックなお店です
香水、アロマキャンドル、バスグッズなど、花と香りがテーマのエレガントな品々が揃うお店。
この街オリジナルのチューリップ「ハウステンボス」をイメージして作った香水「ヴェルリィフド」をはじめ、癒し、くつろぎを感じさせる生活雑貨関連の商品が豊富です。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

『アンジェリケ』の初夏のオリジナル香水&トワレは「アクアローズ」です。(リンクをスクロールしてご覧ください)

初夏から夏の期間限定オリジナルの香り。ローズの香りをベースに柑橘系のみずみずしい香りをプラスしました。トワレにはローズのチャーム付き。

香水は1ml¥473、トワレは¥1890です。
ピンクのラベルが可愛い商品です。

“柑橘系”と言えば、『ラフレシール』の季節限定ケーキも「オレンジ」(4/10〜6/4)と「レモン」(6/5〜)です。初夏は、柑橘系のフルーツが旬を迎えるものが多いので、それを意識したのでしょうね。

ここで香水の販売に関してひと言

2006年04月30日

スーベニールショップ(初夏のショップ情報:ぱーと2)

『スキポール』外観『フォンデル』外観『シーブリーズ』外観

ハウステンボスの場内には、合わせて3箇所のスーベニールショップがあります。いずれもハウステンボスの代表的なお土産を網羅していますので、お土産に迷ったときやちょっとした時間つぶしに最適なショップです。
(但し、アルコールを扱っているのは『スキポール』だけです)
場所は、『スキポール』がブルーケレンの出国棟内・『フォンデル』がニュースタッドのアトラクション群付近・『シーブリーズ』がスパーケンブルグの『マリンターミナル』に近いところです。

他のショップに比べて独自色が出しにくい“スーベニールショップ”ですが、そのためか、どのショップの範疇にも入らないような限定グッズは大概置いてあります。今回の限定グッズは「チョロQ版クラシックタクシー」(以前出た「チョロQ版クラシックバス」の姉妹品)です。
オフィシャルHPではこちらに商品の案内があります。

そして、今回の「クラシックタクシー」があまりにも可愛かったので、公式通販サイトの『ハウステンボスショッピングモール』で注文してしまいました。それが本日到着しましたので、ご紹介したいと思います。

チョロQ版クラシックタクシー包装はこのようになっています。
なかなか可愛いものですが、特に、背景の写真(セピアカラーのキンデルダイク)が何ともオシャレでは無いかと思います。。これだけでもどこかに飾っておきたくなるような写真ですよね。
ボディの色は、「ブラック」となっていますが、純粋な黒ではなく、濃紺といった感じの色です。

クラシックタクシー(ミニカー&チョロQ)ちょうど良い機会かな、と思い、以前購入した「ミニカー版クラシックタクシー」と並べて写真を撮ってみました。
ご覧の通り、大きさはチョロQの方がだいぶ小さいですし、細部のリアルさもミニカーの方が上です。が、チョロQはその丸っこいボディが親しみを増し、たくさんの方に可愛がって戴けるのではないかな?という気がします。
ちなみに、重さは「チョロQ」の方が「ミニカー」よりも軽いです。

実際手にとって見て、この「チョロQ版クラシックタクシー」は、結構お買い得の商品だと、改めて思いました。場所をとらないで飾って置けるし、エンブレムやロゴマークはそれらしくちゃんと付いているので(それなりに、とは言え)大人の観賞にも充分堪え得るレベルだし・・・・・・。
私が購入したのは「ブラック」ですが、他にも「ホワイト」と「エンジ」の計3色があります。どうぞ、お好きなものをお宅にお迎えしてはいかがでしょうか?

