2009年01月20日

ラフレシール(冬のショップ情報)

それでは、今度はこちらをご覧ください。
こちらの商品もすっかりおなじみとなりました。

『ラフレシール』外観
これを目当てのリピーターもいるほど。大人気のチーズケーキ専門店

ハウステンボスが誇る、チーズケーキ専門店『パティスリー』のパティシエが作り上げた究極のレシピのもと、納得の自信作がここに完成! キャラメルとチーズケーキが見事にマッチしたほろ苦い味わいを お楽しみください。

季節ごとの旬な素材を使った季節限定のチーズケーキも人気です。
〔営業時間/10:00〜19:00〕

チーズケーキ専門店『ラフレシール』の冬限定の商品です。
以前、スパーケンブルグにあったときは、ベイクドの「プレーンチーズケーキ」を基にした「キャラメルチーズケーキ」や「季節のチーズケーキ」が売り出されていました。今でも「プレーン」と「キャラメル」が購入出来るのは、この頃の名残りとも言えるでしょう。
その後、現在の『マルシェ・ド・パラディ』の『ジョリ・マルシェ』に移転してから、新商品として発売された「ラ・ジュードゥ・ランジュ」が好評を博し、それに伴って「ラ・ジュードゥ・ランジュ・オー・シトロン(レモン風味)」が季節のバリエーションとして販売されるほどになりました。

今回の商品は、この流れをくんだ「ラ・ジュードゥ・ランジュ」の新しい季節のバリエーションとも言うべき商品です。これも好評であれば、晩冬〜春に開催される「スリーベリーフェア」にも販売されるのではないかと思われる期待の商品だといえるでしょう。

ラジュードゥランジュ ストロベリー風味

人気のチーズケーキに期間限定でストロベリー味が登場。福岡産「あまおう」の甘さとクリームチーズの酸味が絶妙にマッチ。

黒ハート場所/ラフレシール
黒ハート料金/2,500円
(『HUIS TEN BOSCH NEWS』より抜粋)

ラ・ジュードゥ・ランジュ フレーズ(ディスプレイ)
「ラ・ジュードゥ・ランジュ・オー・フレーズ(ストロベリー風味)」です。
「ラ・ジュードゥ・ランジュ」は元々レアチーズケーキ・ベイクドチーズケーキ・ビスキュイ生地の3層になっているケーキです。今回の「オー・フレーズ」は、そのレアチーズケーキの層に福岡産の高級イチゴである「あまおう」を使ったストロベリークリームをサンドしてあります。

ラ・ジュードゥ・ランジュ フレーズ(カット)
このケーキは、冷凍の状態で持ち運びが出来るホールタイプ¥2,500の他に、その場で食べられる、或いは短時間であれば持ち運びが出来るカットタイプ¥420が販売されています。『ラフレシール』の前にはコーヒー専門店の『マイスターズ・ドリップ』があり、その間の通路にはテーブルと椅子も置いてあります。どちらも店外にイートインの商品を持ち出して食べることが出来ますし(但しカップやサイフォンはちゃんと返却しましょうね。また、使い捨ての皿やフォークはちゃんと店内のゴミ箱に捨てましょう)、他にも『タンテ・アニー』でもドリンクを販売していてその前にもテーブルと椅子がありますので、ケーキやドリンクをそこで食べている方を多く見かけました。
・・・・・・という訳で、私もカットケーキを購入してホテルの部屋で食べてみました。使っているティーセットは『ホテルデンハーグ』に常備してあるものです。
レアチーズケーキの中のストロベリークリームは、確かにイチゴの香りがしっかりとするものでした。「あまおう」は甘味が強く酸味がほとんど感じられないイチゴですが、このクリームもしっかりとイチゴの甘味があり(砂糖の甘みとは一味違った爽やかさすら感じられる甘味でした)、チーズの味とマッチしてとても美味しかったです。ベイクドのチーズ味もビスキュイのサクサクした食感もいつもと変わらぬ美味しさで、あっという間に食べてしまったものです。

ここ『ラフレシール』では、「季節のチーズケーキ」を見なくなったように感じてちょっとした寂しさがありましたが、夏の“レモン風味”の「オー・シトロン」・冬の“ストロベリー風味”の「オー・フレーズ」が登場して賑やかになってきたのではないかと思います。
これからも、季節のフルーツを様々に使って私たちの目と舌を存分に楽しませて欲しいと思っています。
戴いたコメントです
前回帰国の時、帰りに絶対買って帰ろう!と決めていたのに忘れたラ・ジュードゥ・ランジュ・・・。
初日に試食させてもらって美味しかったので・・・また来ます!といったくせに・・・。
その場で食べることもできたんですよね・・・買い忘れた時の為に3月はとりあえずカットケーキを頂くことにします。シンプルなのでも美味しかったし。
Posted by ありす at 2009年01月30日 16:10
>また来ます!といったくせに・・・。

コレは私もよくあちこちでやります。最終日には疲れてしまって気ばかり急いてついついこぼれてしまう予定がいくつも出来てしまうのですよね。

この「いちご風味」のカットケーキですが、部屋に持って帰る他にその場(通路のテーブル)でお向かいの『マイスターズ・ドリップ』のコーヒーや『ラフレシール』の紅茶と一緒に召し上がっている方も多いので、おやつどきの午後3時前後にはほとんど無くなっていたようです。確実なのはやっぱり早め、ということになりそうですね。2月〜3月には毎年「スリーベリーフェア」があることですし、こちらもフェアの時期いっぱいまで販売して欲しいものですね。
Posted by ボヘミアン(chiba) at 2009年02月02日 22:25
コメントを書いてください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TrackBackのURLです

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。