2008年10月16日

サンヴァンサン祭2008

昨年に引き続き、今年で10周年を迎える秋恒例のイベントに参加をしてきました。
簡単ではありますが(これからしばらく続くことですし)今年の様子をまとめてみたいと思います。

「サンヴァンサン祭」ワールドバザール会場
秋風を感じながら芳醇を味わうワインの祭典
「サンヴァンサン祭」
10月11日(土)〜10月26日(日)

今年で10周年を迎える恒例のワインの祭典。
なんと100種類ものワインが登場し、ハウステンボスがワイン一色に包まれます。
様々な種類のワインをテイスティングして、お気に入りの銘柄を見つけてみてください。

【場所】ビネンスタッド地区 ワールドバザール、ディオニソス

“ハウステンボスの秋”と言えばこれだと答える方も多いことでしょう。ワインのイベント「サンヴァンサン祭」です。

まず、申し上げたいことがあります。
あちこちのサイトを見ていると
「グラスが無くなって飲める量が減った」
「今回の“サンヴァンサン”は物足りない」
などという書き込みがあちらこちらで見られるように感じます。
・・・・・・が、「サンヴァンサン祭」は本来

試飲

のイベントです。決して“ワイン飲み放題”のイベントではありませんのでお間違えなきよう。
(昨年はそこのところを大いに間違えて“飲み放題”にワインを飲んだ挙句騒ぎを起こしたり流血沙汰になったり病院に担ぎ込まれたり運河の白鳥に迷惑をかけたり・・・・・・という事例もあったそうです。今年はその反省を踏まえて本来の“試飲”に戻ろうという動きがあってこの形になったようです)

さて、話を戻しましょう。
ゴールドタートヴァンセットこちらは、今年の「サンヴァンサン祭」に参加すると渡される「タートヴァン」のセットです。私は今回ファミリエの宿泊プラン特典の「ゴールドタートヴァン」を利用しました。ちなみに「タートヴァン」は100種類のワインを試飲出来る権利証で¥1,000(ファミリエ会員¥900)、「ゴールドタートヴァン」は100種類のワインに加えてさらに「特選ワイン」10種類を試飲出来る権利証で¥2,000(ファミリエ会員¥1,800)の料金を払って利用できます。場内宿泊者は2日目以降は「タートヴァン」¥500・「ゴールドタートヴァン」¥1,000で権利を延長することが出来ます。
「タートヴァン」「ゴールドタートヴァン」共に購入場所は『マルシェ・ド・パラディ』内の『ディオニソス』です。時間帯によっては大変に混雑しますので、時程に余裕を持っての参加をお勧めします。

試飲の会場はワイン専門店『ディオニソス』の店内と(ちなみに「特選ワイン」はこちらにあります)『ワールドバザール』の『どんぐりの森〜SPEEL〜』付近のテント内です。昨年あったような運河沿いの試飲会場はありませんが、『ディオニソス』や『ワールドバザール』の近辺にテーブルセットが数ヶ所ありますので、そちらを利用されている方もいたように思います。
試飲は、金属製のお皿のような「タートヴァン」で行います。試飲のワインにはそれぞれ番号が付けられており、番号を申し出て係の方にそのワインをタートヴァンに注いでもらって試飲します。この試飲に制限はありませんので、気に入ったワインを何度も注いでもらうことも出来ますし、端から順にワインを注いでもらって飲むことも可能です。・・・・・・もっとも、本来の目的からすると様々な種類のワインを試してお気に入りを見つける方が理に適っているような気もしますね。
そして、気に入ったワインは『ディオニソス』で購入出来ます。試飲で提供されたワインには同じ番号と説明のタグが付けてありますので、あらかじめお気に入りのワインの番号を控えておくと購入がスムーズに出来るのではないかと思います。

