2009年01月04日

アンジェリケ(冬のショップ情報)

新年明けましておめでとうございます。
ハウステンボスの「中期計画」もいよいよラストスパートに入り、あと3ヶ月を残すのみ。そのせいかあれやこれやともがきながら迷走する様子が見えますが、客としては(私たちのようなリピーターはともかく)そのときのハウステンボスが一期一会ですから、こだわりや面子はさておいて楽しい想い出を持って帰ることが出来るようにして欲しいものです。・・・・・・閑話休題。

それでは、遅くなりましたが“冬のショップ情報”をまた少しずつ書いてみることといたしましょう。2月末までは「光の街」が開催されていますから、今でも買える商品も結構ありますしね。
では、今年最初のご紹介はこちらから参りましょう。“冬の商品”として数少ない定番商品(本当は“数少ない”のは望ましくないのですけどね・・・・・・)として残ったこちらです。

『アンジェリケ』外観

花の香りを持ち帰るなら、オリジナル香水やアロマグッズを

香水、アロマキャンドル、バスグッズなど、香りを楽しむグッズと、花にちなんだエレガントな品々がそろう店。オリジナルのトワレや香水の量り売りも行っていて、シーズン限定の香りは見逃せません。
〔営業時間/11:00〜18:00〕

花と香りのショップ『アンジェリケ』です。
こちらでは、現在2つの季節商品を取り扱っています。まずは冬のみならず四季折々に出ているこちらからご覧ください。

2008冬季限定香水

光の街をイメージした冬季限定商品。カップルで使用できる男女兼用の香りです。
◆場所/アンジェリケ
◆料金/3,990円
(『HUIS TEN BOSCH NEWS』より抜粋)

冬季限定トワレ『Jewel Light』です。『NEWS』には香水となっていますが、実際に販売されているのは専用ボトルに入ったオー・ド・トワレですのであしからず。

ジュエル ライトこちらが『Jewel Light』の店頭ディスプレイです。いかにも冬のイメージがピッタリの雰囲気に作ってありますね。
香りは、昨年のが甘くガーリッシュなものだったのに対して、今回はクールな感じの香りですので、確かに男性がつけてもあまり違和感がないように感じました。とは言うものの、やっぱりメインは女性なのかな、と思えるようなほんのり甘酸っぱさを感じる香りでもあったように思います。
冬のトワレは、他の季節のボトルと違って形も独特で、容量もちょっと多いです。そのため、春〜秋のものよりも少しばかりお値段も張りますが、これはあくまでも容量にあわせたものですので・・・・・・。

お次はこちら。この商品は、ここ『アンジェリケ』だけではなく様々なショップでお目にかかることが出来ます。

ミラージュスフィアローズキャンドル

スタッドハウスと大きなバラがデザインされたローズの香りのキャンドル。火を灯すと一番大きなバラから光がこぼれキャンドルの灯りが内側に反射してキラキラと輝きます。
◆場所/アンジェリケ、パレスショップ、光の屋台、各総合売店
◆料金/1,050円
(『HUIS TEN BOSCH NEWS』より抜粋)

ミラージュスフィアローズキャンドル『ミラージュスフィアローズキャンドル』です。
昨年までとはずいぶん様相が違い、メタリックな外観です。デザインも写実的なものから抽象的なものに変わっていて、何となく『ボー・ベンディクセンコレクション』のデザインを彷彿とさせるようです。
色は赤と青の2種類がありますが、デザインはどちらも同じです。ですから、色違いがデザイン違いだった昨年までとは違って、どちらにするかを悩むということはあまり無さそうです。
キャンドルを入れて火を灯すと、赤のグラスはオレンジの光を、青のグラスは紫の光をやわらかく照らします。そこにふんわりとアロマキャンドルの香りが漂いますから、ムード作りやお休み前の雰囲気作りにはピッタリなのかな、と思います。(でも寝る前にはちゃんと消しましょうね♪)

こちらの商品はキャンドルグラス+アロマキャンドル1本のセットで箱に入れて販売しています。これ自体は『アンジェリケ』だけではなく各スーベニアショップやアレキサンダー広場に出ている『光の屋台』でも購入は可能です。
ただ、やはり“本店”だけあって、『アンジェリケ』では、これに加えてアロマキャンドルを4本プラスしたセットも販売しています。価格は・・・・・・そう・・・・・・¥500くらいの割増だったでしょうか?アロマキャンドルはとても短いものですので、香りが気に入ったりしてひんぱんに火を灯すとたちまち無くなってしまいます。それを考えると、このテのものがお好きな方は“本店”たる『アンジェリケ』で予備のキャンドルがセットされたものを購入された方が良さそうですね。

