2009年01月19日

リンダ(冬のショップ情報)

年が明け、既に1月も下旬に差しかかろうという頃になりましたがみなさま如何お過ごしでいらっしゃいますでしょうか?
モノグサな管理人は、半月近い日々を過ごしてようやく重い腰をあげたところです。今年は事情により今までになくのたのたとした更新になるかもしれませんが、どうぞみなさまお見捨てにならずにお付き合いください。

さて、今冬の「光の街」、私は(遠方にもかかわらず)既に3度の帰国を済ませてまいりました。実のところ来月にもう1度帰国を予定しておりますが・・・・・・。
その中で見つけて来ました今冬の商品たちを、既にご覧戴いているものも含めて半ば備忘録的にご紹介して参りたいと思います。

それでは、こちらの商品をご覧ください。季節の商品も定期的にリリースされている元気なショップのひとつです。

『リンダ』店外.jpg
限定品もたくさん! 貴重なテディベア専門店

店名は、テディベア研究の第一人者で、テディベアキングダムの名誉館長でもあるリンダ・マリンズさんからいただいたもの。1997年10月10日にナイアンローデ城横にオープンした『テディベアキングダム』のミュージアムショップです。季節ごとに、オリジナル限定ベアが登場します。
〔営業時間/9:00〜20:30〕

テディベアショップ『リンダ』の情報です。こちらからは、今冬3つの商品が発売されました。
まずはこちらをご覧ください。2月27日(金)まで開催されている「光の街」の期間中販売されている商品です。

2008光の街限定ベア
星をイメージし、レースのガウンを羽織った光の街期間限定のベア。足裏には星の刺繍入りです。

◆期間/11月下旬〜
◆場所/リンダほか
◆料金/3,500円
(『HUIS TEN BOSCH NEWS』より抜粋)

2008光の街限定ベア「光の街限定ベア」です。
これは『リンダ』の店頭(外壁際のディスプレイ)にあったモノを撮影した画像です。
ご覧の通り、毛色からガウンから純白に揃えられた清楚な感じのベアです。大きさは大人の女性がスポッと抱いてちょうど良いくらい・・・・・・と言ってもちょっとわかりにくいですねあせあせ(飛び散る汗)、あえて言うならば大体例年の「チューリップベア」と同じくらい、と言えばご想像が付きますでしょうか?右足の裏のハウステンボスのロゴはおなじみですが、左足の裏の星の模様は可愛らしさを引き立ててくれているように感じます。
毛並みはやや硬めですが、それだけにしっかりと長持ちしてくれそうな感じです。お子さんが持って遊ぶにも良さそうですし、お部屋のインテリアとしても長く目を楽しませてくれそうです。

次は、こちらをご覧ください。この商品は毎年恒例の商品ですので楽しみになさっている方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれません。が、残念ながら現在は『リンダ』の店頭には出ていませんので、期間限定で出店する『MOLEN SHOP』や何かの折の在庫処分セールでしかお目にかかることはなさそうです・・・・・・。

2008クリスマスベア

サンタをイメージしたコートを着用したクリスマス期間限定のベア。コートと相浦にクリスマスの刺繍入り。

黒ハート場所/リンダ
黒ハート料金/3,360円
(『HUIS TEN BOSCH NEWS』より抜粋)

2008クリスマスベア「2008クリスマスベア」です。
こちらのベアも「光の街限定ベア」と同様に毛色は白です。そこに赤い帽子をかぶり、赤いコートを着て・・・・・・となると、私などはいつぞやの「サンタちゅーりー」を思い出しますね。アレも体色は白でサンタの帽子とコートを着ていましたので。それはともかく。
右足にハウステンボスのロゴが入っているのは「光の街限定ベア」も同様ですが、左足の裏には「Merry Christmas」の文字が刺繍されています。コートの刺繍は残念ながら確かめていませんが、多分同じような文字の刺繍があったのではないかと思います。
そして、こちらも遊びに使うよりは長く飾っておきたいベアです。コートの着脱は多分出来たと思いますので、『リンダ』で販売しているベアの洋服を揃えて着せ替えてみても面白そうかな、と思います。

