2006年09月27日

チーズオークション

ハウステンボスでの「オークション」と言えば『ランガダイク』。
・・・・・・ですが、この時期には、もうひとつの「オークション」が開催されます。

『ワールドバザール』ステージ

期間限定のチーズオークションを開催します。お土産として大人気のチーズをお得にGETできるチャンス!最後までいるとさらにお得なことが起きるかも!?
【期 間】9/16(土)〜10/6(金)、10/23(月)〜11/2(木)
【時 間】14:00〜(約15分)
【場 所】ワールドバザール
お客様参加イベント

(ハウステンボスオフィシャルHPより)

この『チーズオークション』、その名の通り「チーズ」専門のオークションです。場所は、ご覧戴いております『ワールドバザール』のステージです。

オークションの方式は、『ランガダイク』と同様の「競り下げ式」です。つまり、最初の値段は定価が提示され、そこからどんどん値段が下がっていって、早い者勝ちで落札者が決まります。通常のオークションは基準の値段が提示されてそこに上乗せしていくという方式ですので落札価格は幾らまで膨らむのか見当がつかないのですが、このオークションでは、かかってからすぐに落札したところで定価よりも安く買うことが出来ますので“お得にGET”という触れ込みは、正に的を得たものであると言えます。

ハウステンボスには『ブールンカース』と『フロマージュ・ダンジュ』という2つのチーズ専門店があり、それぞれが独自の商品展開をしています。また、『スキポール』『フォンデル』『シーブリーズ』というスーベニールショップでも、チーズのお土産は非常に人気が高く、特に『シーブリーズ』で開催されている朝市では、目玉商品が破格の値段で買えることもあってかチーズのコーナーでは人が絶えたところを見かけたことがありません。
味も秀逸なハウステンボスのチーズ、何でもフレッシュさを保つ為にカットは場内の工場で行なわれているのだとか。以前「るるぶ」や「まっぷる」で発行されていた「ハウステンボス」という雑誌(各県の雑誌のラインナップ中に一緒に入っていました。発行されなくなってから随分と様変わりしましたので、変化した箇所の紹介を兼ねて又発行して欲しいものですが・・・・・・)の中でも、いつも“お土産紹介コーナー”のトップを飾っていたのがチーズのお土産でした。

また、聞くところによると、ここの目玉商品は「丸のままのゴーダチーズ」なのだそうです。未だカットをしていない○kgのゴーダチーズを競りに出し、落とした方は嬉々として重い重いチーズをお持ち帰りになっていったのだとか。チーズは、切ってから品質の劣化が始まりますから(その為にハウステンボスのナチュラルチーズは真空包装の状態で売られています)、一番美味しい状態のチーズをご家庭で味わえる貴重な機会ではないかと思われます。
「サンヴァンサン祭」の際にはまた別のイベントが行なわれるようですが、それ以外の「花の芸術祭」の時期には毎日行なわれるこのイベント、覗いてみるだけでも結構楽しめるのではないかと思います。

チーズ好きの私としては、このオークションだけでも参加してみたいのですけどね。流石に“夏”に3泊4日の帰国をした後では帰国の為の費用を捻出できず、涙を飲んで“秋”の帰国を諦めたものです。
いつか“秋”の帰国が実現するといいなぁ・・・・・・と言いながら“冬”にはしっかり帰国の予定(12月)が入っていたりするのですが。
21:18 | 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
戴いたコメントです
コメントを書いてください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TrackBackのURLです

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。