この他にも、「タートヴァン」を提示することによって様々な特典が受けられます。
どのような特典かを見てみますと
・ワイン購入10%OFF
・¥5,000以上のワインの購入で全国一律送料¥500
・『ディオニソス』にて「5大シャトー」の厳選ワインを¥7,000⇒¥5,000
・『The Life Spa RIN』ワインパック¥4,000⇒¥3,600
・『ホテルヨーロッパ』メインダイニング『デ アドミラル』の厳選グラスワインの格安提供
・『ホテルデンハーグ』メインバー『ヴィノテーク』で先着8名にグラスシャンパン¥1,600⇒¥400(17:00〜18:00)
・同じく『ヴィノテーク』で厳選グラスワインとマールの格安提供
・・・・・・といったところでしょうか?
これらの特典は、全て「タートヴァン」(お皿の方ではなく、首から提げる札の方です)の提示で受けることが出来ます。レストランやショップの利用の折にはタートヴァンの携帯をお忘れなく。

「サンヴァンサン祭」で提供されるワインは、毎年(少しずつでしょうが)変わっています。ですから、今年の「サンヴァンサン祭」ではお気に入りが見つからなくても来年の「サンヴァンサン祭」ではお気に入りが見つかるかもしれません。
一時のブームを反映してか、この「サンヴァンサン祭」も赤ワインが非常に多いですが、中にはドイツワインの白(これは結構甘いモノがあります)なども豊富に取り揃えられていて、ワインを飲みなれない方でも美味しく飲めるものが見つかるという声も聞こえてきます。そして、これを機にワインに開眼した方もどうやらいらっしゃるようです。
今年の「サンヴァンサン祭」はまだ始まったばかり、期間は26日(日)まであります。他にもワインにまつわるイベントも豊富な今の時期、ちょっとハウステンボスへ足を伸ばしてみると面白いかもしれませんね。

2008年10月09日

ディオニソス(秋のショップ情報)

多くの方々が待ちに待った、今年で10周年となるワインの祭典「サンヴァンサン祭」が10月11日(土)〜26日(日)に開催されます。どのような感じのイベントなのかは昨年の「サンヴァンサン祭」の記事をご覧戴くこととして・・・・・・。

『ディオニソス』外観
オリジナルワインからヨーロッパ各国のワイン、生ワインをライナップ

ハウステンボスオリジナルワインを中心にしたワイン専門店。ヴィンテージアイテムも多く取扱い、有機のワイン「生ワイン」も必見。

ソムリエの店長を筆頭にワインの知識が豊富なスタッフがお客様に合ったワインをお選びいたします。
〔営業時間/10:00〜19:00〕

ハウステンボスのワイン専門店『ディオニソス』でも「サンヴァンサン祭」の一環としてのイベント的な試飲があります。ワイン好きの方はあまりのことに卒倒しかねないという話もどこかであったような・・・・・・?

サンヴァンサン祭連動企画
グラスで味わう5大シャトー厳選ワイン


ワイン専門店「ディオニソス」では、サンヴァンサン祭の連動企画として、「5大シャトー」厳選ワインなどの高級ワインをグラスにてご提供いたします。

ワイン専門店「ディオニソス」
■期間
2008年10月11〜13日、17〜19日、24〜26日
■場所
ワイン専門店「ディオニソス」
■時間
10:00〜19:00
■提供ワイン
・シャトーラフィット・ロートシルト’95
・シャトーラトゥール’95
・シャトーマルゴー’02
・オーパスワン’04
※提供するワインは日によって異なる場合がございます
※数に限りがありますので、無くなり次第終了させていただきます

■価格
グラス1杯7,000円→タートヴァンご提示により5,000円

上記以外にも、グラスワイン1,000円〜もご用意しております。

5大シャトーの詳細など、詳しくはオフィシャルHPのこちらのページをご覧ください。
ちなみに「タートヴァン」というのは、「サンヴァンサン祭」に参加するための権利証です。

タートヴァンを購入して全種類制覇!