そして、最後にこちらをご覧ください。毎年このシリーズは大人気で、ある年などはお正月を待たずに売切れてしまった、という話も聞いたものです。今年は発売日を厳守して販売していたようですが、それでも1月の連休(成人の日近辺)では既に店頭から無くなっておりました。

干支ベア(うし)
毎年、年末から販売している干支ベアシリーズの第7段。来年の干支にちなんで、ホルスタイン柄の着ぐるみを着た可愛いベアです。

◆期間/12月1日(月)〜
◆場所/リンダほか
◆料金/1,260円
(『HUIS TEN BOSCH NEWS』より抜粋)

干支ベア(うし)干支ベア(うし:着包みを脱いだとき)「干支ベア(うし)」です。
大晦日のカウントダウンの間に売切れてしまい、肝心の干支の年になったときに買えなかった、というのは2年前の「干支ベア(いのしし)」だったと記憶しています。あれはいのししの子どもである「ウリ坊」を模した模様にしてありましたので愛らしさがより増していて、目に留める方が多かったのでしょう。
今年の「干支ベア(うし)」は、ここ2年程行なっていた2色展開を止めて、ホルスタイン柄1色に絞っています。また、ここ3年程は着ぐるみをぬいぐるみらしい体毛で作っていましたが、今年は中のベアの部分(といっても頭だけですが)をぬいぐるみらしい体毛にし、本当に着ぐるみを着ているような様子にしてあります。
干支ベア(ねずみ&うし)そして、特筆すべきは従来のものとの大きさの違いです。ここ3年、干支ベアは同じベアにその年の干支の着ぐるみを着せる、という状態で販売されていました。が、こちらの画像をご覧になるとお判りかと思いますが、今年のベアは従来のベアと比べて一回りほど大きくなっています。また、顔もちょっと穏やかな可愛らしい顔になっています。手に持ったミルク缶も相まって“ミルク飲みベア”といった風情の愛らしさをかもし出していますね。

ざっと急ぎ足で今年の冬のベアをご覧戴きました。先にも申し上げたとおり、こちらの記事は半ば備忘録的に書きましたので、「光の街限定ベア」以外のベアは既に店頭でお買い求め戴くことは出来ません。
もっとも、元々が“期間限定”のベアですから、今回の形が本来のものであるのではないかとも思われます。やっぱりクリスマスが過ぎてから販売されている「クリスマスベア」も何処か物悲しいものがありますし。
それはさておき、ここ『リンダ』の期間限定ベアは、もはやハウステンボスの名物とも言うべきものです。これをメインキャラクターにすえるというのは様々なものとの兼ね合いから言ってもちょっと無理があると思われますが、『テディベアキングダム』と『リンダ』の顔として、末永く私たちを楽しませて欲しいな、と思います。
22:57 | 長崎 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2008 冬の情報
戴いたコメントです
干支ベア可愛いですよね。亥と子は何とかネットで購入したんですが、牛さんは売り切れでした〜。今までのも可愛かったですが今年の牛さんはまた可愛いですね、ミルク持ってるんですね。
ほしかった〜。やはり12月の販売時期に帰国しないと無理ですかね。
Posted by ありす at 2009年01月20日 11:04
ありすさん、度々のコメントをありがとうございます。

干支ベアは、一昨年の「いのしし」のコトがありましたので、私も12月に帰国できるときには(まぁ、誕生月ですので大体帰国はするのですが)早々にチェックするようにしています。
今年の「うし」はホルスタインのイメージが強いのでバリエーションを付けにくかったのかもしれません。ここ数年とはちょっと違ったベアですが、これもまた可愛いのでホクホク顔で購入したものです。

私もネット販売にも出てくるかと思いましたが、今年は見かけませんでしたね。となると、確実に手にするには12月の帰国で購入するのが一番、ということになるかもしれませんね。
そうは言ってもそうそう帰国できない遠方組としては個数限定でいいですからネット販売でも取り扱って欲しいものと思いますが・・・・・・。
Posted by ボヘミアン(chiba) at 2009年01月20日 23:55
コメントを書いてください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TrackBackのURLです

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。