2010年03月22日

カフェ・デリ・プリュ(商品情報:ぱーと2)

さて、前の記事で紹介しました「米粉ロールケーキ」ですが、第二弾も発売されていますのでご紹介します。『ラフレシール』の「佐世保豆乳ロールケーキ」も、こちらの「米粉ロールケーキ」も、多少風味は違いますが同じ系統の味ですので、このあたりで味に変化を・・・・・・と思えばこれもまた直球での真っ向勝負と言えるのではないでしょうか。余程の自信が無い限り、出来ないことです。

『カフェ・デリ・プリュ』外観
ホテルの味をテイクアウトで味わえるカフェデリ

開業当初より定評のあるホテルヨーロッパの味を気軽にお楽しみいただけるよう、こだわりのスイーツ・ベーカリー・デリカテッセンを取り揃えました。

テイクアウトをしてハウステンボス場内で楽しんだり、イートインでもお召し上がりいただけます。
〔営業時間/11:00〜17:30(水曜日店休)〕

カフェ『ホテルヨーロッパ カフェ・デリ・プリュ』です。

『カフェ・デリ・プリュ』米粉ショコラロール
こちらのショップ(?)が第二弾として発売した商品の「米粉ショコラロール」¥1,800(カット¥350)です。
それでは、前回同様ハウステンボスオフィシャルHPの記事からどんな商品なのかをご覧戴きましょう。

ベルギー産高級クーベルチュールを使用したホテルパティシエ特製ロールケーキ第3弾
「米粉ショコラロール」誕生!!

上質なチョコレートのみに与えられる国際的な称号「クーベルチュール」。ベルギー産の高級クーベルチュールを使用したホテルパティシエ特製「米粉ショコラロール」が遂に誕生しました。
素材へのこだわりと地元食材に対する感謝の気持ち、そして、お召し上がりいただくお客様にご満足頂けるよう真心を込めて1本1本丁寧に仕上げております。

■価格 1本1,800円(18cm)/カット350円
■販売店舗 ホテルヨーロッパ カフェデリ プリュ


■米粉ショコラロール 

●素材へのこだわり

ベルギー産高級クーベルチュールを使用。その最大の特徴は、一般のチョコレートでは味わえないなめらかな口どけにあります。口の中に入れると体温でカカオバターが溶けだし、チョコレート本来の粒子の細かさとあいまって、チョコレート独特の風味豊かな味が口の中に広がります。また地産地消とフードマイルにこだわり、地元で生産された最高の食材を使用しました。

●作る時のこだわり

一番のこだわりは生地の焼き加減。試行錯誤により絶妙な温度を割り出し、天火と下火の温度を絶妙に変える事で“ふわっふわ・もっちもち”とした食感に仕上げました。パティシエのキッチンで毎朝、1本1本丁寧に手間隙かけて焼き上げています。

●クリームの美味しさの秘密

チョコレートクリームは地元・大村産のこだわり卵をたっぷりと使用したカスタードクリームにベルギー産高級クーベルチュール(ビタータイプ)を加え、味わい深くまたさっぱりとした後味に仕上げております。
また生クリームと2層になっており、2つのクリームが口の中で溶け合って、上品でまろやかな味を同時にお愉しみいただけます。

●生地の食感

ふわふわ・もっちもち・なめらか

●美味しい召し上がり方

常温でも十分お愉しみいただけますが、おすすめは冷蔵庫で1〜2時間程軽く冷やしてお召し上がりください。
口の中でとろけるハーモニーがご堪能いただけます。
『カフェ・デリ・プリュ』米粉ショコラロール(カット)プレーンタイプの「クリーム味」に引き続き「チョコレート味」が登場しました。

「クーベルチュール」という名称は、もともとはフランス語の「覆い」という意味で、転じて製菓用に加工されることを目的に作られたチョコレートのことを指します。国際規格では「総カカオ固形分35%以上、カカオバター31%以上、無脂カカオ固形分2.5%以上、カカオバター以外の代用油脂は使用不可」という細かい規定があります。が、日本製の「クーベルチュール」と称されるチョコレートは、単に製菓用に適しているという意味であって、植物性油脂が代用油脂として使用されているものもあるのだそうです。

ハウステンボスでは、チョコレートにはカカオ以外の油脂を使用しないベルギー産のチョコレート、それも「クーベルチュール」の名を冠したチョコレートを使用しています。それだけに、甘い甘いミルクたっぷりのチョコレート味とはちょっと違う“オトナの味”を戴くことが出来そうです。・・・・・・例によってまだ食べてはいないのですが。あせあせ(飛び散る汗)
なお、オフィシャルHPの元記事はこちらからご覧ください。