ソムリエが試飲に使うタートヴァン。これを権利証代わりに、100種類ものワインが自由に試飲できます。ゴールドタートヴァンなら、さらに10種類の名醸ワインもテイスティングできます。

【料金】
タートヴァン:1,000円(ファミリエ会員:900円)
ゴールドタートヴァン:2,000円(ファミリエ会員:1,800円)
※いずれも当日限り有効
※場内宿泊者に限り2日目以降は50%割引
ホテルショップ「カルフール」にて販売します。
タートヴァン掲示でカルフール商品の割引も。
【販売店舗】
ワールドバザール、ディオニソス、
場内各ホテルショップ「カルフール」

この「タートヴァン」、正式な宴の席でソムリエが首から下げている小皿のようなものを模した形をしているようです。昨年はワイングラスそのものとそれを首から提げる輪っか(これの色が違えてありました)が「タートヴァン」となっていたのですが、今年は昨年よりもプライスダウンして簡略版とも言える形にしたのでしょう。遠方から行く私などにとってはむしろ持ち運びが楽になりますので歓迎したいところではあります。

それにしても、ワインに詳しくない私でも知っている銘柄がずらりと勢揃いしたこの企画、儲け度外視のものなのではないかとすら思えるものです。確かこれらのワイン、どこかのデパートのワイン売り場で見た限りでは万の単位の価格が付いていたような気がするのですが・・・・・・高いものに至ってはさらにゼロが付いたような気もするのですが・・・・・・。
いずれにせよ、こんな太っ腹な企画は(気前の良いハウステンボスでも)めったに無いことでしょう。ここは電車賃や飛行機代を使っても飲みに行く価値は充分あるのではないでしょうか?
また、他にもワインを飲みながら運河クルーズを楽しめる「サンヴァンサンクルーズ」や各種イベントが盛りだくさんの内容ですので、様々な楽しみ方がありそうですよね。
20:07 | 長崎 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 秋の情報

2008年10月08日

ラフレシール(秋のショップ情報)

私が見ているショップの情報は、ハウステンボスオフィシャルHPのショップのページはもちろんですが携帯サイトの「HUIS TEN BOSCH=MOBILE=」の情報も少なからず含まれています。前の記事で取り上げた「メイゴーダチーズ」もそちらからのご紹介ですし(紹介文やリンクは『ハウステンボスショッピングサイト』のものですが)、今回取り上げるものも同様に携帯サイトで取り上げられている商品のご紹介です。・・・・・・「ポテト&チーズフェア」として取り上げられているのはここまでなのですが。

『ラフレシール』外観
これを目当てのリピーターもいるほど。大人気のチーズケーキ専門店

ハウステンボスが誇る、チーズケーキ専門店『パティスリー』のパティシエが作り上げた究極のレシピのもと、納得の自信作がここに完成! キャラメルとチーズケーキが見事にマッチしたほろ苦い味わいを お楽しみください。

季節ごとの旬な素材を使った季節限定のチーズケーキも人気です。
〔営業時間/10:00〜19:00〕

チーズケーキ専門店『ラフレシール』の春からの新商品「ラ・ジュードゥ・ランジュ」¥2,100です。こちらも、以前に書きました記事を抜粋してみましょう。
商品のリンクは毎度毎度の『ハウステンボスショッピングサイト』です。こちらも合わせてご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラ・ジュードゥ・ランジュ(外装)まずは外装の箱をご覧戴きましょう。
こちらの箱のデザインは、3月15日〜31日の先行販売の際にいくつかのデザイン案を出して、店頭で来場者からアンケートを募り、応募多数だったものを採用したものです。「トラベルウーマン」のパティシエール姿が大きくデザインされたものがやっぱり1番人気だったようです。
白い色が特徴的なケーキですから、箱の色もそれを連想させるようなクリーム色を基調とした色使いになっています。

ラ・ジュードゥ・ランジュ(ホール)こちらは、箱から出したホール状のケーキです。ご覧の通り、真っ白な色が印象的なケーキです。
一番上にはふわふわのレアチーズケーキが乗っていて、これが真っ白な印象を更に高めるものになっているのではないかと思います。その下には『ラフレシール』特有のしっかりと焼きしめられたベイクドチーズケーキ、更にそれがサクサクのビスキュイ生地で作られたタルトに重ねられています。

