2006年05月21日

The Life Spa RIN(RINウェルネス)

この施設の紹介を“ショップ情報”メインのこのブログに入れるのはどうかな・・・・・・?とも思いましたが、今注目の施設でもありますし、現在のところイチ押しの施設でもありますので記事にしてみました。
(意外と検索でも引っ掛かるようですしね)
ちょっと前に“コスプレ写真館”(←おい!)の『フォトジェニック』もご紹介したことでもありますし。あせあせ(飛び散る汗)

『RINウェルネス』外観

お洋服のまま受けられる、
オープンスペースのカジュアルなメニューから、
個室での贅沢な メニューまで、
多様なご要望にきめ細かくお応えしてまいります。
トリートメント前後にご利用いただける
ゆったりとしたリラクゼーションラウンジ、ヨガやストレッチなどの
アクテイブな体験ができるスタジオ、プール、サウナと併せて
ご利用いただくことで、より効果的な
トータルウェルネスを実感していただけます。

〔営業時間/12:00〜21:00(最終20:00)〕※予約受付時間/9:00〜18:00

『RINウェルネス』は、もともと『ウェルネスセンター』内にあった『ジャックポット』というカジノバー(外国のように換金出来るものではなく、あくまでもゲームを楽しむものです)の跡地とジャグジーなどの施設をリニューアルして作られたものです。(多分。実は『ジャックポット』やジャクジーは利用したことが無いので詳しく知る訳ではありませんが)
「リゾート」としての性格を前面に押し出した施設作りをするにあたり、先ず最初にリニューアルされたのが、ここと『RINヨーロッパ』(旧『バリニーズエステ』)です。“エステティック”よりも“リラクゼーション”をメインにしたスパですので、女性のみならず男性もゆるりと楽しむことが出来そうです。

『RINウェルネス』受付(生花)中に入ると、先ず、このような生花が飾られた受付が眼に入ります。生花は季節感を感じさせるもの、季節を先取りするものが飾られているようです。(写真は3月初めに撮ったものです。ご覧の通り“桜”が飾られています)


『RINウェルネス』施術室エントランス受付を済ませ、担当のセラピストさんに連れられて2階へと上がります。2階には、このようなエントランスがあり、この横にある下足箱で履物を履き替えます。履きかえる履物(所謂“健康サンダル”というモノですが・・・・・・)は、下足箱の中に既に用意してあります。


『RINウェルネス』ウェイティングルーム履物を履き替えて先ず案内されるのは、廊下の脇にあるウェイティングルームです。ここで、現在の体調やリラクゼーションを受けるにあたって気になること(例えば怪我をした箇所があるときなど、ここで申し出ておくと施術を受けるときにセラピストさんが注意してくれますので、余計な痛みを感じるようなことが無くてすみます)をチェックします。また、この問診の際に、マッサージで使用するオイルを選んだりもします。

『RIN』ウェルネス ロッカールーム『RINウェルネス』ロッカールーム内シャワー問診が終わるとロッカールームに通されます。ここで着替えをしたり(プライベートスペース)、上着を置いたり(オープンスペース)します。荷物や貴重品もここに預けておきます。
また、ここにはトイレやシャワールームも併設されています。シャワールームはオイルマッサージを受けた後などに使うようになっているそうです。が、オイルマッサージは“塗る”というよりも“擦り込む”という状態ですのであまり使うことは無いようですが・・・・・・。
『RINウェルネス』ロッカールーム内パウダールームそして、このようなドレッサーもありますので、化粧はここで落とし、また、施術後にはここで化粧をすることになるようです。・・・・・・ようです、というのは、私は化粧をしませんので(肌が弱く、すると真っ赤になりますものでたらーっ(汗))そういう使い方をしたことが無く、せいぜい髪を梳くくらいが関の山でして。・・・・・・と、閑話休題。

さて、ここで身支度が終わるといよいよ施術開始です。オープンスペースは日当たりの良い部屋に寝台が置いてあり、服を着たままそこに横になって施術を受けます。プライベートスペースですとバスローブを羽織って明りが落とされた個室に入り、これも設えられた寝台に横になって施術を受けることになります。
施術は、どのコースでもセラピストが自分の手で行ないます。いずれのコースも(多少の強弱はあるにせよ)やわらかいタッチでの施術ですので、例えば足裏のマッサージにしても痛みを感じることはあまり無く、その心地良さにすやすやと眠ってしまうこともしばしば・・・・・・。

