2012年08月26日

ZOO

いやはや・・・・・・又もや長らく間が空いてしまいました。
帰国時には何かにつけ商品画像も撮るのですが、ブログアップまでにはなかなか至らず、それでなくても最近は帰国の度にグータラしているものですからそもそも画像が足りなくて・・・・・・って、そんなことはどうでも良いですね。

さて、最近のハウステンボス、来る度に何かしらの変化がある気がします。
中でも、お子さんに受けそうな店舗が結構あったような印象を受けました。
(ワンピースは・・・・・・正直子どもよりも“おおきなおともだち”向けですからねぇ。動物系キャラクターはそこそこ可愛いしお子さんにも受けそうな気がしますが、、品の全く無い女性キャラクター達は特に・・・・・・)
その中から、特に私の目を引いた店舗を・・・・・・。
『ZOO』(1)外観.JPG
◎等身大アニマルぬいぐるみのお店
本物のような質感・感触のある良質なファーにこだわった、動物の等身大ぬいぐるみショップがハウステンボスに登場!

店内には、約400種類のリアルな動物たちが圧倒的な迫力で並び、まるでジャングルに迷い込んだような気分に。

全高 2m40cmの動くキリンや、実際にまたがれるライオンなど迫力のあるものから、犬や猫などペット系のかわいらしいものまで、幅広く取り揃えています。

【営業時間/9:00〜22:00(季節により変更あり)】

アニマルぬいぐるみショップの『ZOO』です。

『ZOO』(2)店内1.JPG『ZOO』(3)店内2.JPG『ZOO』(4)店内3.JPG

店内には、このようにたくさんの動物のぬいぐるみが並んでいます。ディスプレイに見える大きなぬいぐるみ達にも値札が付いていますから、まぁ、商品と言えば商品なのでしょうねぇ・・・・・・売る気は全く無さそうな値段設定ですけどね。
それにしてもリアルな出来です。ライオンもパンダも、今にも動き出しそうですよね。
こうなると、誰しもが写真を撮りたくなることでしょう。大抵、ぬいぐるみその他を扱っているお店は撮影は一切禁じられているのが普通ですが・・・・・・

『ZOO』(5)店内プレート1.JPG『ZOO』(6)店内プレート2.JPG

こちらは、左のプレートに書かれているとおり、写真撮影OKです。スタッフに声を掛ければ、ぬいぐるみと一緒に写真を撮ってくれます。大きいぬいぐるみの“正しい使い方”と言えるのではないでしょうか?
また、右のプレートは、ぬいぐるみの取り扱い注意事項です。確かに長い間日光を浴びせると、繊維が傷んだり毛並みが焼けて色変わりしたりそもそも汚れてしまったり・・・・・・という不具合があります。ちょっと取り出して撮影する程度ならともかく、関東某所のようにずっとぬいぐるみを持ち歩くのは、痛みや劣化が激しくなりますからお勧めは出来ませんね。ましてやハウステンボスは(関東某所も実はそうですが)海端ですので、潮風に焼けてますます劣化がひどくなるでしょうし・・・・・・頻繁に買い換えるということであればさて置き、といったところですけどね。

『ZOO』(9)おすすめ商品1.JPG『ZOO』(10)おすすめ商品2.JPG『ZOO』(11)おすすめ商品3.JPG

お高い商品は天井知らずのお値段ですが、こちらはそもそもがショップですので、当然購入もできます。
ざっと見ただけですので全ての商品の価格を知っているわけではありませんが、こちらくらいであれば、動物好きのお子さんへのクリスマスプレゼントなどにも出来るのではないかな?と思います。



ジャングルを模した、撮影スタジオのようなディスプレイ、そもそも撮影OKの店内・・・・・・と、変わりダネのショップ『ZOO』ですが、こちらで思わず笑ってしまったものがありました。
どうぞご覧ください。

『ZOO』(7)店内プレート3.JPG

・・・・・・ね。面白いでしょう?
もう、ここは“動物園”と考えてしまった方が良いかもしれません。
(ま、現実には、食べものや飲みものを与えられてしまうと落ちない汚れが付いてしまって売り物にならなくなるんですけどね。そんな夢の無い話はさて置いて、ということにしましょう)

『ZOO』(8)面白ディスプレイ.JPG

ちなみにコレ、『グレムリン』に見えませんか?
良かったら探してみてください。
12:15 | 長崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パサージュ
戴いたコメントです
コメントを書いてください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TrackBackのURLです
http://blog.seesaa.jp/tb/288454527
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。