ロールケーキという形といい、クリーム・チョコレートと言った日本人になじみの味といい、その親しみやすさもさることながらシンプルさが却ってごまかしが効かないところでの商品開発は、その、何と言うか・・・・・・“ハウステンボス”の特徴ですよね。余計に飾らない、飾らな過ぎるから目を引かない、だから本当にアピールすべき“本物志向”にまで目が届かない・・・・・・。この辺り、私の地元の某大型遊園地とは一線を画すところではないかと思っています。

もっとも、【テーマパーク=遊園地】と認識されている現在の状況では、これが弱点にもなりかねないのですよね。ごてごてとキャラクターで飾り立てて中味は十把一絡げという“商品”が大手を振ってまかり通っているのが【人気テーマパークの商品の現状】なのですから。
ですが、それがハウステンボスを単なる“オランダの建物の物真似”だけではない空間にしている原点ではないかな、と思います。上っ面だけでは判らない奥深さもココから来ているのでしょう。・・・・・・まぁ、だからこそハウステンボスの良さが判りにくいとも言えるのでしょうけど、ね。
22:04 | 長崎 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | ユトレヒト
戴いたコメントです
こんにちは、お久しぶりです。
3月の3連休に帰国して、この米粉ショコラロール食べてきました。すんごく美味しかったです(^^)。豆乳ロールも美味しいですけど・・・どっちかひとつといわれると悩みます。次回帰国するときもぜひ食べたいおいしさでした。
Posted by ありす at 2010年03月26日 12:58
ありすさん、お久しぶりです。
お見捨てにならずご訪問戴きましてありがとうございます。

ご感想をありがとうございます。
そうですか、「米粉ショコラロール」美味しかったですか。
「佐世保豆乳ロールケーキ」は試食でチョコッとだけ食べた程度で、他は実は食べていないものですから、こういった生の感想はとてもありがたいです。
“ご当地グルメ”の一環としても充分な「佐世保豆乳ロールケーキ」「米粉ロールケーキ」「米粉ショコラロール」が、密かな人気に止まらず全国に知らしめることが出来ればなぁ・・・・・・と思います。

“りょうまちゅーりー”のツイットによると、どうやら『リンダ』のストラップベアも好評により売り切れたようですし、報道でもここのところハウステンボスのお客さんの入りもまずまずのようですし、この状況が続いて欲しいですよね。
Posted by ボヘミアン(chiba) at 2010年03月28日 20:01
こんにちは。
3連休はさすがにすごい人でしたよ。
食事難民続出、って感じでした。
ホテルのレストランも予約しておかないと満席で・・・でも混雑してる場内、にぎわっててうれしかったです。

佐世保豆乳ロールも、米粉ロールも米粉ショコラロールも本当に全国的な人気のスイーツになってほしいですね、おいしいですもん。
ハウステンボスでひそかな人気、だけではもったいないですよ。

ストラップベア、完売ですか。かわいかったですもんねえ(^^)。私もちょうちょの方、買ってきました。そういえば、私はシーブリーズで購入したんですが、そのときはいっぱい並んでたのに翌日見に行くとなくなっていて、違う商品が並んでいてびっくりしました。

この状況がこのままずーっと続いてほしいと心から思います。
Posted by ありす at 2010年03月29日 10:59
今の状況は、それこそ“HIS効果”とも言えるものでしょうから長く続くかははっきりしませんが、これからの施策次第で継続できる・・・・・・のかな?と思っているのですが・・・・・・。
何にしても、HISが経営に加わることでハウステンボスの弱点である“宣伝下手”からの脱却は期待出来そうだな、と思います。

3連休は“JTB”も重なっての出足だったとは思いますが、そんなに多かったのですか。
自分の愛する場所ですから、賑わいは素直に嬉しいです。そして、春休みが終わるこれからが真価が問われるところだとも言えそうですね。

私は、今まで帰国出来なかった鬱憤を晴らすべく(笑)今週と来週の週末に2連続でハウステンボスの状況を見てこようかと思っています。我が家代わりの(^_^;)デンハーグは休館中ということでちょっと寂しいですが、今週末はアムステルダム、来週末はヨーロッパとホテルのハシゴをしながらの帰国です。
Posted by ボヘミアン(chiba) at 2010年03月31日 20:16
コメントを書いてください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TrackBackのURLです
http://blog.seesaa.jp/tb/144355391
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。