2010年02月21日

リンダ(商品情報:ぱーと3)

大変ご無沙汰いたしました。
思うところにより、ハウステンボスへの帰国を控えておりました。その為、更新もあえて控えておりましたが、この度、思わぬ縁から帰国致しました関係で見つけた“新商品”をご紹介したいと思います。・・・・・・もしかしたらひとつは“期間限定商品”なのかもしれませんが。

『リンダ』店外.jpg
限定品もたくさん! 貴重なテディベア専門店

店名は、テディベア研究の第一人者で、テディベアキングダムの名誉館長でもあるリンダ・マリンズさんからいただいたもの。1997年10月10日にナイアンローデ城横にオープンした『テディベアキングダム』のミュージアムショップです。季節ごとに、オリジナル限定ベアが登場します。
〔営業時間/9:00〜19:30〕

テディベアショップ『リンダ』の情報です。

それではまずこちらをご覧ください。
ワイルドストロベリーベア
首に付けられたマスコットも可愛い「ワイルドストロベリーベア」です。
この商品は、口元と手足の先の合計5箇所に磁石が仕込まれていて、色々なポーズを取らせて遊ぶことが出来ます。首のワイルドストロベリーも、これから来る「スリーベリーフェア」を連想させてくれて楽しいですよね。
お値段は、大¥3,360、小¥2,310の2種類があります。小さい方は学齢前のお子さんが抱っこして歩くのに良さそうな大きさで、大きい方はお部屋で遊ぶときに重宝しそうなくらいの大きさです。
「チューリップ祭」の開催時、同時に開催される「スリーベリーフェア」のデザートをこの「ワイルドストロベリーベア」と一緒に味わう、なんてのも案外オツなものかもしれませんよ。

次はこちらです。
純和熊(ピュアベア)
「純和熊(ピュアベア)」¥6,800です。
こちらのベアは、素材から縫製にいたるまでの全ての材料と工程を日本国内で取り揃えています。
・生地の生産地はパイル生地生産日本一の和歌山県橋本市。
・ぬいぐるみ本体の製造は東京都江戸川区内の老舗工場。
・・・・・・というものです。そのためのこのお値段ですね。
ぬいぐるみ自体もちょっと大きめですので、小さなお子さんが抱っこして歩くのには少々持ち余りしそうですが、手触りもとってもほっこりした感じですので、お部屋の中で落ち着いて遊ぶのには良さそうですし、これだけ良い姿のものですからお部屋のインテリアなどにも最適でしょう。

今後のこのブログは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。