2008年05月20日

ル・フロマージュ(初夏のショップ情報)

現在、ハウステンボスでは「バラ祭」(5/10(土)〜6/15(日)の期間)が開催されています。あちこちで様々なバラが咲いていますので、場内が華やかに豪華に見える期間です。
その「バラ祭」にちなんで、オフィシャルHPでもバラをモチーフにした、あるいは材料にしたグッズがいくつも紹介されています。詳細はこちらのページを見て戴くとして・・・・・・。

『ル・フロマージュ』外観
世界3大ブルーチーズなど、厳選のヨーロピアンチーズを販売

世界3大ブルーチーズの「スティルトン」「ゴルゴンゾーラ」「ロックフォール」をはじめ、ほとんどのアイテムが好きな量だけ購入できるオーダーカットが可能。フレッシュなまま購入出来るので、美味しさが格段アップ。

その他チーズに関連するグッズも充実した注目のショップです。
〔営業時間/10:00〜19:00〕

チーズ専門店『ル・フロマージュ』からはこちらの商品が紹介されています。

ダマスクローズ ペタルジャム

無農薬のダマスクローズを使った、バラの香り豊かなジャム。お湯割りや紅茶にいれるなどしてお楽しみください。

■場所 ル・フロマージュ
■価格 1,365円(250g)

「ダマスクローズ」というのは、バラの品種の一種です。『La Rose』の「バラの香り作り体験」にもこのバラの香りはありましたが、華やかで穏やかな香りが特徴的だったように思います。
そのバラの花びら(あちこち検索して調べたところ「ペタル」というのは「花びら」という意味のようです)をジャムにしたものがこちらの「ダマスクローズ ペタルジャム」です。

花びらそのものをジャムにしたものですから、バラの香りはしっかり保たれていることと思います。ですからジャムそのものをお湯に溶かして甘みと香りを楽しむ(“お湯割り”は決して“焼酎のお湯割り”ではありません!(笑))のも良いでしょうし、紅茶に溶かして“変わりロシアンティー”にして楽しむのも良いでしょう。

また、これはあまり一般的ではないかもしれませんが、私はチーズとジャムを合わせて楽しんだりもします。ハウステンボスオリジナルの「クリームチーズ」でしたら癖がないので良く馴染みますし(これは食後のデザートとしてよく食べます。ヨーグルトにジャムを添えるのと似たような感覚で食べるのですが、結構美味しいですしチーズが苦手な家族も抵抗なく食べているので万人向けの食べ方ではないかと思っています)、塩気が強いゴルゴンゾーラチーズなどに添えるのも割合に食べやすくなるのでお勧めできるかな?と思います。

(確認をしていないので定かではありませんが)こちらのジャムは250gのサイズの販売だそうですが、ハーフサイズ(120g程度)やクウォーターサイズ(60g程度)があれば家庭への持ち帰りだけでなくホテルの部屋でティータイムとしゃれ込むのにも良いのになぁ・・・・・・とも思いました。
『ホテルデンハーグ』が常宿の私ではあまり縁がありませんが、このジャムと隣の『マジェスティーズ ブレンド』のティーバッグの紅茶をセットで買い込み、ついでに場内でお好みのスイーツを購入して『ホテルヨーロッパ』のテラスルームに宿泊し、テラスでゆったりとバラの香りの紅茶とスイーツでお茶が出来たら最高だと思いませんか?今の季節でしたら気候も良いでしょうしね。
戴いたコメントです
コメントを書いてください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TrackBackのURLです

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。