2006年04月29日

ラフレシール(初夏のショップ情報)

続きましてはこちら。
人気の『ラフレシール』から、この時期限定のケーキです。

『ラフレシール』前

「こんなにおいしいケーキは初めて!」というたくさんの声にお応えして専門店がグランドオープン!
ハウステンボスが誇る、チーズケーキ専門店「パティスリー」のパティシエが作り上げた究極のレシピのもと、納得の自信作がここに完成!キャラメルとチーズケーキが見事にマッチしたほろ苦い味わいを お楽しみください。

〔営業時間/9:30〜21:30〕

「『ラフレシール』と言えば「キャラメルチーズケーキ」でしょ!」
と仰る方は多くいらっしゃいます。
確かに、こちらの看板メニューは言わずと知れた「キャラメルチーズケーキ」ですし、2年前に開催された『ナムコ・ナンジャタウン』の「チーズケーキ博覧会」で人気を博し、終には『笑っていいとも』でも紹介されていたのも「キャラメルチーズケーキ」です。

が、『ラフレシール』のケーキは、当然ながら「キャラメル」だけではありません。「プレーン」も勿論ありますし、人によっては
「こっちの方が「キャラメルチーズケーキ」より美味しい!」
と仰る、「季節限定のケーキ」もあります。
「季節限定のケーキ」は、季節のフルーツを使ったケーキで、種類はいちご・リンゴ・ブルーベリー・レモンなどがあり、フルーツの風味を濃厚に残したチーズケーキは、その素材の良さも相まってまた違った魅力を魅せてくれたものです。
(余談ですが、私が『ラフレシール』に引き付けられたそもそもの切っ掛けは、3年前に「レモン風味のチーズケーキ」のカットをホテルの部屋で食べてからです)

4月10日(月)〜、「オレンジ風味のチーズケーキ」大¥1680・小¥1050が“初夏限定第一弾”として発売されています。

オフィシャルHPでは
ほんのりと酸っぱいオレンジの風味がクリームチーズとマッチ。冷たいアイスティーと一緒にどうぞ。

と紹介されているこのケーキ、未だ食べたことはありませんが、オレンジの風味でサッパリと食べられる、暑くなってくるこれからの時期にはぴったりのケーキだとか。
こちらのケーキを食べた方の感想を見つけました。ご参考までに。

【ちこがこのお散歩日記『ラフレシールのケーキ オレンジ風味』】

あとは、どうぞみなさんの味覚でお試しください。

2006年04月27日

スーベニールショップ(初夏のショップ情報)

さてさて、次の商品は前の記事でもちょっと触れました「チョロQ版クラシックタクシー」です。

『スキポール』外観『フォンデル』外観『シーブリーズ』外観

ハウステンボスの場内には、合わせて3箇所のスーベニールショップがあります。いずれもハウステンボスの代表的なお土産を網羅していますので、お土産に迷ったときやちょっとした時間つぶしに最適なショップです。
(但し、アルコールを扱っているのは『スキポール』だけです)
場所は、『スキポール』がブルーケレンの出国棟内・『フォンデル』がニュースタッドのアトラクション群付近・『シーブリーズ』がスパーケンブルグの『マリンターミナル』に近いところです。

他のショップに比べて独自色が出しにくい“スーベニールショップ”ですが、そのためか、どのショップの範疇にも入らないような限定グッズは大概置いてあります。今回の限定グッズは「チョロQ版クラシックタクシー」(以前出た「チョロQ版クラシックバス」の姉妹品)です。
オフィシャルHPではこちらに商品の案内があります。

ちょっと前のようなブームは去ったようですが、それでも未だに根強い人気のあるチョロQです。細部までリアルに作られているミニカーとは違い、その車体はデフォルメしてありますが、それだけに却って可愛らしさが出ていますので、ちょっとした部屋のインテリアにも良いかな、と・・・・・・。
実は、そーゆー訳で公式通販サイト『ハウステンボスショッピングモール』で「チョロQ版クラシックタクシー」(ブラック)を注文してしまいました。いずれ届いた暁には「ミニカー版クラシックタクシー」と並べた写真などアップしてみたいと思っています。

お気に召したなら、どうぞ、「チョロQ」を手に取ってみてください。
出来ることならばハウステンボスでクラシックタクシーに乗ってからお買い求めになると、その時の様子が思い出されて良いのではないかな、と思います。