他にも冬の風物をデザインした「ゼリーキャンドル」も毎年健在の商品ですし、様々な香りの商品やらお茶やら花がデザインされた商品もあります。

シルエットグラス(トトロ&ジジ)また、余談ですが、「シルエットグラス(キャンドルグラス)」は、実は『どんぐりの森〜SPEEL〜』でも取り扱っています。もちろん図柄はハウステンボスの風景ではなくトトロやジジ(「魔女の宅急便」の黒ネコ)ですけどね。
もっとも、こちらは季節商品という訳ではないでしょうからこういった“季節のショップ情報”で取り上げるには無理があるかな、と思わなくもないのですが・・・・・・。
21:20 | 長崎 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | 2008 冬の情報
戴いたコメントです
11月に見てきましたが、キャンドルグラスなかなか綺麗で良さそうでした。普通にキャンドルに火をともすよりこういうグラスに入れると光が柔らかくなって美しいと思います。個人的には以前の方が好みですけどね(^^)。1つ持ってるので今回は購入を断念。
トワレのほうは自分ではつけませんのでいつも見るだけですが・・・アンジェリケのはあまりきつすぎない香りなので次回は1度購入してみてもいいかなあなんて思ってます。鼻が利くのできつい香りは苦手なんですよね〜。
Posted by ありす at 2009年01月08日 11:30
 初めてコメント致します。いつも情報ごくろうさまです。ときどきチェックさせてもらってます。17日に家族でいってきました。目的は、パレスのイルミネーションと中国雑技です。ちょうど、パレスの庭を見ていたら、花火があがって、これも演出かと勘違いしてしまいました。今、花火の時間が早くなってるんですね・・。そうとは知らず、急いで、ホテルに戻って、窓ぎわにイスを運んで待機してましたが9時になってもシ〜ン。あの花火がそうだったのかと後でわかったわけです。いや〜、知りませんでした。
 翌日、雨のためお客さんは少なめでした。待望の、中国雑技、すばらしかったです。感動しました。10代の子たちの真剣な姿に心を打たれました。とっても美しかったです。舞台芸術ですね。
 また見たいと思いました。来月行きたいですね。
 カレイドというお店に初めて入りました。万華鏡の鮮明できれいに見えるものが、1000円以内でもありました。いろいろとしんせつにお店のかたに教えてもらい、また寄りたいお店になりました。
 中国雑技についてはもっとテレビ等で宣伝してほしいと思いました。お客さんはたくさん入ってはいますが、見るまではこんなに美しいとは想像
してませんでした。300円で見れるしもったいないです。
Posted by まりっぺ at 2009年01月19日 01:17
ありすさん

私は匂いに弱いので『アンジェリケ』以外でこういった香りの商品の近くに行くことすらしないのですが、こちらは結構ファンが多いようですよ。
私の友人(よく出てくる“悪友”ではありませんが)にもこちらのトワレのファンがいて、いつだったか季節の商品をお土産にしたら同じものが欲しいと言われて往生したことがありました。

季節ものも良いですが、最初は定番の「ヴェルリイフド」や「アンジェリケ」からお試しになることをお勧めします。どちらも香りが柔らかいですからね。・・・・・・甘めの「ヴェルリイフド」とさっぱりめの「アンジェリケ」はお好みで、ということで。
先の友人によると、香りが気になるようでしたら膝の裏にちょっとつけてほんわかと立ち上ってくる香りを楽しむと良いということでした。
Posted by ボヘミアン(chiba) at 2009年01月20日 23:38
まりっぺさん、ようこそお越しくださいました。
こちらのブログの管理人のボヘミアン(chibapeanuts)と申します。元々のHNがカッコ書きの中のchibapeanutsですので、みなさんにはchibaと呼んで戴いております。
どうぞよろしくお願い致します。

花火は、1〜2月は毎年1時間早く始まるのですよね。あちこちにある場内の掲示板に(一応)書いてはあるのですがわかりにくくて・・・・・・。
これは、毎年のことだからと見過ごさずに改善して戴きたいな、と思ったものです。
・・・・・・とは言うものの私は花火にあまり興味を示しませんのでほとんど見ずに場内のバーで飲んだくれているのですが・・・・・・。

中国雑技、私も見ました。
あれだけの公演を¥500(ファミリエ会員・場内宿泊者は¥300)で見られるのは、入場料込みで考えても安いですよね。もしも私の住む関東での公演だったら幾ら取られることやら・・・・・・(^_^;)
あれだけのイベントを大々的に宣伝しないのはもったいないと私も思います。あれを楽しみに昨年より1月の3連休に連泊をしている、と言っても過言ではないですから。

『カレイド』も良いショップですよね。本店の『ワラキア』が『パサージュ』に引っ越して、こちらも商品の品揃えを見直してみたいというようなことを聞きました。どんな風になるかを今から楽しみにしています。
Posted by ボヘミアン(chiba) at 2009年01月20日 23:48
すみません。まちがって空で送ってしまいました。
 chiba様、お返事ありがとうございます。嬉しかったです。ところで、関東に住んでらっしゃるんですか?どうやったらこんなに調べられるんでしょう・・・。驚きました。私なんか近いばっかりでだめですねえ。(大村市在住。)これからも読ませてくださいね。ん?変??

