2009年04月08日

エステラ(体験情報)

ハウステンボスと言えば「チューリップ」。
「チューリップ祭」は終わりましたが、地植えのチューリップはまだまだ可憐な花を見せてくれているようです。そして、チューリップをモチーフにしたショップもありますから、これからも“ハウステンボスのチューリップ”は私たちを楽しませてくれそうですね。
今回は、そんなショップのひとつで通年楽しめる体験をご紹介します。

『エステラ』前
自分にご褒美。
チューリップで染めた上品小物


ハウステンボスのチューリップで染めたTシャツやスカーフのお店です。自然でやさしい色合いは、チューリップでしか出せない特徴で、コレクションする方も多くいらっしゃいます。

店内では、チューリップ染めの体験も行っています。
〔営業時間/10:00〜18:00〕

チューリップグッズ/チューリップ染めの『エステラ』です。

こちらでは、チューリップの花びらから取った自然の染料を使った「チューリップ染め体験」を楽しむことが出来ます。
ちなみに、この「チューリップ染め体験」ですが、染料の色は黄色になります。なんでも、どの色のチューリップを使っても抽出できる色は黄色になるのだそうで・・・・・・(抽出方法によっては花びらの色に近い色も出るそうですが・・・・・・)自然の不思議を感じますね。

では、手順をご覧戴きましょう。

チューリップ染め(1)まず、染める布を選びます。用意されていたのはシルクのスカーフやハンカチ、コットンのバンダナやTシャツなどなど・・・・・・。予算とお好みに合わせて選ぶことが出来ますが、やっぱりハンカチやスカーフなどがよく選ばれているようです。今回私が選んだのはコットンのバンダナですが。
それを、最初に水で洗って絞ります。水洗いの際には使い捨てのビニールの手袋を用意してくれます。

チューリップ染め(2)次に、布を染料に入れて染めます。
このときの染料の温度は80℃程度になるそうですので直接手を突っ込まないように注意しましょう。貸してもらった太い菜箸で突きながら染めていきます。5分程度染料に浸して染めたら軽く絞り、媒染液に同じように浸していきます。

チューリップ染め(3)タオルの上に広げてくるくるっと丸め、ギュッと絞ると水気が取れます。それを風に当てて乾かしたら、模様を作るために加工をしていきます。
私は放射線状の模様を作りました。画像はスタッフのお姉さんの手ですが、このように中央からくるくると巻いていき、うず巻状になったところで適当に折りたたんでネット(販売しているみかんが入っているネットの筒状のもの・・・・・・と言えばお判り戴けるでしょうか?あせあせ(飛び散る汗))に入れ、形が崩れないようにくくります。
この他にも、ランダムにくしゃくしゃっと握り込んだり屏風状に折りたたんだりと、模様をつける方法は様々です。

チューリップ染め(4)その後、赤い染料に漬け込み、先程と同じように菜箸で突いて染めていきます。こちらも黄色の染料と同じように5分ほどはかかったと思います。終わったら染料がたれない程度に軽く絞ってネットから出します。

チューリップ染め(5)最後の工程は、アイロンがけです。アイロンを当ててていねいに乾かしていきます。
画像は栃木県からお越しのあゆみちゃんです(ご一緒のご両親の許可を得て画像を掲載しております。悪しからずご了承ください)。今回の「チューリップ染め体験」にお母さんとご一緒に参加し、私と同じグループでの体験となった小学生のお子さんで、特別にモデルになってもらいました。
このようにお子さんも体験は出来ます。が、話を聞くと、お子さんがてこずるのがこのアイロンがけなのだそうです。アイロンは扱い慣れないので余計に力が入るのか、これが一番疲れると言うお子さんが多いのだそうです。

出来上がりは・・・・・・これは体験なさってご覧戴くのが一番ではないかと思います。何と言っても同じ染め上がりにはならないので“オンリー・ワンの宝物”が出来上がるのがこの「チューリップ染め体験」の最大にして最高の特長です。

手順はスタッフの方がていねいに教えてくれますし、てこずったら手を添えて綺麗に仕上がるよう気を使ってくれます。
店内は商品で一杯になっているためか、体験場所はショップ入口付近にあるテントです。案外注目を集めますが、出来上がったものには通りすがりのギャラリーからため息が漏れたり歓声が上がったりと意外に気分が良いようです。
・・・・・・私は見せたくなくてさっさとしまってしまったのですけど・・・・・・。

自分で作ったハンカチやスカーフなどの商品を見ると、なんとも感慨深いものがあります。栃木県のあゆみちゃんも自分で作ったハンカチをもう使ったのでしょうか?もしかしたら(却ってご両親が)もったいながって大事にしまっているのかもしれませんね。
23:08 | 長崎 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ビネンスタッド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。