施術後は、リラクゼーションルームでゆったりとお茶を楽しみます(水も飲めるようになっています)。このときのお茶は、セラピストさんが用意してくれるオリジナルのハーブティーです。今まで私が戴いたのは《スムースイエロー(カモミール・ペパーミント・フェンネル)》と《チューリップティー(ハイビスカス・チューリップ・レモングラス・ローズヒップ)》の2種類です。観葉植物に囲まれ、静かに流れる水音(リラクゼーションルームの中央には池のようなものが設えられており、絶えず水が流れています)に耳を傾けながら戴く薫り高いお茶はまさに至福のひとときを演出してくれます。
ちなみに、施術中は意外と汗が出ていますので、身体は少々脱水状態になっています。ですから、リラクゼーションルームでのお茶は是非戴いておいた方が宜しいかと思います。

最後に着替えて受付に戻り、支払いをします。お値段はそれぞれですが、実は場内ホテル宿泊者及びモーレンクラブ会員は10%の料金の割引があります。

1度ここでの施術を受けると、その後2度・3度・・・・・・と足を運んでしまうほどの快適な施設です。疲れた身体と心をリラックスできる稀有の施設でもありますので、どうぞ至福のひとときをみなさんも楽しんでみてください。
戴いたコメントです
私も去年11月、初めて経験してすっかりはまってしまい、今年の3月の帰国の際も施術を受け、更にはまりこみ、これはもう帰国のたびに行くしかない!と決心した1人です(笑)。私はヨーロッパのRINしか行ったことがないのですが、そちらで話をうかがうと、RINウエルネスではまた違ったメニューがありますよ、とのことですので、今度はそちらもいいなあ、と思っています。ヨーロッパの方はスペース的には狭いかもしれませんが、中々優雅な気分に浸れますよね(^^)。
Posted by ありす at 2006年05月23日 13:50
ありすさん、ようこそ!
私の場合、ありすさんとは逆で『RINヨーロッパ』へ行ったことがありませんのです。(^^ゞ
ですから1度は体験したいと思うのですが、3月に2度(!)体験したときは『RINウェルネス』の特別プログラム「ラディアント レッグス」にハマってしまったものでとうとう行かずじまい・・・・・・。とは言え、“ウェルネス”だけ書いて“ヨーロッパ”を書かないのは片手落ちかな、と思いますので、夏の帰国の際には是非『RINヨーロッパ』を体験してみたいと思っています。
『RINウェルネス』の特徴は選べるコースの多彩さとお手軽さですね。短時間であれば20分ほどの「パーツリフレッシュメント」(服を着たままのオープンスペース)があり、対するは2時間かかる「デトックス」などがあり・・・・・・と、本当に様々なコースがありますので、次への楽しみが多いのが好きです。
あと、施術を受けた後に戴くカードも嬉しいですよね。コツコツと手書きでひと言、ひと言と書いてくれたんだろうな・・・・・・・・と思うと嬉しさも倍増するような気がします。いい記念にもなりますしね。
Posted by ボヘミアン(chiba) at 2006年05月23日 20:47
『ラディアント レッグス』されたんですね!私もいいなあ、と思ってたんですが、それより当時は肩こりがひどくて・・・。ちょうど血行を良くする、というメニュー(名前忘れました・・・)が特別価格でしたのでそっちに行ってしまいました。でもホントに肩こり取れました。今度はウエルネスのほうに行ってみようかなあ。
施術を受けた後にカード?
私2回ヨーロッパで施術受けましたけど、カードはもらったことない〜!それはウエルネスだけのサービスかしら?いいなあ。
ますますウエルネスにも行ってみたくなりました。
夏にもご帰国されるんですね、羨ましいです(^^)。
その際はぜひヨーロッパに行ってみてくださいませ。
Posted by ありす at 2006年05月24日 09:57
あれ?『RINヨーロッパ』ではカード無かったですか??セラピストさんの名前とコメント・受けたプログラム・戴いたハーブティーが書かれたカードですけど・・・・・・。
カードには別に『ウェルネス』とか『ヨーロッパ』なんて書いてないからてっきり『ヨーロッパ』で施術を受けたときも貰えるものだとばかり思ってたんですけどね・・・・・・。A^_^;
では、ありすさんも次回は是非!『RINウェルネス』で施術を受けてみてください。最後に受付でカードを貰うんですけど、結構嬉しいものですよ♪

私も次回は『RINヨーロッパ』での施術を受けてみますね。肩こりは私も結構くる方なんで、次回受けるのは「ホワイトローズ」の「リミディアル」あたりが狙い目でしょうか?
Posted by ボヘミアン(chiba) at 2006年05月24日 20:45
コメントを書いてください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TrackBackのURLです


デ アドミラル(ランチPart1)
Excerpt: デアドミラルのランチタイムメニューです。 改訂版をアップします。 オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オール..
Weblog: ハウステンボス飲食店がいーど!
Tracked: 2006-05-28 11:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。