 こちら長崎のテレビ局ではチューリップ祭にあわせて開催されるザ・ドリームサーカスのコマーシャルが始まりました。もう前売が始まったんですね。それにしても中国雑技のCMは見たことないような・・・。催しが多いからでしょうか。中途半端な宣伝に終わっているように思います。
 
 ベルばら展もテレビCMほとんど見なかったですよ。私は、池田理代子さんにお会いしたくて、オープニングに駆けつけました。小学生のころ覚えるほどに読みこんだマンガです。30年後に池田先生に会えるなんて想像できたでしょうか!
 おまけに地元NCCテレビのインタビューを受けまして、夕方のニュースに出てしまいました。家で夕食を食べながら、家族で大騒ぎしてしまいました。でも池田先生のコメントもあって、一緒のニュースに出られて幸せでした。

 すみません。余計な話でした。でも思うんです。せっかくこんないいイベントやっているんですから、かなりの集客は見込めるのに、もったいないです。

 何度足を運んでも、まだまだハウステンボスの未体験ゾーンはあります。同じお金を使うならいろいろな観光地に行ったほうがまだいいのかもしれませんが、なぜかハウステンボスに行ってしまう私です。

 この冬は不況ということでいつもほどの活気がないというのがハウステンボス周辺のコンビニの方の話です。なにを見てそう言われたのかはよくわからなかったんですが。海外のお客さんも少ないですものね・・・。

 めちゃくちゃ長くなりました。また今度、中国雑技に行ってきますね。
Posted by まりっぺ at 2009年01月21日 23:50
まりっぺさん、度々のコメントをありがとうございます。

私が在住するのは関東の某県です。県内・・・・・・それも住居から1時間以内・・・・・・には、国内一の集客数を誇る某大型遊園地(テーマパークと自称してはおりますが)があるのですが、それには目もくれず飛行機に乗ってハウステンボスに通い詰めております。
情報は、自分で見て回ったものもありますし、長崎県内の知人・友人に情報を貰って書き込むこともあります。中にはコメントで情報をくださる方もいらっしゃいますので、遠方在住の管理人にとっては嬉しい限りです。

ハウステンボスの宣伝下手は今に始まったことではありませんが、「ベルばら」すらも宣伝していないとは驚きのひと言です。確かにこちらでも見かけたことはないですが・・・・・・現在開催中の「中国雑技」に代表されるような良質のイベントもてんこ盛りである筈なのに、知られないばかりに見過ごされるのを見ているとこちらが歯がゆくなってくることがあります。

世界的な不況で、今年の入場者数も落ち込んでいるという報道を目にしました。確かに私の常宿『ホテルデンハーグ』でも外国の方をあまり見かけなくなったような気がします。
だからこそ、ハウステンボスには“知らせる努力”をして欲しいのですよね。関西圏の某遊園地兼テーマパークも何かあると関東圏の雑誌にお知らせを載せるくらいなのですから、ハウステンボスも同様に記事を載せるくらいはして欲しいな、と思います。

それでは「中国雑技」大いに楽しんでください。


追伸
空のコメントは、勝手ながら(容量の都合上)削除させて戴きますのでご了承ください。
Posted by ボヘミアン(chiba) at 2009年01月22日 23:13
こんにちは。アドバイス有難うございます。
「アンジェリケ」か「ヴェルリイフド」ですね。
甘めとさっぱりめ・・・次回帰国時にぜひ試してみます。
私も香りに弱いので、こういうお店にはあまり足を運ばないのですが・・・ここだけは平気なんですよね、不思議です。
なので、ここのならつけても大丈夫かも・・と思いたちました。
更に帰国が楽しみになりました(^^)。

それにしても・・・光の街の間に既に3回帰国済みとは・・・すごいです。
Posted by ありす at 2009年01月26日 11:22
「アンジェリケ」と「ヴェルリイフド」は、それぞれチューリップの香りをモチーフにした“元・春限定商品”が大好評につき定番化したものです。とても自然で使いやすくて爽やかな香りですので、匂いに弱い私も改まった席ではほんの少々香りを忍ばせるのに使ったりもしています。
他のお気に入り(?)は、昨年春の限定だった「Spring Breeze」と数年前の初夏限定「Aqua Rose」あたりですね。・・・・・・まぁ、こちらの2点は今でも手に入るかどうかは定かではありませんが。
いずれにせよ、こちらの香水は花の香りを強すぎない程度に再現したような柔らかい香りのものばかりですので使いやすいと思いますよ。香りは何種類でも(テスターが無くても申し出れば)試せますので、ありすさんのお気に入りを探してみてはいかがでしょうか?

「光の街」の帰国は、あれやこれやと偶然が重なってついつい3度にもなったものです。そして、2月にも帰国の予定が出来てしまったので「光の街」の帰国は計4回、10月と3月(予定)の帰国を含めますと“半年間のマンスリー帰国”を達成してしまうことになります・・・・・・。(-_-;)
Posted by ボヘミアン(chiba) at 2009年01月26日 22:09
コメントを書いてください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TrackBackのURLです

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。