ちなみに「チョロQ」とは・・・・・・

2006年04月24日

リンダ(初夏のショップ情報)

続いてはこちらの商品です。

『リンダ』店外.jpg
どのコも連れて帰りたくなるテディベア専門店
店名は、テディベア研究の第一人者で、テディベアキングダムの名誉館長でもあるリンダ・マリンズさんからいただいたもの。1997年10月10日にナイアンローデ城横にオープンした『テディベアキングダム』のミュージアムショップです。
季節ごとに、オリジナル限定ベアが登場します。

〔営業時間/9:00〜21:30〕

この紹介の通り、『リンダ』にまた新しく季節限定のベアが登場しました。
それが、こちらで紹介されています「バンダナベア」です。

HPの写真でご覧戴けるかと思いますが、首にバンダナを巻いた(主に)パステルカラーのベアです。そして、今までに無く“横長”の顔で愛嬌たっぷりの表情をしています。
今までのベアの顔は、どちらかというと“ヨーロッパ風正統派”と言った感じで、鼻がちょっと突き出しているいかにもベアらしいベアでしたが、今回のベアは平らな顔をしているようで(と言うのも実物は見ておりませんで・・・・・・)小さい子どもでも親しみやすい顔をしているのでは無いかと思います。

お値段は、
SSサイズ 1,050円
Sサイズ 1,580円
Mサイズ 2,630円
特大サイズ6,300円

となっていますので、お子さんの手にすっぽりはまるような小さなサイズでしたら、手に入りやすいお買い得なお値段では無いかと思います。
可愛い『リンダ』の初夏バージョン「バンダナベア」、この機会に是非。

2006年04月16日

メタモルフォーゼ(初夏のショップ情報)

『メタモルフォーゼ』.jpg
モノトーンから生まれる不思議な世界
オランダのだまし絵で有名な版画家、M.C.エッシャーの専門店。
『変容』 『循環』 『無限』 といったテーマが様々なグッズに姿を変えて商品となりました。
天使・鳥・魚などのモチーフが使われたウェア・ネクタイ・キーホルダーなどの人気アイテムが勢揃いしています。

〔営業時間/10:00〜19:00〕

諸々の事情でしばらくオフィシャルHPから遠ざかっていましたら、現在のイベント「花の祝祭 GALAFLORA(ガラフローラ)2006」の直前になって(だからもう少し早く、出来れば1週間前くらいにはアップしなさいってば・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)「ショップ情報」がアップされていました。

一番上にあるのが、ここ『メタモルフォーゼ』の「エッシャーパズル」¥1890。(写真は「滝」の絵ですが、どうやら数種類の絵柄があるようです)
オフィシャルHPの記述によると
M・C・エッシャーの作品をモチーフにしたジグソーパズル。1ピースが極小で、1000ピースを完成させてもA3サイズ!ギネス公認(2005年4月15日時点)の世界最小サイズ。

と言うことです。

これは、店頭には3月末の「チューリップ祭スペシャルウィーク」の時には既に新商品として並んでいました。そのときに買えばよかったのかもしれませんが・・・・・・。そのため、このパズルの“箱だけ”しか見てはいませんが、これ、本当に小さかったです。
ほら、よくありますでしょ?お子様向けの50〜100ピースぐらいのジグソーパズル。あれと同じくらいの箱で、
「これに本当に1000ピースも入ってるのかな?」
と思うくらいの大きさでした。そこに入っているパズルのピースの大きさは、恐らく指の先(但し親指にあらず)くらいなのでしょうね。
ですから飽きっぽい私には・・・・・・。たらーっ(汗)
だけど、パズルがお好きな方でしたら目の色を変えそうなものですね。

今回の商品は、前回と違って限定商品ではないので、好評であればそのまま定番商品になりうるのではないかと思っています。
今の時期ですと丁度商品の入れ替え時期(ここには衣類もたくさんあります)にあたりますので、もしかしたら他にもお買い得なものや掘り出し物が見つかるかもしれませんね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。