ラ・ジュードゥ・ランジュ(カット)こちらが「ラ・ジュードゥ・ランジュ」をカットしたときの状態です。
口に入れると、まずはフワフワムース状のレアチーズケーキが口の中でクリームチーズの柔らかな味とレモンのような微かな酸味を残してトロリフワリと消えていきます。その後、ベイクドチーズケーキを噛み締めるとしっかりとしたチーズの味が口いっぱいに広がり、それからサクサクッとした良い歯ざわりのクッキー状のタルトがチーズの味を引き締めて和らげます。このタルト、日にちが経つと(あまり良い食べ方では無いのですが・・・・・・何せ1人で食べると1日では食べ切れませんからあせあせ(飛び散る汗))上のチーズケーキの水分を幾分含んでしっとりとしてきます。それを食べるとレアチーズケーキからベイクドチーズケーキからタルトから・・・・・・と、甘過ぎないチーズの濃厚な美味しさを残して口の中でとろけるような食感になります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

考えてみれば、これも“チーズの美味しいハウステンボス”ならではの商品ですよね。チーズケーキはあちこちで販売されていて、そのいずれもが甲乙付け難い美味しさを誇りますので、ついつい目移りしてしまって嬉しい悲鳴を上げています。
「ラ・ジュードゥ・ランジュ」は発売当初からの人気商品で、いつ行っても『ラフレシール』のショーケース前には品定めをなさる方がいらっしゃいます。これこそが、『ラフレシール』のケーキの美味しさを物語るものなのでしょうね。
22:59 | 長崎 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2008 秋の情報

ブールンカース(秋のショップ情報)

次にご紹介する商品は「秋のチーズといえばこれ!」とも言うべき商品です。毎年販売を重ねているうちに、いつの間にかファンも出来たとか出来ないとか・・・・・・。

『ブールンカース』外観
オランダ直輸入チーズが充実  
17世紀オランダの伝統的なチーズ農家を再現したかわいいお店。「ブールンカース」とは、オランダ語で農家の手作りチーズという意味です。

店内には、家具や生活雑貨がディスプレイされていて、当時のオランダ農家の人々の生活がうかがえます。
〔営業時間/9:00〜18:00〕

『ブールンカース』で販売している「メイゴーダチーズ」です。
こちらの商品は、以前ご紹介した記事がありますので、そちらを抜粋してご覧戴きたいと思います。
なお、商品のリンクは三度登場の『ハウステンボスショッピングサイト』です。こちらでの通販も出来ますのでどうぞご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、「メイゴーダチーズ」とはどういうものかをご紹介しましょう。

まずは「ゴーダチーズ」ですが、数あるナチュラルチーズの分類の中の「セミハードタイプ」に分類されています。

セミハードタイプ
一般的に日本人に親しまれているのがこのタイプで、マイルドな口当たりが特徴です。料理やプロセスチーズの原料などに幅広く使われています。

「ゴーダチーズ」は、オランダを代表するチーズです。大きな円形に作られ、周りをロウでおおって熟成させるので、大きな丸いチーズ、と言うことで本物なり模型なりをどこかでご覧になった方も多いのではないかと思います。

ゴーダ(オランダ産)
絞りたての牛乳をそのまま加工、熟成させているのでクリーミーでまろやか、くせの無い味はまさに日本人向きです。熱を加えるとよく溶けるのでバラエティ豊かな料理も楽しめます。

それでは、「メイゴーダチーズ」のご紹介をご覧戴きましょう。

5月の若草を食べた牛の乳から作った旬のゴーダチーズです。

1年の中で最も美味しいといわれる旬のゴーダチーズです。5月の若草を食べて育った牛の乳から作りました。ビタミンやミネラルが通常のゴーダチーズよりも多く含まれています。

尚、期間限定品となっておりますので品切れの際にはご容赦ください。
“5月(May)の若草”を食べさせるから「“メイ”ゴーダチーズ」なのですね。
これは、確かに良い状態なのだろうと思います。牧草は意外にも牛肉や牛乳に匂いをつけてしまうもので、現に、牧草主体で育てられた牛は「Grassfed」と言われ、日本ではその独特の匂いが嫌われたりしますから・・・・・・。が、匂いの弱い若草ならば、独特の匂いも弱く、チーズの原料となる牛乳につける匂いもごくごく弱いものでしょうし。

