2006年07月01日

ワールドビアフェスタ

ハウステンボスは、当初から「オトナ」を意識したテーマパークであったように思います。(その所為か“遊園地系”の施設がほとんど無く、「何も無い」「楽しめない」と言われることも多いのですが・・・・・・たらーっ(汗)
現在も、開催されるイベントの多くは大人の為のもの、と言い切ってしまっても過言では無いでしょう。その際たるものが、各種酒類の試飲・販売のイベントだと思います。
今まで開催されたものは、春の「笑酎まつり」(焼酎の試飲イベント)・秋の「サンヴァンサン祭」(ワインの試飲イベント)がありますが、この夏には、新たなイベントが加わります。

その“新イベント”が、ここでご紹介する「ワールドビアフェスタ」です。(毎度のことですが、リンクをスクロールしてください)

世界のビールの祭典。期間限定販売のワインボトルサイズの『キャスティールブリューン』やビヤグラスをデザインした『スタルク1664プレミアムビール』等、様々なアイテムをご用意。

〔開催時間/10:00〜19:00〕

『ディオニソス』外観この「ワールドビアフェスタ」が開催される場所は、ビネンスタッドにある“洋酒の専門店”『ディオニソス』です。「生ワイン」や「量り売りワイン」などで知られていますので“ワイン専門店”だと誤解されることも多いのですが、実際にはワイン以外のスピリッツやビールも数多く置いてあります。・・・・・・まぁ、確かにワインの品揃えは群を抜いていますけど。あせあせ(飛び散る汗)

その『ディオニソス』が“洋酒専門店”たる気概を示した・・・・・・かどうかは知りませんが、今回のイベント「ワールドビアフェスタ」では、世界中からビールを集め、それを一堂に会して販売するものであるようです。
ただ、今までのイベントである「笑酎まつり」や「サンヴァンサン祭」と違うのは、試飲では無いかと思います。焼酎やワインであれば少量でも味は判りますし、栓を抜いたあともしばらくは味が変わらないのですが、ビールはある程度の量を飲まないと味が判らない上に、栓を抜いてしまうと炭酸が飛んで著しく味が変わってしまうと言うネックがありますので。ふらふら

それでも、先に『ワールドバザール』で行なわれた「ドイツフェア」では真っ先に「ドイツ産生ビール」が売り切れたと言う実績もありますし、期待は充分持てるのではないかと思います。何よりも、夏の暑い最中に汗を滴らせて場内を歩いた後にぐっと呷るビールの喉越しはさぞぴかぴか(新しい)爽快ぴかぴか(新しい)なものだろうな、と。ひらめき
隣りは美味しいソーセージやハム・ベーコンを売っている『タブリエ・ド・ロア』がありますので、バラ売りのソーセージをつまみに買って(ここのソーセージはそのまま食べることも出来ます)、歩き疲れて戻ったホテルの部屋で、シャワーを浴びて汗を流してから美味しいソーセージをつまんで飲むビール・・・・・・今からヨダレが出てきそうです。わーい(嬉しい顔)(←汚い例えだなぁ・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)

さて、考えてみますと、酒類販売のイベントはこの「ワールドビアフェスタ」をもって3つの季節までもが揃いました。
曰く、
・春の「笑酎まつり」(焼酎
・夏の「ワールドビアフェスタ」(ビール
・秋の「サンヴァンサン祭」(ワイン
がそれです。

となると、後は冬のイベントが出来ると春夏秋冬全ての季節が揃うのですよね。
ならば・・・・・・考えられる“販売して欲しい酒類”は、やはり日本酒でしょう。冬には正月がありますから、そこを見越して是非とも日本酒の試飲・販売イベントを作って欲しい、と。
正月には、全国の百貨店などで鏡割りの後振舞い酒をする、と言うウツクシイexclamation×2(←あのね・・・・・・たらーっ(汗))習慣がこの国にはあります。そして、ハウステンボスの『ゼーランド』には、九州の美味しい日本酒が何銘柄もあります。
それからしても、日本酒のイベントを行なうことは何の支障も無いことでしょう。全国の銘酒を、この機会に取り寄せて特別販売するのもいいでしょうし。そこで、九州には焼酎ばかりでなく美味しいお酒もあるのだと知っていただく良い機会ではないかと思います。

(しかし、まぁ・・・・・・酒飲みに語らせるとコレだからなぁ・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
21:10 | 長崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
戴いたコメントです
コメントを書いてください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TrackBackのURLです
http://blog.seesaa.jp/tb/20119133
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。