2006年06月05日

Tシャツサミット2006

この情報は・・・・・・現在も行なわれておりますので“一応”「初夏の情報」のカテゴリに入れておきますが、実は春から既に開催されており、夏休みが終わる迄の長い間行なわれる気の長いショップのイベントです。昨年の夏は“お気に入り”に投票するようなイベントも行なわれていましたが、今年は、さて、どうなりますことでしょうか・・・・・・?
(追記:この「Tシャツサミット」は、どちらかと言うと夏向きのイベントです。そのため、「初夏のショップ情報」のカテゴリにはやはりそぐわないと思われますので、新たに「イベント」カテゴリを作り、そちらに分類しました)

『スキポール』外観『フォンデル』外観『シーブリーズ』外観
ボー・ベンディクセンコレクショントラベルマンコレクション『メタモルフォーゼ』.jpg

夏本番に向けて、好みのTシャツを見つけたいもの。「Tシャツサミット」では、ハウステンボスオリジナルTシャツの新柄100タイプが登場。シーズン限定Tシャツをはじめ、個性的なデザインがいろいろ揃います。

(「HUIS TEN BOSCH PRESS」より抜粋)

ハウステンボスはリゾートです。
その為、ラフな格好もある程度許されていますので(幾ら何でも水着やストリーキングは論外ですが(笑)、まぁ、“常識の範囲内”として)場内で売っているTシャツを着てホテルレストランに行ったところで、歓迎こそされ入店拒否などされることはありません。
(但し『迎賓館』のメインダイニング『エリタージュ』のみドレスコードがありますので、さすがにTシャツで入ることは出来ません。悪しからずご了承ください)
また、夏の汗をかく時期には、化学繊維の服を着ていると肌の弱いお子さんなどはあせもや湿疹の原因にもなりかねません。そういうときは、綿100%のTシャツを着て歩いた方が宜しいのではないかと思います。

ハウステンボス側も心得たもので、この時期はTシャツを扱っている店舗を対象に様々なデザインのTシャツを売り出します。実際、ハウステンボスで売っているTシャツは、テーマパークにあるまじく良質なもので、価格は少々市価よりも高めですが、その分生地のしっかりした長く着ることが出来るものを扱っています。
この“Tシャツ販売のイベント”こそが今回ご紹介する「Tシャツサミット2006」〔開催時期:4/23日(日)〜9/3(日)〕です。

既に『メタモルフォーゼ』『トラベルマンコレクション』は、この「Tシャツサミット2006」に参戦しています。
『メタモルフォーゼ』のTシャツは丸襟・ヘンリーネック・襟付きの3タイプがあり、お好みに合わせて選ぶことが出来ます。柄も、有名な「滝」の他に「上昇と下降」「婚姻の絆」「物見の塔」などエッシャーの有名な絵はほとんどあるようです。
『トラベルマンコレクション』は、この時期ならではの「世界旅行編」を売り出しています。売れ筋はやはり日本の「vs侍」のようですが、サッカーのワールドカップが開催される今年はそれに合わせたデザインなども作られているようです。
(この2店舗は通販サイトの『ハウステンボスショッピングモール』にも既に新柄を出品しています)
その他に、『ボー・ベンディクセンコレクション』も「イルカ」と「ゾウ」のデザインのTシャツを売り出しました。こちらは“夏限定”のデザインと言うことですので、この時期を逃してしまってはおそらく購入は難しいものと思われます。

他にTシャツを扱っている店舗と言うと・・・・・・キャラクターショップがやはり入るのでしょうね。となると、未だ情報は入ってきませんが『ちゅーりーちゅーりー』『ナインチェ』などもひょっとしたらこの「Tシャツサミット2006」に、何らかの形で関わってくるのでしょうか?(←ちょっと期待を込めてみました。あせあせ(飛び散る汗) 出来れば両店舗とも子ども向け・大人向けにそれぞれ新柄のTシャツを売り出してくれるといいなぁ・・・・・・るんるん

また、これらの新柄Tシャツは『スキポール』『フォンデル』『シーブリーズ』といった総合土産物店でも取り扱っています。それらの店では様々な店舗のデザインのTシャツを並べて見ることが出来ますから、そちらでお気に入りのデザインを探してから専門店に行く、という探し方がより効率が良いのではないかと思われます。
夏のお祭のひとつであるこの「Tシャツサミット2006」でお気に入りのTシャツをゲットして、それでハウステンボスを歩いてみては如何でしょうか?

さて、私は記事の中で、ハウステンボスで売っているTシャツが「テーマパークにあるまじく良質」であると書きました。実は、これには理由があります。

私は、HN(「ボヘミアン」ではなく「chibapeanuts」の方です)でご想像の通り、千葉県に在住しています。
ご存知の通り、千葉県には“テーマパーク”及び“リゾート”と銘打っている巨大遊園地「東京ディズニーリゾート」があります。
ここでもキャラクターをプリントしてあるTシャツを売っているのですが、その生地たるやペラペラで、2〜3回洗濯をすれば間違いなくボロキレになるのではないかと危惧されるような化繊の生地です。私は肌が弱く、化繊の生地の服を夏場に着るとすぐに湿疹ができてしまう性質なので、このTシャツを着ることが出来ませんでした。バッド(下向き矢印)

それに引き換え、ハウステンボスのTシャツは綿100%の肌に優しい生地ですし、やや厚手の生地は幾度もの洗濯にも耐え得るものですので、仕事着の下に着るTシャツとして、長いものは2年以上にも渡って活躍してくれています。また、デザインがシンプルなものも数多くありますので、普段着としても重宝しています。その為か、今、私のクロゼットの中はハウステンボスのTシャツがたくさん(数えたことはありませんが、多分10枚は軽く越えているのではないでしょうか?)詰まっています。揺れるハート

こんなにも、そして普段の生活にも使えるTシャツです。お祭に浮かれて2〜3枚購入しても、その後を考えると安い買い物になるかもしれませんね。ぴかぴか(新しい)
00:00 | 長崎 | Comment(2) | TrackBack(0) | イベント
戴いたコメントです
こんにちは、Tシャツサミット、楽しそうですね。
私も3月の帰国の際、こちらでのコメント(ハウステンボス雑記の方だったかな?)で、ハウステンボスのTシャツはいい、というのを見て、トラベルマンで1枚購入してきました(^^)。肌触り良いですよね。それと、ちょうどバーゲンしていたので、スキポールでフード付パーカーも購入しました。これが暖かくって!1000円とお得だったので、1シーズンでもいいか、と思ってたんですが、何の何の。寒いの苦手なんで重宝しますよ。
次回帰国時はボー・ベンディクセンコレクションのTシャツを購入しようと画策中。
Posted by ありす at 2006年06月06日 10:36
ありすさん、度々のお越し、ありがとうございます。
ハウステンボスのTシャツは結構着心地が良いでしょ?それに割と丈夫なので、1年間週1で着て洗濯してもびくともしませんでした。これを知ってしまったお蔭で他のTシャツはもう着れない・・・・・・(^_^; その所為で買うのはTシャツばかりなのですが、ブルゾンやパーカーも欲しかったんですよね。お買い求めになられたんですね。いいなぁ。
『ボー・ベンディクセンコレクション』も可愛いデザインがたくさんありますよね。私が持っているのは、今は無き『バルーンショップ ルフティー』で買った「チューリップ」と「イルカ」ですけど、今年限定の「ゾウ」「イルカ」も良いし・・・・・・。
Posted by ボヘミアン(chiba) at 2006年06月06日 22:36
コメントを書いてください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TrackBackのURLです
http://blog.seesaa.jp/tb/18843650
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。