『ブールンカース』メイゴーダチーズこちらが、昨年購入した「メイゴーダチーズ」です。切り出した上下がまだロウにおおわれているのがご覧戴けますでしょうか?
味は、もちろんチーズの味が素敵に濃厚になっていますが、尖ったところの無いまろやかな味が絶品で、1ヵ月後の賞味期限を待たずにさっさと食べ切ってしまったものでした。あまりに美味しいのでトーストにしたり、あれにもこれにも削ってかけて焼いたり、もちろん酒の肴として(軽く火を通して軟らかくし、しょうゆ・削りたてのかつおぶしと合えるとこれがまた絶品でした)ロックのウォッカ(私は赤ワインもウイスキーも苦手ですから・・・・・・ふらふら)が美味しくて美味しくて。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上が「メイゴーダチーズ」の概要です。
今年もまた「ポテト&チーズフェア」の一環として発売されます。
私も、秋の帰国でこのチーズを購入するのが楽しみのひとつとなっています。
22:15 | 長崎 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2008 秋の情報

2008年10月06日

チーズ煎餅 エダム カドゥ

では、次は「ポテト&チーズフェア」にちなんだ商品・・・・・・になるのかどうか・・・・・・をご紹介しましょう。
先の「チョコレートプリン」を送ってくださったMarchさんに戴いた、こちらの商品からご覧ください。

「エダム・カドゥ」外装
オランダの食文化が誇るエダムチーズと日本のおせんべいが文化交流したハウステンボスならではのお菓子です。

黒胡椒のトッピングがエダムチーズの風味をさらに引き立て、まろやかな風味と軽やかな食感をお楽しみ頂けます。パリっと香ばしく焼きあがっておりますのでチーズ好きの方にも、おせんべい好きの方にもオススメの新感覚の商品です。

【内容量】  16枚入り
【賞味期限】 5ヶ月間
(『ハウステンボスショッピングサイト』より抜粋)

「チーズ煎餅 エダム カドゥ」です。こちらは、16枚入り¥680と33枚入り¥1,050が用意されています。画像でご覧戴いているのは16枚入りのものです。
(商品のリンクは、前記事と同様に『ハウステンボスショッピングサイト』のものです)

「エダム・カドゥ」内袋&商品こちらが中に入っている「エダム カドゥ」(袋に入った状態と出した状態)です。内袋のパッケージは箱の絵をプリントしたものです。これは、キンデルダイクから見た風車とナイアンローデ城を描いたものですね。

さて、肝心の中身ですが、粗めにつぶしたお米にエダムチーズを合わせて練り、それをおせんべいの形にまとめて焼き上げたものではないかと思われます。粒々の舌触りが何とも言えないくらい良く、しっかりと味がするくらい合わせられたエダムチーズがほど良い塩気とコクと旨味をプラスしています。固さもクッキー程度ですので“おせんべい”というよりも“お米風味のチーズクッキー”という方が近いかもしれません(もっとも、この印象は「草加せんべい」の固さと味に慣れた私だから持つものかもしれませんが)。
それだけに、和風のお茶うけとしてだけではなく洋風のティータイムにも使えそうな商品だな、と思いました。チーズの風味はありますが匂いがきつい訳では無いのでそれなりに食べやすく仕上がっていますしね。

ハウステンボスにはチーズを使った商品が星の数ほどあります。「クリームチーズ」や「スモークチーズ」はそのものですし、『ラフレシール』『タンテ・アニー』の商品は正統派とすると、こちらの「エダム カドゥ」は変りダネと言えるものでしょう。が、それすら美味しく食べられるように仕上がっているのは
「流石はハウステンボスのお土産」
と言っても良いでしょうね。それも、ハウステンボス得意のチーズを使った商品ですし、ね。

こちらの商品は、場内4箇所にあるスーベニアショップ『スキポール』『フォンデル』『シーブリーズ』辺りで購入出来るものと思われます。ハウステンボスに何度も来ていて、お土産にもちょっとひとひねりが欲しいな、と仰る方にはお勧めの商品です。

2008年10月05日

チョコレートハウス(商品情報)

長らくご無沙汰いたしました。
現在開催しています「チーズ&ポテトフェア」に伴うショップの記事も幾つかあり、先日戴いたお土産を情報としてアップしなければと思いつつも日々の雑事に紛れておりまして・・・・・・ふらふら
では、こちらからご紹介してまいりましょう。

今夏の帰国でMarchさんとお会いしてお話しする機会がありました。その折にちょっとしたお土産を持って行ったところ大変に喜んで戴き、その後に鹿児島とハウステンボスの新商品を送ってくださいました。
鹿児島のお土産は毎日のように楽しんでおりますが、ハウステンボスの新商品の方はこちらでご紹介していきたいと思います。
Marchさん、本当にありがとうございました。心から御礼申し上げます。m(_ _)m

さて、新商品は2つありますが、まずは記事を書くのも久し振りのこちらの商品です。

『チョコレートハウス』外観
チョコレートを使ったオリジナルメニューが豊富

オランダが世界に広げたチョコレート。ここにしかない、芸術的チョコレートは、甘いもの好きの方以外にも楽しんでいただけること間違いなし。

店内でひときわ目を引くのは、高さが4.2mもある「チョコレートの滝」。艶やかなチョコレートが流れ落ちる光景は圧巻です。
〔営業時間/9:30〜18:30〕

『チョコレートハウス』は、チョコレートのメーカーとして名高い『モロゾフ』が経営するショップです。入口を入ると、最初に客を迎えるのはチョコレートが絶え間なく流れ落ちる「チョコレートの滝」です。右手側にはチョコレートのメニューが豊富なレストランがあり、左手側に様々なバリエーションのチョコレート菓子や紅茶を販売しているショップがあります。
レストランメニューの方は『ハウステンボス飲食店がいーど!』さん(こちらの記事が最新になるようです)にお任せするとして、ショップの方ですが、人気は矢張り手頃なお土産として便利な「景観シリーズ」の缶入りチョコレート菓子でしょう。また、その場で作っているのを見ることが出来る「トリュフの量り売り」や、隣のレストランでの人気メニューをご自宅で戴くことが出来る「チョコレートフォンデュセット」なども品定めをしておられる方が結構いらっしゃいます。・・・・・・そうそう、こちらを中心にスーベニアショップ等で販売している「ブーンストラ スクエアチョコレート」は職場等でお土産にするとほぼ間違いなく喜ばれる商品ですね。
(ちなみに、商品のリンクは『ハウステンボスショッピングサイト』のものです。こちらでの通販も利用できますのでよろしければどうぞ)

そんな『チョコレートハウス』から出た新商品がこちらです。
チョコレートプリン
「チョコレートプリン」です。種類は、ご覧の通り「ミルク」と「ビター」があります。

せっかくなので、今回「ビター」の方を戴いてみました。
口に含むと、最初の舌触りはつるんとしたものですが次の瞬間舌の上でとろけて濃厚なチョコレートの味が口に広がります。「ビター」の割に苦味が少なくて食べやすいのは生クリームの風味があったからでしょうか?カカオの香ばしい香りが鼻に抜ける頃には、舌の上でとろけたプリンが喉を優しく滑り落ちていきます。後味にはチョコレートの余韻がしっかりと残り、チョコレートを食べた満足感が味わえる・・・・・・のでしょうね、お好きな方だと。
実を申し上げると、私自身はあまりチョコレートを好まないのでその辺りの感覚がよく解らないのです。が、そんな私でもひとつを完食してしまったのですから、食べやすいものであることは間違いないでしょう。また、大きさから、この「チョコレートプリン」はコーヒーまたは紅茶1杯と一緒に食べて丁度良い大きさになっているものかと思われます。

チョコレートは、特に女性にはほぼ100%喜ばれるものだと思います。男性でも甘いモノをお好きな方は大抵チョコレートを召し上がるので、職場や学校などでちょっとずつ配るようなお土産でしたらこちらの商品が喜ばれるのではないかと思います。
ある意味“便利なショップ”であるここ『チョコレートハウス』に、またひとつ興味深い商品が誕生しました。この「チョコレートプリン」もひとつずつ小分けで渡すことが出来るので、“便利なお土産”のバリエーションがまた増えたと言えるでしょう。
22:02 | 長崎 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースタッド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。